仲間や家族と囲む手作り料理は、まさにキャンプの醍醐味。その美味しさを際立たせるキャンパー愛用の調理器具といえば、「スキレット」ですよね。ただ使用前には、出荷時のワックスや不純物を取り除く作業である「シーズニング」が必須です。今回は、使用前に欠かせない「シーズニング」というメンテナンス方法をご紹介します。

スキレットは冷めたら新聞紙で包んで保管しよう! 汚れ・キズから守る&湿気防止にも効果バツグン!

筆者撮影

スキレット本体が冷めたことを確認したら、新聞紙で全体を包んで保管しましょう。汚れやキズから守ってくれるだけでなく、コーティングした余分なオリーブオイルなどを新聞紙がしっかりと吸着し、湿気も防いでくれるんです。

これでシーズニング作業の一連の流れは完了です!

スキレットをシーズニングする際に気をつけたい2つの注意点 やけどリスクや洗浄アイテムに注意!

スキレットのシーズニングでは、普段の調理器具のように洗剤を使って洗浄してしまうとかえってダメージを与えてしまいます。また実際に火にかけて高温となるため、気をつけていただきたい注意点を2つご紹介します。

亀の子たわしのみで洗浄! 洗剤は使わない

スキレットを洗う時に、覚えておきたいポイントは台所洗剤を使用して洗わないこと。

洗剤を使うことによって、オリーブオイルでシーズニングした油分が落ちてしまい、かえってサビや焦げ付きやすくなるなどの原因になってしまいます。基本は、亀の子たわしで根気よく作業しましょう。

取り扱い時は必ず革手袋を装着! 火にかけたスキレットは非常に高温で危険

シーズニング作業のみならず、キャンプで火にかけたスキレットは非常に高温になります。万が一、その状態のまま素手で触れてしまうとヤケドなど思わぬ事故やケガの原因になりかねません。

せっかくのキャンプも台無しになってしまいます。火にかけた後に扱う時は、必ず革手袋をつけて取り扱うようにしてください。

初めてスキレットを使う際に欠かせないシーズニング! 正しいお手入れでおいしいキャンプ飯を作ろう

画像10: 筆者撮影

筆者撮影

定番のアヒージョやパエリアをはじめ、熱伝導にも優れているという特性上、肉料理では素材の美味しさを最大限に引き出してくれる「スキレット」。

最近では、「シーズニング不要」を謳った製品も登場しています。そんな中、シーズニングが必要なものは、きちんとメンテナンスをしていくことで愛着も増していくものです。

シーズニングだけでなく、使用後もしっかりとしたお手入れをすることで10年20年と長持ちするのもスキレットの魅力です。今回ご紹介した手順を参考に、購入したばかりのスキレットはしっかりとシーズニングをしてから使いましょう!

こちらの記事も合わせてどうぞ!

ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.