こんにちは! 東海地方のアウトドア情報を中心に、記事を書いている「GSD東海編集部」ハマダアヤノです! いまだにとても暑いですね。なんとか少しでもこの暑さを、抑えることはできないかと、今年はハンディ扇風機を購入してみました。実際に、扇風機を使ってみたからこそわかったことや、おすすめの使い方などを今回はご紹介していこうと思います!

持ち歩けるハンディ(携帯)扇風機! 試しに使ってみたら思った以上に涼しかった!

ハンディ扇風機とは、携帯できる小型扇風機のことです。携帯扇風機・手持ち扇風機・ポータブルファンなど様々な呼び方があります。最近街でよく持っている人を見かけるようになりましたが、USBなどで本体に充電して使うことができるので、電源の必要がなく、持ち歩くことができるので非常に便利なアイテムです。家電ショップはもちろん、ホームセンターから100円ショップに至るまで、様々な場所で販売されています。

私も今年の夏は涼しく過ごしたいと思い、購入前にホームセンターにてハンディ扇風機を試してみたところ、風も強く「充分に涼しい」と感じたので購入してきました。

私が購入したこちらのハンディ扇風機の価格は、税込み1280円。他にもハンディ扇風機の種類はたくさんありましたが、充電方法なども含め、一番コンパクトなこちらのアイテムを選びました。

▼紹介しているアイテムはこちら

画像: ハンディ(携帯)扇風機使ってみた! キャンプで涼しく過ごすおすすめの使い方はコレだ!
Smaly 3Way HANDY FAN ホワイトピンク YNG-HF10(WP)
フェス、ライブ、アウトドアなど様々なアクティビティで利用可能。首から下げて風が顔に当る、快適な風をあなたに。【仕様】●サイズ:(約)幅9×奥行3.8×高さ19.4cm●充電時間の目安:約2〜3時間●連続使用時間の目安:約1.5〜3.5時間●付属品:ストラップ・充電USBケーブル
¥ 1,058
2019-08-24 13:46

125gの軽さで風量調整は5段階! USB充電もできるハンディ(携帯)扇風機を実際に使ってみた

実際にハンディ扇風機を使ってみました。女性の手の大きさに対してこれくらいの大きさです。

画像1: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

大きすぎることもなく、持ち運びがかさばるということもありません。また重さも125gと軽量なので持ちながら歩いていても、まったく苦になりません。

画像2: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

電源ボタンを押すと、羽が動き始めます。風量の調節もこのボタンひとつでできます。1回ボタンを押すと電源がついて弱風→弱中風、次に押すと中くらいの風に、また押すと中強風→強風、最後にもう一度押すと、扇風機がオフになる5段階の風量調整ができるシンプルな操作方法です。

画像3: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

充電はこちらのポートに差し込みUSBケーブルで充電します。1回約2~3時間の充電で約1.5-3.5時間稼働することが可能です。

ハンディ(携帯)扇風機をより涼しくするための工夫をご紹介! 保冷剤や霧吹きを合わせて使おう

画像4: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

さて今回ハンディ扇風機を購入した理由は、夏のアクティビティでの涼しさのためと、やはり夏のキャンプで使えるかというところでした。

ハンディ扇風機を実際に使ってみて感じたのは、クーラーなどで冷やされている場所で使うとより涼しくなる、しかし野外などの暑いところでは、暑い温度のままなので熱風しかこないということです。

結論をまとめてしまうと、キャンプではハンディ扇風機のみで涼しさを求めるのは厳しいという答えにたどり着きました。しかしせっかく購入したので、使い方を工夫して涼しく使用する方法を考えてみました。

ハンディ扇風機+霧吹き

画像5: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

肌の露出している部分に霧吹きをして、その部分にハンディファンの風を向けると体の熱を少し下げてくれます。また、霧吹きも小さな化粧品用のサイズを使うと、持ち運びにかさばらないのでおすすめです。

ハンディ扇風機+保冷材

画像6: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

通常の家で使用する大きな扇風機で冷たい風を送る方法として、扇風機に保冷剤をつけるという方法がありますが、これはハンディ扇風機にも応用できます。羽の前後の網の部分に保冷材をつけると、冷たい風がきます。

※保冷剤の結露した水滴がハンディ扇風機についてしまわないようご注意ください。

扇風機の大きさによっては、保冷剤をつける部分がない場合もあると思います。その場合は、霧吹きと同じように保冷剤で体を冷やしながら、その部分に風を向けると涼しくなるので、そちらもおすすめです。

ハンディ扇風機+使う場所

アウトドアでの解決法にはなりませんが、車の中をまずエアコンで冷やして、その中で扇風機を使用して、身体を冷やすという方法も選択肢の一つとしていかがでしょうか。

それではハンディ扇風機の意味がないと感じる方もいるかもしれませんが、この日本の夏の暑さは長時間外にいるのはかなり危険なので、熱中症になる前に車内でエアコンとハンディ扇風機で体を冷やすのもアリです。

ハンディ(携帯)扇風機の使い方は様々! 工夫して使い方を自分流にアレンジしよう

実際にハンディ扇風機を買って気づいたのは、暑い中では温風しか来ないということでした。しかし工夫をすることで、キャンプでも様々に使える方法を考えてみるのもいいかなと思います。

先ほど伝えた方法以外にも、蚊取り線香の煙をタープ下全体に行き届ける際に使ったり、洗濯物や濡れてしまったタオルなど、早く乾かしたい場所に当てて置いたりと、いろいろと使用方法を考えてみると良さそうです。

こちらの記事もどうぞ!

ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.