ファミリーキャンパーのいく子です。今回は、筆者のお気に入りアウトドアメーカー「クイックキャンプ」のアイテム紹介です。実際にデイキャンプに行く際に『ワンタッチタープ 2.5m』『ウッドフォールディングテーブル』『ローバーチェア』の3つを持って行きました。どのアイテムも手軽に使いやすく、キャンプはもちろん、デイキャンプにもおすすめのギアです。商品の詳細と共に使ってみた感想をお知らせします!

クイックキャンプ ウッドフォールディングテーブルを使ってみてわかった良い点・悪い点・評判をチェック!

最後はウッドフォールディングテーブル!こちらも実際に使ってみて気がついたメリット・デメリットをご紹介していきます!

【クイックキャンプ ウッドフォールディングテーブルのメリット】シーンに合わせて高さを変えられる

画像10: (画像:筆者撮影)

(画像:筆者撮影)

高級感のある天然木を使用した『ウッドフォールディングテーブル』。実は使用シーンに合わせてハイテーブルとローテーブルに高さ調整ができる仕様になっています。これはすごく便利!

筆者は、グループでキャンプやバーベキューへ行ったら、テーブルの高さが合わなくて使いにくかったという経験があるのですが、これならそんな心配もありません。

画像11: (画像:筆者撮影)

(画像:筆者撮影)

組み立てはちょっとコツがいりますが、慣れれば簡単。袋から取り出し、脚部分を開いて、テーブル部分をセットすれば完了です。この収納袋がしっかりした素材で、ダブルチャックになっていて使いやすい!

画像12: (画像:筆者撮影)

(画像:筆者撮影)

写真の穴と脚部分のパーツをはめ込む際に、ちょっと引っ張るのがポイントです。

画像13: (画像:筆者撮影)

(画像:筆者撮影)

高さの調整は子供でも簡単にできます。ストパーを外して引っ張るだけです。設営後に調整するのも簡単ですし、これは使用シーンに応じて変更できて便利です。

【クイックキャンプ ウッドフォールディングテーブルのデメリット】力がないと設営が難しい

テーブル天板の穴を脚部分にあるパーツにはめ込んだり、外したりする際には力も必要です。また、この脚部分のパーツが天板同様の木製になっているのですが、折れてしまわないかな? とちょっと心配になり、気を付けながら使っています。天板の天然木が高級感があってとても良いのですが、重さも大きさもそれなりにあるので、持ち物に余裕のある方にはぜひおすすめしたいです。

クイックキャンプ『ウッドフォールディングテーブル』のスペック
サイズ(使用時)約90 × 60 × 65/43 cm
サイズ(収納時)約90 × 21 × 13cm
材質天板:天然木(ビーチ)
フレーム:アルミ
キャリーバッグ:ポリエステル
本体重量約6kg
耐荷重30kg —
画像3: クイックキャンプのタープ・テーブル・チェアを検証! 家族デイキャンプで使ってみた
[クイックキャンプ] QUICKCAMP アウトドア キャンプ ウッドフォールディングテーブル 90cm 折りたたみ 折り畳み ロールテーブル ウッド
2021-07-14 18:24

【クイックキャンプ ウッドフォールディングテーブルの口コミ】コンパクトに収納して運べるのが便利

SNS上に投稿された、クイックキャンプのウッドフォールディングテーブルの口コミをご紹介します。

Twitter: @RyuDolce tweet

twitter.com

クイックキャンプ ウッドフォールディングテーブルをおすすめする人

高さが変えられるテーブルが欲しい人

ウッドフォールディングテーブルの特長は、何と言っても高さが変えられることです。2段階に調節できるので、使える幅が広がります。

天然木を使ったテーブルを探している人

天然木を使ったテーブルなので、木のぬくもりを感じられます。また、アウトドアでも自然に馴染むので、インテリアとしてもデザイン性が高いです。

クイックキャンプ ウッドフォールディングテーブルをおすすめしない人

軽量のテーブルが欲しい人

天然木を使っているため、約6キロとアルミで作られたテーブルなどと比べると重さがあります。電車で移動する人などには持ち運びが向かないかもしれません。

設営が簡単なクイックキャンプ製品は初心者の味方! 余った時間でキャンプをさらに楽しもう!

画像14: (画像:筆者撮影)

(画像:筆者撮影)

キャンプでの設営撤収は楽しみの一つでもありますが、あまり時間がかかってしまうと他のことを楽しむ時間が無くなってしまいます。そんなときにおすすめなのがクイックキャンプ!

手軽に設営や撤収ができるので、他のことにたっぷり時間を使う事ができます。さらに、 高機能な素材を使用しながらもリーズナブルな価格でコスパが良いのも魅力的。キャンプ初心者の方はもちろん、そうでない方も上手に取り入れて楽しいキャンプ時間を過ごしてください!

クイックキャンプのアイテムに関するこちらの記事もどうぞ! 

This article is a sponsored article by
''.