背の高いビルに囲まれた都会を離れ、自然と戯れたい、癒されたい。そんな方にはキャンプがオススメです! キャンプに必要な道具は色々ありますが、その中でも寝具としても必要性の高いシュラフ(寝袋)にスポットを当て、安価かつ機能性も高い、初心者におすすめの商品を紹介していきたいと思います。

シュラフ(寝袋)選びは、場面(季節・気温など)を想定しよう! 素材によって値段・機能性が違う!

キャンプや登山といったアウトドアシーンにおいて、シュラフはとても重要な装備のひとつです。
シュラフの中綿にはダウン(羽毛)と化繊(化学繊維)の2つのタイプがあります。

比較的ダウンより化繊の方が安価なので、機能性が劣っていると思われがちですが、重量や洗濯の容易さなどの違いはあれど、商品によって一概には機能的な差はあまりないと言えます。事実としてダウンに代わる素材として様々な化繊が開発されたり、超微細マイクロファイバー素材(化繊)などを採用しているアウトドアメーカーもあります。

シュラフひとつでも様々な種類があり、どんな場面(季節・気温など)を想定して使用するのかで選ぶモノも変わってきます。真夏に冬用を使ってしまったら暑くて寝られず、真冬に夏用を使えば寒くて寝られないでしょう。最悪の場合、命を危険に晒してしまうかもしれません。

以上のことから、シュラフ選びはとても大切になります。今回は、初心者にオススメのシュラフをご紹介していきます。

画像: www.amazon.co.jp
www.amazon.co.jp

【春夏秋シュラフ(寝袋)】頭まですっぽりのマミータイプ「ウィベルタコンパクトスリーピングバック」

1.WIBERTA(ウィベルタ)コンパクトスリーピングバック

春夏秋の3シーズンで使える、コストパフォーマンス抜群のシュラフ。最低使用温度は−5度なので、真冬以外でしたら快適に一晩を過ごすことが出来ます。マミータイプ(頭までスッポリ被れるもの)なので、熱を逃さず暖かさを保てるのが特徴です。

サイズが240cm×80cmあるので、身長が高い人でも心配ありません。さらに自宅の洗濯機で洗うことが出来るので、常に衛生的に利用できます。

カラーは4種類と豊富。Amazonでは3,000円前後と値段も安いため、試しに購入してみるという初心者にもおすすめのシュラフです。

【‐18℃で使える】アマゾンで約8000円の寝袋! 冬キャンプにおすすめのコールマン製シュラフ

2.Coleman(コールマン)大人用シュラフ マミー型

誰もが知るアウトドアブランドのひとつ、コールマンの1万円以下で購入できるシュラフ。Amazonでは8,000円前後で購入できます。最低使用温度が驚異の−18度! 値段は安価ながら老舗アウトドアメーカー製のため、そのノウハウを活かした作りはしっかりとしています。

大きさは208cm×81cmなので、身長180cmくらいまでなら問題なく使えます。こちらもマミータイプのシュラフで、首元からの冷気が入らないなど暖かさを保ちやすいのが特徴。ひとつだけ欠点を言うのであれば、収納がけっこうかさばるという点です。

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.