キャンプ中の暑さや寒さの対策はどうしていますか? 私は暑いのが苦手なので、夏がとても辛いです…。そこで少しでも涼しくキャンプを楽しむために、さらに冬場でも使えるということでサーキュレーターを購入してみました。実際に使ってみた感想を、詳しくレポートしちゃいます!

家の中でも外でも使える! 「コイズミ(Koizumi)」のコードレスサーキュレーター

画像1: 筆者撮影
筆者撮影

サーキュレーターとは?

サーキュレーターは、室内の空気を循環させて冷暖房効率を高める目的で使われる電化製品です。扇風機が風を広範囲に届けるのに対し、サーキュレーターは直線的な風を遠くまで運んでくれます。

製品によっては扇風機の役割も担い、暖房と組み合わせれば冬も使えるため、一台買うのならサーキュレーターの方が効率的かも? ということで、購入に至りました。

私が購入したのは、コイズミ(Koizumi)のコードレスサーキュレーターです。

画像: 【体験レポ】オールシーズン使えるコードレスサーキュレーターを買ってみてわかったこと!
コイズミ コードレス マルチ ファン シルバー KCF-2371/S
●充交両用で使えるマルチサーキュレーター。
●左右自動首振り45・90・180度。
●DCモーター採用。
¥ 18,500
2019-08-30 20:21

サーキュレーターを購入するにあたって重視したポイントはたったひとつ。ずばりキャンプに持っていって使うために「コードレスで使用できること」です。逆にそれ以外のことはあまり深く考えていませんでした。

メーカーや機能なども、特にこだわり無し。なので、購入して実際に使ってみるうちに「便利! 」と思うこともあれば、「失敗したかも」と思うこともありました。あくまで個人の主観ですが、買ってよかったポイント、ちょっと残念だったポイントをそれぞれご紹介します!

コードレス状態で4〜8時間使える! 買って分かったメリットを紹介

風量は10段階調節+ターボ機能付きで、首振りもできる

画像2: 筆者撮影
筆者撮影

真ん中のダイヤルを回して風量を調節できます。思っていたより風が強く、ターボ機能もあるため、風量に関してはとても満足しています。また、自動首振りが3段階あり、広範囲に風を届けられるのが便利。オフタイマー機能はあまり使わないので、あっても無くても、という感じでした。

稼働音も静かで気にならない

気になる稼働音ですが、風量10段階中の1~3レベルならとても静かです。風量4を超えると稼働音が聞こえてきますが、それでも気になるほどの音量ではないと思います。さすがにターボ機能を使うとだいぶ音が大きくなりますが、普段はあまり使わない機能なので、私はさほど気になりませんでした。

稼働可能時間はおよそ4〜8時間

コードレス状態での稼働可能時間は、メーカーによると「フル充電すると、風量1で約8時間、風量6で約4時間、風量ターボで約1.5時間」とのことです。実際に風量5で約4時間ほど回してみましたが問題なく使用できました。

調べてみたところ、こちらの商品はDCモーターが採用されていました。サーキュレーターにはACモーターが使われているものもあり、電流・電圧の変動のしかたによって機能性に違いが出てくるんです。

前者の場合、細かな風量調節が可能で振動も少なく比較的静かな上、消費電力も少なく省エネなアイテムが多いのに対し、後者はそこまで高い機能がついていないかわりに本体価格が安い。使用頻度や用途によって選ぶといいですね。

重量約3.8kgで持ち運びラクラク

画像3: 筆者撮影
筆者撮影

サーキュレーターのサイズ感をお伝えするために、持ち上げた写真を撮ってみました。高さは約40cm、重さは約3.8kg。さすがに「超軽量!」 とは言えませんが女性でも簡単に持ち運べます。

画像4: 筆者撮影
筆者撮影

裏側には、手をかけられる取っ手がついています。片手でも移動させることができるので、持ち運びも苦になりません。

ストーブと組み合わせれば冬キャンプでも使える

画像: ストーブと組み合わせれば冬キャンプでも使える

夏の暑さ対策だけでなく、実は寒い冬の時期のキャンプでも大活躍するんです。ストーブなどの暖房器具で暖められた空気を、サーキュレーターを使ってテント内で循環させます。そうすると、テント内全体が暖かくなり、過ごしやすい室温に。

夏も冬もオールシーズンで使えるサーキュレーターは、キャンプの必需品になりました。

リモコンの使い勝手が悪い! 使ってみて分かったデメリットも紹介

お手入れにはドライバーが必要

画像5: 筆者撮影
筆者撮影

ガードや羽根のお掃除をする際は、ドライバーを使ってガードを取り外す必要があります。私はズボラなので、掃除のたびにドライバーで付け外しをするのは正直かなり面倒に感じました…。

内部にホコリやゴミなどが残っていると風量低下や故障の原因になるので、定期的なお手入れは必要不可欠。となると、お手入れがしやすいかどうかは、サーキュレーターを選ぶ上で重要なポイントのようです。私は全然考えていませんでした。

ただ、DCモーターが使われている商品の中ではリーズナブルですし、「キャンプ後の荷物整理の際に併せて一気に掃除してしまおう」など、掃除タイミングさえ決めてしまえば、苦にならないかもしれません。

リモコンの使い勝手がイマイチ

画像6: 筆者撮影
筆者撮影

付属のリモコンの使い勝手がイマイチでした。まず、コードレスで使用している時は、リモコンで電源を入れることができません(電源オフやその他の機能は使用可能)。

また、リモコンは本体のリモコンホルダーに収納するのですが、ただ立てかけているだけなので、本体を持ち運んでいる時にリモコンだけ滑り落ちてしまうことも。

ただ、私はリモコン自体をあまり使わないので、特に気になりませんでした。他の方もキャンプではリモコンを使うことは少ないかもしれませんが、使いたい場合は、他の電化製品とまとめて置ける場所を作っておくといいですね。

使用頻度が高く大活躍するサーキュレーター 買う前にお手入れのしやすさもチェック

画像7: 筆者撮影
筆者撮影

今では自宅でも大活躍しているサーキュレーター。冷暖房の風を室内に循環させたり、室内干しの洗濯物を乾かしたり、扇風機代わりにしたり…。もちろんキャンプでも使いますし、車中泊など車の中で長時間過ごす時にも使いました。用途が広く、使えるシーンが多いので、買ってよかったなと思っています。

ただ、やっぱりお掃除がちょっと面倒なので、もっと簡単にできる方法がないか模索中です…。今後サーキュレーターの購入を検討している方は、お手入れがしやすいかどうかもチェックしてみてくださいね!

This article is a sponsored article by
''.