「一度ハマるとやめられない」…そんな声も多い登山。かく言う私も、体力皆無で毎回地獄を見るにも関わらず、登山をやめられない1人です。登る過程は苦しくても、山頂に辿り着いたときの感動と達成感はひとしおですよね。そんな山頂での時間を、もっと特別にしてくれるのがコーヒーです! 普段飲んでいるものと同じコーヒーでも、山頂で飲むと別格の味になります。今回は、登山でコーヒーを楽しむ3つのポイントとおすすめグッズをご紹介します。

山頂のきれいな景色を眺めながら飲むコーヒー!美味しい湧き水とペーパーフィルターで作るのがポイント

画像: 山頂のきれいな景色を眺めながら飲むコーヒー!美味しい湧き水とペーパーフィルターで作るのがポイント

山頂のきれいな景色を眺めながら、ゆったりコーヒーを飲む…心癒される時間です。そんな登山でのコーヒーをもっと満喫するために、登山ならではの楽しみ方や気を付けたい点などをご紹介します。

美味しい湧き水でコーヒーを楽しもう

山によっては、新鮮な湧き水でコーヒーを楽しめます。登山中に見つけられる湧き水は、基本的に上流。岩や土などの天然のろ過装置によって不純物が取り除かれている場合が多いです。

健康上、気になることもありますが…コーヒーは水を沸騰させてから作るので、生のまま飲むよりもハードルが低いでかと思います。

湧き水を飲むことに抵抗がある方も、ぜひ試してみてください!思っているよりもずっときれいで、美味しいはずです。ただし、山の上部に工場や鉱山、ゴルフ場などがある場合は、飲み水としては利用できないこともあるので注意が必要です。

おいしい湧き水コーヒーが目的で登山するなら、山選びの段階から準備が必要。地図で水場を探したり「湧き水マップ」を見たりして、美味しそうな水が湧いている山を選びましょう。登山前に地元の方や自治体に「飲める湧き水があるかどうか」を確認しておくと確実です。

手軽に楽しむならペーパーフィルター

山頂で本格的なコーヒータイムにも憧れるけれど、いきなり道具を準備するのはハードルが高いですよね。そこでおすすめなのが、ペーパーフィルター。リーズナブルに手に入るので、気軽に挑戦しやすいです。使い捨てなので後始末も簡単。

ペーパーフィルターで淹れたコーヒーは、雑味がとれてスッキリした味になるのが特徴です。

一度に多くのコーヒーを淹れるときには不向きですが、ソロや少人数での登山にはぴったり。そこまで荷物にもならないので、バックの中に忍ばせておけば気軽にコーヒーを楽しめます。

飲み過ぎには注意!

コーヒーに含まれるカフェインには利尿作用があるため、体内に蓄積された余計な水分を尿として排出してくれます。むくみの解消には効果的ですが、トイレが近くなってしまうのが難点です。

登山中は、こまめにトイレに行けるとは限りません。山頂でコーヒーをたくさん飲んでしまうと、下山している最中にトイレが近くなり困ってしまうかもしれません。

またカフェインには血圧や心拍数を上昇させる効果もあるので、飲みすぎると息が上がり下山が苦しくなります。飲み過ぎには注意して、3~4杯を目安に適度に楽しみましょう。

登山の邪魔にならないためにも素材・携帯性・機能性を重視しよう!おすすめコーヒーグッズ

画像: 登山の邪魔にならないためにも素材・携帯性・機能性を重視しよう!おすすめコーヒーグッズ

登山でコーヒーを楽しむには、どのようなグッズが必要なのでしょうか。グッズ選びで重視したいのは素材や携帯性。どれだけ美味しく本格的なコーヒーを淹れられるグッズでも、重すぎて登山に集中できなければ本末転倒です。

ここでは登山の邪魔にならないような、おすすめのコーヒーのグッズをご紹介します。

重量25gと超軽量コンパクト! カードみたいに気軽に持ち運べるデザイン性の高いドリッパー

MUNIEQ Tetra Drip(ミュニーク テトラドリップ)型番 01S(1~2人用)

パーツを分解してカードみたいに持ち運べる携帯用ドリッパー。重量がなんと25g! とにかく軽くてコンパクトな携帯性はもちろん、デザイン性が高く丈夫なステンレス製というのもポイントです。

ただあまりにも軽いため、強い風が吹くとカップから吹き飛ばされそうになるのが難点。風対策をして使用してくださいね。

画像1: 山頂での時間を特別に!登山でコーヒーを楽しむ3つのポイントとおすすめグッズを紹介
MUNIEQ(ミュニーク) Tetra Drip 01S
サイズ:103mm×69mm×0.9mm
容量:1.5cup
重量:25g
素材:ステンレススチール
¥2,800
2020-04-02 11:59

気温が低い山頂でもすぐにコーヒーを楽しめる!保温性&保冷性に優れた山専用のステンレスボトル

THERMOS(サーモス)山専用ボトル ステンレスボトル 0.9L

山頂は気温が低いので、お湯を沸かすのに時間がかかってしまうことも多いです。お湯が沸くのを待っている間に、どんどん体温が奪われてしまいます。そこで便利なのが、このステンレスボトル。

エベレスト登山でも愛用されるくらいの超高性能で長時間の保温効力があります。気象や環境など条件にもよりますが、私が登山するとき、朝入れたお湯の温度を昼頃まで保ってくれますので、山頂でお湯を沸かさなくても、すぐにコーヒーを楽しめとても重宝しています。

また、保温性だけでなく保冷性にも優れているのが嬉しいポイント。暑い季節は冷たい麦茶や水を入れて、水分補給に役立ちます。

画像2: 山頂での時間を特別に!登山でコーヒーを楽しむ3つのポイントとおすすめグッズを紹介
THERMOS 山専用ボトル ステンレスボトル 0.9L ライムグリーン(LMG) FFX-900
0.9リットル
本体寸法(約):幅/8cm×奥行き/8cm×高さ/30cm 口径:3.6cm 本体重量:約0.39kg
¥5,700
2020-04-02 12:28
ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.