こんにちは! 東海地方のアウトドア情報を中心に、記事を書いている「GSD東海編集部」ハマダアヤノです! 今回は、キャンプでも使えるキャンドルを、身近なアイテムで作ってみようという企画です! 焚き火やBBQの炭火、夜のランタンなどキャンプではたくさんの種類の火を使いますよね。実用的な光だけでなく、より優しい光を感じてもらえたらと、キャンドル作家として東海地方を中心に活動中のsolaji(ソラジュ)毛利優亜さんにお願いして、キャンプで使えるおすすめのキャンドルの作り方を教えていただきました。今回も100円ショップのアイテムを使って節約しながらDIYにチャレンジです!

100均アイテムを使って作る「ステンレスマグカップキャンドル」の材料

今回は、誰にでも簡単に手に入る材料でキャンドルを気軽に作れるように、100円ショップSeria(セリア)にて必要な材料を準備していただきました。

画像1: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

【必要な材料】

  • ティーライトキャンドル12個入り…1つ
  • ステンレスマグカップ…2個
  • タコ糸(15cm)
  • 割り箸
  • ハサミ
  • テープ

ステンレスマグカップキャンドルの作り方

1)まずは、キャンドルを分解します。

画像2: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

2)タコ糸をキャンドルの穴に通します。

画像3: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

通したタコ糸を、1cmほど折り曲げます。

画像4: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

折り曲げたタコ糸が抜けてしまわないように、テープで止めます。

画像5: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

3)2)のキャンドルをステンレスマグカップの中央に置きます。

画像: ステンレスマグカップキャンドルの作り方

割り箸で、タコ糸が落ちないように挟みます。

画像6: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

4)ほかのキャンドルを準備します。

画像7: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

5)カッター使って、キャンドルを小さく4等分にカットします。

画像8: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

6)カットしたキャンドルをステンレスマグカップの中に半分入れます。こちらのカットしたキャンドルは、溶かさないままにしておきます。

画像9: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

7)残ったもう半分のキャンドルを、溶かしていきます。2個目のステンレスマグカップに、あまりのキャンドルをすべて入れ、IHヒーターなどで温めて、溶かしていきます。ステンレスマグカップがとても熱くなるので、触らないように気を付けましょう。

画像10: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

8)キャンドルが溶けると、透明な液体になっていきます。マグカップを持つ際は、タオルなどで持ち手をくるんで、持つようにしましょう。

画像11: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

9)溶けたキャンドルの透明な液体を、1個目のキャンドルに注ぎます。

画像12: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

10)透明な液体が冷えて白く固まるまで待ちます。

画像13: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

11)透明な液体が固まり白くなってきたら、割り箸を外します。これで、100均ステンレスマグカップキャンドルの完成です。

画像14: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

12)オリジナルステッカーやシールなどでアレンジすると、世界にひとつだけのキャンドルの完成です。

画像15: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

中身はこんな感じです。最初にカットしたキャンドルが溶けずに残るので、まるで氷が入ったような、ゴツゴツとしたデザインのキャンドルになりました。

画像16: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

※こちらの作り方は、キャンドル専門家のもと、100円ショップのアイテムの材質を理解した上で、制作いたしました。ほかの材料で制作した場合や、異なった手順で制作された場合の責任は負い兼ねますので、ご理解のほどよろしくお願いします。

おしゃれキャンプにおすすめ! solajuのキャンドルをご紹介

今回のキャンドル作りで、講師として教えていただいたsolajuさんは、女子キャンプやおしゃれキャンプに映える、とてもステキなキャンドル作品を制作されています。こちらで一部ご紹介させていただきますので、気になる方はぜひsolajuさんのサイトへアクセスしてみてください。

solajuオリジナル・押し花キャンドル

押し花をふんだんに使った、美しいキャンドルです。アウトドア料理を撮影する際の小道具としても、火を灯して夜のキャンプのくつろぎタイムにも、カラフルな色合いがとてもきれいに映えます。また大きなキャンドルが入るランタンに入れても、とても美しく光を灯すことができます。こちらのキャンドルは、すべてひとつひとつ手作りですので、同じ色合いや形のキャンドルは他にはありません。あなただけの押し花キャンドルを、ぜひ見つけてみてはいかがでしょうか。

画像17: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com
画像18: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

solaju人気アイテム・アロマワックスバー

キャンドルのろうを型に入れて固めるアロマワックスバー。アロマの香りのついたワックスバーは、タープポールに引っ掛けておくとおしゃれな虫除けとして使うことが可能です。虫除け用の香りだけではなく、リラックスできる香りなど、さまざまな種類があるので、用途に応じて選んでみてください。

画像19: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

プレゼントにもおすすめのsolajuさんのアイテムは、オンラインショップから購入することが可能です。

【講師紹介】solaju プロフィール

「花」をテーマにオリジナルキャンドルを制作。自宅で栽培した花を押し花やドライに加工し様々なキャンドルを制作・販売しています。灯りを楽しむキャンドルから、香りを楽しむキャンドルなど、キャンドルの新しいカタチをご提案しております。「見て楽しむ+灯しても楽しめる」をコンセプトにしています。

solaju インスタグラムはこちら

solajuオンラインショップはこちら

オリジナルキャンドルをつくって、キャンプに素敵な明かりを灯そう!

画像20: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

普段は、自分でアイデアを考えてDIYに挑戦していましたが、今回はじめて専門の作家さんにお願いしてみました。専門の方のアドバイスを聞きながら自分で作るのも、自分ではわからないことや知らないことが沢山あるので、とても勉強になり、基礎を知ることができました。

基礎を覚えてしまえば、あとは少しずつ自分で応用する楽しみが生まれるので、より楽しいDIYを体験できそうですよね!

オリジナルキャンプステッカーを作ってみたい方は、こちらの記事もどうぞ!

https://happy-camper.platisher.jp/_ct/17278847

This article is a sponsored article by
''.