キャンプシーズン前。なかなかキャンプに行けずにモヤモヤしてる人も多いと思います。オフシーズンで時間がある今だからこそ、毛糸でOD缶カバーを自作してみませんか? 今回は、OD缶カバーの作り方を動画付きでご紹介いたします!

OD缶カバーを自作するのに必要な道具

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

今回は、ロングのOD缶カバーをDIYしていきます。必要な道具は以下です!

・毛糸 × 2玉
・かぎ針(6号)
・毛糸針

筆者撮影 毛糸とかぎ針

画像: 筆者撮影 毛糸針

筆者撮影 毛糸針

「道具を買わなくちゃいけないなんて面倒くさい!」と思われた方、ご安心ください。これらは全て100円ショップで買うことができます! 毛糸が足りなくなると困るので、予備として2玉買ったとしても、400円でOD缶カバーが作れてしまうんです。
※今回私が使用したのは、ダイソーの毛糸『シフォンケーキ Beige』です。

自分でOD缶カバーを編んで作ると、愛着が湧く上『世界でたったひとつ』という希少性も手に入れられます。自分だけのオリジナルOD缶カバー、作ってみたくなりませんか?

編み物の基本の「き」

OD缶カバーを自作するにあたり必要になる基本の「き」を学んでいきましょう!
私のOD缶カバーの作り方は、最初にランタン本体とOD缶を繋ぐ、口の部分から編んでいきます。

口の部分のベースとなる編み方は「くさり編み」。編み方の基本となる「くさり編み」を正しく理解していただきたいので、ぜひこちらの動画を参考にしてみてください!

この基本の編み方を応用してOD缶を編んでいきます!

注意点! OD缶カバーの編み方は基本とは少し異なる

円形に編む際は、鉄則があります。動画のように最初に作った目の数が5目で始まった場合、2段目は5の2倍である10目に増し目をし、3段目は5の3倍の15目になります。これが基本的な円形の編み方なのですが、今回作るOD缶は、その通りに編んでいくとゆるいカバーになってしまいます。だからと言って目の数を減らすと、中心の穴が小さくなってしまったりとやや不都合が。

でもご安心ください。基本の「き」を応用して編んでいけば、とてもかわいいOD缶カバーができます!

ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.