山梨県都留(つる)市の『高川山(たかがわやま)』はご存知ですか? 駅から徒歩でアクセスできて、山頂までは約2時間。天気が良ければ富士山がとても綺麗に見える山なんですよ。この記事では、高川山へのアクセスから登山コース、持ち物、注意点を徹底的に解説します。写真付きでわかりやすくご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

高川山ってどんな山? 秀峰富嶽十二景のうちの一つに選ばれている

高川山(たかがわやま)は、山梨県都留(つる)市に位置する976mの山です。

都内からも比較的アクセスしやすく、手軽に登頂可能なのが魅力。登山コースは初心者向けです。

また、山梨県大月市が制定した秀峰富嶽十二景(しゅうれいふがくじゅうにけい)に選ばれていることからわかるように、富士山がとても綺麗に見える山として知られています。

筆者撮影:高川山山頂からの富士山

※秀峰富嶽十二景とは、富士山が綺麗に見える場所として山梨県の大月市が1992年に定めた12の山です。高川山はそのうちの一つ。

高川山登山口までのアクセスは? 最寄り駅は禾生駅・初狩駅・田野倉駅のいずれか

登山口は複数ありますが、

1. 禾生(かせい)駅
2. 初狩駅
3. 田野倉駅

のいずれかから登ることができます。

東京方面(新宿から)アクセスすると、

1. 新宿(JR中央線中央特快、大月行き)~大月駅(富士急行線)~禾生駅(約1時間40分)
2. 新宿(JR中央線中央特快、高尾行き)~高尾駅(JR中央本線)~初狩駅(約1時間30分)
3. 新宿(JR中央線中央特快、大月行き)~大月駅(富士急行線)~田野倉駅(約1時間40分)

といった感じ。

とりあえず、「高尾駅」や「大月駅」まで出られれば登山口の最寄駅まではすぐです。この記事では、禾生駅~高川山山頂までのルートを解説しています。

ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.