お庭をおしゃれに見せるにはハンギングポットを飾るのがおすすめです。狭くても活用でき、ガーデニングの楽しみ方が広がります。市販品も便利ですが、空になったペットボトルを使ってハンギングポットをDIYするのも◎。今回はその作り方を写真付きでご紹介します。

ハンギングポットがあるとガーデニングの楽しみUP&お庭がおしゃれに!

植物を育てていると、「もうお庭やベランダに植物を置くところがない問題」が度々起こります。私も、「ちょうどいい置き場がない...!」と、植物を買ってから慌てることが多いです。また、プランターをただ横一列に並べても、おしゃれな雰囲気がでないことも。

こんなときにハンギングポットは最適で、ポットに入れて吊るせばスペースも節約でき、ただ吊るしているだけなのにお庭やベランダもおしゃれに見えるのです。

そんなハンギングポット、市販品を使うのもいいですが、実は自宅にあるものでも作れるのをご存知ですか?ポット部分に使う材料は、空のペットボトル。実際に、ペットボトルでハンギングポット作りにチャレンジしてみました。

制作にかかった時間はトータルで1時間ほど。ポット作りそのものはすぐできるので、ちょっとしたスキマ時間でもOK。それでは早速作り方をご紹介します!

画像: ハンギングポットがあるとガーデニングの楽しみUP&お庭がおしゃれに!

お庭に飾りたい!ペットボトルで簡単に作れるハンギングポットをDIY

必要な材料は、空のペットボトルとホームセンターで購入できるものばかり。ペットボトルの大きさは、中に植える苗の大きさにあわせて用意しましょう。今回は2Lのペットボトルを使用しています。

【必要なもの】

  • ペットボトル
  • キリ
  • 麻布
  • 水切りネット
  • 鉢底石
  • 針金(ガーデニング向け製品がおすすめ)
  • マジックペン
  • はさみ
  • カッター
  • ペンチ
  • ニッパー
  • テープ(ガムテープでもビニールテープでもなんでもOKです)
  • 植えたい苗

【作り方】

1.ペットボトルを入れる苗の高さにあわせてカットします。マジックペンでカットする位置に目印をつけると作業が楽です。切ったペットボトルの切り口が鋭利で気になる人は、切り口にガムテープやビニールテープを被せるように貼ってください。

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

2.ペットボトルの底から水が抜けるようにしたいため、キリで穴を開けていきます。1と同じように、マジックペンで印をつけてから行うのがおすすめです。

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

3.穴は数ヶ所開けるといいでしょう。ペットボトルの内側から穴を空ける場合は、下に厚めの木材を敷くと作業がしやすくなり、穴開けもスムーズに。

4.ペットボトルを針金で吊るしたいので、側面も同様にキリで穴を開けておきます。

5.ペットボトルの底に、適当な大きさにカットした水切りネットを鉢底ネットの代わりに敷きます。底がでこぼこしていて、硬めの鉢底ネットだと不安定だったため、やわらかい水切りネットを使いました。

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

6.水切りネットの上に、適量の鉢底石を入れていきます。なるべく軽めの鉢底石がいいですね。鉢底石やネットを入れず、そのまま水苔や土を入れても大丈夫ですが、私は普段の癖で使っています。

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.