登山に行くとき、必要な装備としてまず思い浮かぶのが「ザック(リュック)」ではないでしょうか。(ちなみに登山用では「ザック」と呼称します。)水や食料はもちろん、雨具や防寒具、さらに宿泊・調理するなら、料理器具や着替えなど実に多くの装備が必要です。そんな荷物を効率よく運び、かつ両手が使える状態でいられる持ち物としてマストアイテムです。登山趣味の筆者がこれから登山を始める方に特徴やその選び方、さらにおすすめザックをご紹介してきます。

登山用ザックの特徴 重さや揺れを軽減するベルトやパッドを装備! 登山者を徹底サポート

画像1: 123rf 登山イメージ写真

123rf 登山イメージ写真

荷物を入れて持ち物を担ぐためのバッグを、「リュック」「ザック」「バックパック」「デイパック」「ナップサック」と様々な呼び方がありますが、用途や大きさによって日本では、何となく使い分けられています。

「リュック」は「バックパック」と同じでドイツ語か英語かの違い、「ザック」は登山用、「バックパック」は日本では容量の大きなもので登山でも使用できるようなものを呼ぶ傾向があります。さらに「デイパック」は1日分の荷物を運ぶような比較的容量が小さいものを指し、「ナップサック」は袋に紐がついているような簡易的なものとして、区別されているようです。

しかし実際には曖昧な定義です。(ザックは登山用、ナップサックは、作りとして簡易的なものとして、それ以外では、明確な区別は実際にはされていない)

画像: 筆者撮影 登山が趣味の私物ザック

筆者撮影 登山が趣味の私物ザック

そこで「登山用のザックって何?」と、 疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。 まずは 特徴を理解し、 いかに山に適しているのかをチェックしてみましょう。

【ザックの特徴1】 重い荷物の負担を軽減「ウエストベルト」

画像: 筆者撮影 一番下のベルトがウェストベルト

筆者撮影 一番下のベルトがウェストベルト

登山での荷物は多くどうしても重くなりがちです。長時間の歩行ではなるべく肩への負担を減らしたいですよね。そこで「ウエストベルト」という腰の位置にベルトがあります。このベルトのおかげで体の中心である腰で荷物を支えることができ、肩への負担が軽減されます。

【ザックの特徴2】 荷物の揺れ防止「チェストベルト」

画像: 筆者撮影 写真真ん中に見えるのがチェストベルト

筆者撮影 写真真ん中に見えるのがチェストベルト

続いては荷物が左右に揺れることを防ぐ「チェストベルト」です。胸元に位置し、両肩の肩ひもを結ぶように付けられています。歩きながら左右に振れてしまう荷物を安定させ、揺れによる体への負担を和らげることができます。

【ザックの特徴3】 体にフィットして蒸れも軽減「背面パッド」

画像: 筆者撮影 メッシュ状にある黒い部分が背面パッド

筆者撮影 メッシュ状にある黒い部分が背面パッド

ザック本体部分と背中の間に位置する「背面パッド」は、ザックの中身の形状にかかわらず体とザックをフィットさせ、重さによる負担を軽減してくれます。さらに、背中の汗による蒸れを防ぎ、背負い心地をよくするクッションとしての役割もあります。

【ザックの特徴4】 「サイドポケット」

画像: 筆者撮影 ザック本体側面にあるポケットがサイドポケット

筆者撮影 ザック本体側面にあるポケットがサイドポケット

「サイドポケット」は本体の両サイドに位置し、ポケットとして水筒などの様々な荷物をしまっておけます。何気ないポケットに思えますが、実際に登山するとその利便性がよくわかります。

例えば、少し水分補給したいだけなのに、わざわざザックをおろして水筒など取り出す行為が意外と面倒です。そこでこのサイドポケットからさっと荷物が取れれば格段に楽になります。

ザックには他にも、ウエストベルトにファスナー付きのポケットがあるなど、メーカーやタイプによって様々な位置にポケットがありますので、是非活用してきましょう。

登山初心者向けザック 日帰り登山用(容量30L前後)・山小屋で1泊用(容量40L前後)を2つずつ紹介!

