『ダッチオーブン』や『スキレット』と言えば、キャンプ上級者用のアイテムの様に感じますが、実はすごく手軽で簡単に、おいしい料理が簡単にできるんです。今回は、キャンプでもご家庭でも重宝する、手頃でおすすめなスキレットの紹介とお手入れ方法、スキレットでできる簡単なオリジナルレシピを大公開します!

スキレットを買ったらシーズニング! 錆止め用の油と鉄臭さを落として、お手入れしてから使おう!

スキレットは鉄でできていますので、お手入れをしないとすぐに錆びてしまいます。また、売っているスキレットを使い始める前には儀式の様な「慣らし」作業である『シーズニング』を行う必要があります。ここでは、シーズニングの方法と、使い終わった後のお手入れの方法をご紹介します!

シーズニング(慣らし)の方法

購入したスキレットは、錆び止めである工業油等が塗ってありますので、まず、これをしっかり洗剤で洗い流します。

次に全体に油を塗って火に掛け、捨てる様な野菜くずを炒めます。これは、スキレットに油をしみ込ませるため、そして、鉄臭さを取り除くためです。炒めた野菜くずを捨てて、さっとゆすいでから火にかけ、水分を飛ばしたら油をしけばシーズニング完了です!

毎回のお手入れ方法

使い終わったスキレットは、洗剤で洗うとしみ込んだ油分が抜けて錆びてしまいます。ですので、洗剤で洗う必要はありません。たわしなどで擦りながら、汚れを洗い流せば基本はOKです。焦げ付いてしまった時は、煙が出る程強火にかけ、焦げを炭にしてしまえば簡単に取ることでできます。

「水で洗っただけでは心配」という方は、洗った後にスキレットを火にかけ、水分を飛ばしてから油をキッチンペーパーにつけて塗りこんで下さい。

スキレットなら料理を熱々のまま食べられる! 分厚い肉料理もジューシーに焼けるので普段使いにも!

今回は、キャンプでもご家庭でも大活躍のスキレットについて紹介させていただきました! 調理したままテーブルに出せるスキレットは、洗い物も減らせて写真映えも良く、一石二鳥。鉄製だからお肉はパリパリジューシーに仕上がり、魔法のポットならぬ『魔法のフライパン』。値段も手ごろなので、手に入れない理由が見当たらないほど、優れた調理器具です。

ご紹介した通り、お手入れには若干手間がかかりますが、1回料理する度に、少しづつ育っていると思うと可愛くなってきます。大事に育てるのもキャンプの楽しみのひとつ。皆さんも是非この機会にスキレットを手にしてみて下さい!

スキレットを使ってできる簡単料理・デザートレシピを公開中! キャンプ飯のレパートリーを増やそう!

This article is a sponsored article by
''.