背の高いビルに囲まれた都会を離れ、自然と戯れたい、癒されたい。そんな方にはキャンプがオススメです! キャンプに必要な道具は色々ありますが、その中でも寝具としても必要性の高いシュラフ(寝袋)にスポットを当て、安価かつ機能性も高い、初心者におすすめの商品を紹介していきたいと思います。

シュラフ選びは、どんな場面(季節・気温など)を想定して使用するかで決まる!

キャンプや登山といったアウトドアシーンにおいて、シュラフはとても重要な装備のひとつです。
シュラフの中綿にはダウン(羽毛)と化繊(化学繊維)の2つのタイプがあります。

比較的ダウンより化繊の方が安価なので、機能性が劣っていると思われがちですが、重量や洗濯の容易さなどの違いはあれど、商品によって一概には機能的な差はあまりないと言えます。事実としてダウンに代わる素材として様々な化繊が開発されたり、超微細マイクロファイバー素材(化繊)などを採用しているアウトドアメーカーもあります。

シュラフひとつでも様々な種類があり、どんな場面(季節・気温など)を想定して使用するのかで選ぶモノも変わってきます。真夏に冬用を使ってしまったら暑くて寝られず、真冬に夏用を使えば寒くて寝られないでしょう。最悪の場合、命を危険に晒してしまうかもしれません。

以上のことから、シュラフ選びはとても大切になります。今回は、初心者にオススメのシュラフをご紹介していきます。

画像: www.amazon.co.jp
www.amazon.co.jp

春夏秋の3シーズンで使える! 真冬以外のキャンプにおすすめ

1.WIBERTA(ウィベルタ)コンパクトスリーピングバック

春夏秋の3シーズンで使える、コストパフォーマンス抜群のシュラフ。最低使用温度は−5度なので、真冬以外でしたら快適に一晩を過ごすことが出来ます。マミータイプ(頭までスッポリ被れるもの)なので、熱を逃さず暖かさを保てるのが特徴です。

サイズが240cm×80cmあるので、身長が高い人でも心配ありません。さらに自宅の洗濯機で洗うことが出来るので、常に衛生的に利用できます。

カラーは4種類と豊富。Amazonでは3,000円前後と値段も安いため、試しに購入してみるという初心者にもおすすめのシュラフです。

最低使用温度が‐18℃で真冬のキャンプにぴったり!

2.Coleman(コールマン)大人用シュラフ マミー型

誰もが知るアウトドアブランドのひとつ、コールマンの1万円以下で購入できるシュラフ。Amazonでは8,000円前後で購入できます。最低使用温度が驚異の−18度! 値段は安価ながら老舗アウトドアメーカー製のため、そのノウハウを活かした作りはしっかりとしています。

大きさは208cm×81cmなので、身長180cmくらいまでなら問題なく使えます。こちらもマミータイプのシュラフで、首元からの冷気が入らないなど暖かさを保ちやすいのが特徴。ひとつだけ欠点を言うのであれば、収納がけっこうかさばるという点です。

春秋のキャンプに。小さな子どものいるファミリーにもおすすめ

3.Ohuhu(オフフ)封筒型シュラフ 2人用

このシュラフの最大の特徴は、連結出来るというところ。シュラフの解体・連結が簡単なので、必要に応じて自在に形を変えることが出来ます。更に、枕がふたつ付いているので、より快適な時間を過ごせます。

最低使用温度は−5度になっているので、冬は厳しいかもしれませんが、春秋の肌寒いシーズンでしたら問題はないでしょう。

大きさは220cm×150cm(連結時)とゆったりなので、子どもでしたら3人は入れるでしょう。収納サイズがちょっと大きいのが欠点と言えますが、車で行くようなキャンプでしたらそれほど大きな問題ではないはずです。

春夏秋の登山におすすめ! コンパクトな収納も可能

4.ISUKA(イスカ)パトロール600

日本製シュラフ専門メーカー、イスカの1万円以下の寝袋をご紹介します。こちらはイスカのベーシックモデルになっており、春夏秋の低山登山はもちろん、キャンプなどのアウトドアシーンでも大活躍します。

最低使用温度が2度なので、冬での使用は厳しいですが、春夏秋の3シーズンでは問題なく使えるでしょう。とにかくコストパフォーマンスがよく、これだけ高品質のシュラフをこの値段で購入出来るのは奇跡かもしれません。

サイズは210cm×85cmと大きめな作り。収納サイズは20cm×33cm、化繊シュラフの中でコンパクトな収納が可能な為、登山シーンでも重宝します。品質も良く安価なので、防災用として購入する人も多いと言われています。

まずは、シュラフがどんなものかを試すところから始めよう! !

画像: 筆者撮影
筆者撮影

シュラフの値段はピンキリで、高いものだと6~7万円するものも存在します。初めて使ってみるのにそんなにお金をかけられませんよね。まずは1万円程度のもので十分です。シュラフに入るときにダウンジャケットを着込んだり、マットレスを使うなどの工夫次第では、冬でも問題なく使えます。

今回紹介した安価で品質のいいシュラフをまずは試し、キャンプにのめり込んで行くようになった時に、高価なシュラフを購入するのがおすすめです。

This article is a sponsored article by
''.