さて、登山では ザックを用意する重要性がご理解いただけたでしょうか。続いては具体的にどれがいいのかおすすめ商品をご紹介いたします。

ここでは、初心者向けザックとして「容量30L前後の日帰り用 」と「容量40L前後の山小屋一泊用 」をご紹介します。

もちろん、他にも「50L以上のテント泊や数日間の縦走用のザック」もありますが、これから登山を始めようという方は、まず日帰りや山小屋泊用のサイズ から始めてみて、山に慣れてから徐々にステップアップしましょう。

日帰り登山向け1 ザックカバーで荷物を雨から守る 通気性抜群で夏の登山で活躍するモンベルのザック

日帰り登山用の容量である30L前後のおすすめザックをご紹介します。登山デビューで日帰りか山小屋泊を迷っているなら、まずは荷物も軽い日帰り登山デビューがおすすめですよ。

モンベル レラパック 30

画像1: 【初心者必見】容量別・おすすめザック4選 登山用リュックの特徴・選び方も解説!
(モンベル) mont-bell レラパック30 登山バッグ リュック tracking backpack RERA PACK 30L (ライトタイム (LTTM)) [並行輸入品]
重さ : 971g ゲーム容量: 30 L(高さ56×幅29×深さ17 cm) 裏面のサイズ : 53 cm レーンカッパー内蔵
機能 : 胸支援 / フークコード / 杖ポケット / ヒップベルトポケット / ベルトホルダー / ファックカバー
アイヌ語 : (日本原住民部族名)で風を意味する"レイ"という名前のように本体裏面にVBRシステムを使用して通気性に優れたバックパック
ショルダー·ハネスと腰ベルトに通気性に優れたメッシュ素材を使う
VBP : 通気バックパックパネルシステム : 後面パネルを金属フレームで浮かべて本体と腰の間に空間を作って通気性を向上させたシステム
¥ 22,500
2019-11-02 14:31

日帰り用としてまずご紹介するのがモンベルのレラパック 30です。筆者も数年前から愛用しており、自信をもっておすすめできる容量30Lの男女兼用ザックです。

まず特徴として、V.B.P.(ベンチレーション・バックパネル)システムと呼ばれる背中との接触部の構造が風の通り道を作り、蒸れにくく快適に背負うことができます。また、雨天時にもザックカバー(ザック全体を覆い雨を防ぐカバー)が本体下部に付属しており安心です。

本体重さも971gと他の30Lのザックに比べ、軽量なのも嬉しいポイントです。その高い通気性を活かして特に真夏の使用にはぴったりなザックです。

【商品情報】商品名:レラパック 30
【素材】本体:70デニール・ナイロン・リップストップ[ウレタン・コーティング]
【重量】971g
【カラー】コバルトブルー(CBL)、ガンメタル(GM)、ライトタイム(LTTM)
【容量】30L(高さ56×幅29×奥行き17cm)
【背面寸法】53cm
【機能】チェストサポート/フック付きコード/ワンドポケット/ヒップベルトポケット/
    ウエストベルトホルダー/パックカバー付き

日帰り登山向け2 ザ・ノースフェイスのザックは荷物の出し入れやパッキングがしやすくおすすめ

THE NORTH FACE テルス30 (レディース)

画像2: 【初心者必見】容量別・おすすめザック4選 登山用リュックの特徴・選び方も解説!
[ザ・ノース・フェイス] リュック ウィメンズ テルス30 M ブラック
タテ57.5cmxヨコ27cmxマチ22cm
ポケットの数:6(外側4/内側2)
重量:1150g
レインカバー付き
¥ 21,450
2019-11-02 14:34

続いてはレディースの30Lザック「THE NORTH FACE テルス30」です。ザック内部への口が大きく開く仕様であるため、荷物の出し入れやパッキング(荷物を隙間なく上手く詰めること)がやり易いことが特徴です。

洗練されたノースフェイスらしいデザインは街中での利用も違和感ありません。モンベルのレラパック30と同様にザックカバーが付属されています。初心者から上級者まで場面を問わず使えるオールラウンドなザックと言えるでしょう。

【商品情報】商品名:テルス 30
【素材】本体表地: 210DスノーダイアHTナイロン、355DHTナイロン
【重量】1150g
【容量】 収納可能サイズ: 21~30L(タテ57.5cmxヨコ27cmxマチ22cm)
【機能】 ポケットの数:6(外側4/内側2)/レインカバー付き

ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.