ファミリーキャンパーのいく子です。キャンプ料理ではダッチオーブンを使うの? インスタ映えするようなおしゃれなご飯を作るの? とちょっと構えてしまう方もいらっしゃるかもしれません。でも、難しいことはしなくても大丈夫。キャンプはアウトドアを楽しむのが一番です。無理せず手軽に!がモットーの筆者が子供と一緒に作れる簡単キャンプ料理をご紹介します!

1.くるくる回して楽しいたこ焼き 材料を混ぜ合わせたら準備完了!食材は事前に切って持って行こう

画像1: (画像:筆者撮影)

(画像:筆者撮影)

たこ焼きは材料さえ揃えば、後は混ぜて焼くだけです。このたこ焼きをひっくり返す作業がちょっと子供には難しいのですが、またそれもゲーム感覚で面白いようです。

たこ焼きのレシピはたくさんあるので、どれが正解? と迷ってしまいますよね。ここでは、たこ焼き歴10数年の筆者が作っているおすすめレシピをご紹介します。みじん切りのキャベツは栄養アップの為にこっそり入れています。

画像2: (画像:筆者撮影)

(画像:筆者撮影)

< おすすめのたこ焼きレシピ(約50個分)>
・たこ 1パック(食べやすい大きさに切る)
※たこが苦手な場合はソーセージでも◎
・たこ焼き粉 200g
・水 800cc
・卵 3個
・顆粒和風だし 1本(6g)
・揚げ玉 約40g
☆ 紅ショウガ(みじん切り)
☆ 青ネギ(小口切り)
☆ キャベツ(みじん切り)
※☆印の材料は料をお好みで調整してください。

たこ焼きレシピのポイント

  • 粉の計量や包丁で切る材料は事前に家で準備しておく。
  • 水と卵を混ぜ合わせてから粉を入れる。
  • たこ(ソーセージ)以外の材料を混ぜ合わせる。
  • たこ焼き用の鉄板にタネを流し込む時は多めにする。

子供のお手伝いポイント

  • 混ぜ合わせる
  • たこやソーセージを乗せる
  • たこ焼きをひっくり返して焼く

2. 手巻き寿司感覚で好きな具材を巻く生春巻き サラダチキンやシーチキンを使えば準備もお手軽!

画像3: (画像:筆者撮影)

(画像:筆者撮影)

ハピキャンのライターでもあるフードコーディネーターのノガワアヤちゃんと女子デイキャンプに行った際に教えてもらった生春巻き。

具材を選んで好きなだけ乗せて巻くという作業が自分で作った感を味わえるようで、子供に大好評でした! 野菜もたくさん食べられます。コンビニエンスストアでも購入できるサラダチキンやシーチキンなどの缶詰を利用すればさらに簡単に作れますよ。

▼ 詳しいレシピはコチラの記事をご覧ください。

3.子どもと一緒に作ろう! 難しい工程一切なしの、切るだけ、焼くだけ、挟むだけの簡単レシピ

画像4: (画像:筆者撮影)

(画像:筆者撮影)

フルーツをカットするだけでも、朝の一品や食後のデザートになりますよね。ここでは、その他にも焼くだけ、挟むだけといった簡単なものを5つご紹介! 是非お子さんと一緒に作ってみてください。

3-1.挟んで焼くだけで美味しいホットサンド 包丁を使わずに作ることもできて安全

画像5: (画像:筆者撮影)

(画像:筆者撮影)

挟むものを考えるのも楽しく、バリエーションが豊富なホットサンド。焼き時間などは大人の見守りが必要ですが、ハムとチーズのホットサンドなど、包丁も使わない具材は特に簡単にできます。焼くときにちょっとバターを乗せると美味しさがアップ!

3-2.ホットサンドメーカーで作る焼き肉まん バターを塗って焼くと香ばしさアップ!

画像6: (画像:筆者撮影)

(画像:筆者撮影)

肉まんをホットサンドメーカーで挟んで焼くだけで一品完成。こちらもバターを使って焼くと、表面がこんがりして香ばしさがアップします。あんまんやピザまんでも美味しいですよ! 自分の分を焼くだけでも立派な料理になります。

3-3. 簡単ハンバーガー 専用のパンやチーズを用意するだけ!味付けも自分好みにできておすすめ

画像7: (画像:筆者撮影)

(画像:筆者撮影)

専用のパンやチーズ、野菜を用意して、厚切りのハムやベーコンを焼いて挟めば簡単ハンバーガーができます。硬めに焼いた目玉焼きををプラスすればさらに豪華に! ケチャップなど、味付けも自分好みに調整できます。本格的なパティを作らなくても、美味しくいただけます。ちょっとひと手間加えて、ワックスペーパーなどでくるむとハンバーガー屋さんごっこもできそうです。

3-4. 便利な冷凍焼きおにぎり 朝食や小腹が空いた時に手軽に食べられるのが魅力

画像8: (画像:筆者撮影)

(画像:筆者撮影)

おにぎりを作って焼いてもよいのですが、冷凍の焼きおにぎりが手軽でキャンプにおすすめです。アルミホイルでくるんでから炭火に乗せても、フライパンでそのまま焼いてもOK! ちょっとお腹が空いた時や朝食にもおすすめです。

3-5. フライパンで焼いたおもちが美味しい! バターで焼いて醤油で仕上げる 海苔を巻くと食べやすくなる

画像9: (画像:筆者撮影)

(画像:筆者撮影)

おもちをバターで焼いて、仕上げにしょうゆをひと回し。これはきっとみなさん大好きな味ですよね。のりで挟むとおにぎりのように、食べやすくなります。小さなお子様には、おもちを食べやすい大きさに切ってから焼いて作ってください。

家族みんなで作ればキャンプ料理も良い思い出になる! 子どもの安全に注意しながら一緒に作ろう

画像10: (画像:筆者撮影)

(画像:筆者撮影)

せっかくの楽しいキャンプで、1人で料理ばかりしていた記憶しか残らないのもちょっとさみしいですよね。今回ご紹介したメニューは簡単なものばかりなので、ぜひご家族で作ってみてください!

手を抜けるところは抜いたり、火や包丁を使う時は注意が必要ですが、家族みんなで作った料理なら、それが良い思い出にもなります。さらに子供は、自分で料理を作ったという経験がきっと自身につながると思います。

こちらの記事もどうぞ!

ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.