こんにちは! 東海地方のアウトドア情報を中心に、記事を書いている「GSD東海編集部」ハマダアヤノです! インスタグラムなどで見かけるおいしそうなキャンプ飯、その中でひときわ可愛いフォルムで料理をよりおいしく見せてくれるスキレット。使ってみたいと思っている人は多いのではないでしょうか? ただ手入れが大変、使うまでの準備が必要など、とにかく管理が大変そう・・・という理由で、なかなか手が出せないなんてことも。私も同じ理由で、スキレットを使っていなかったのですが、今回思い切ってチャレンジしてみました!

スキレットは鋳鉄でできたフライパン! 購入後はシーズニングが必要 近年キャンプや家庭料理に大活躍

イメージ画像

スキレットとは、鋳鉄でできたフライパンのことです。スキレットは食材に熱がゆっくりと均等に伝わり、料理が美味しくできあがることから、近年キャンプや家庭料理でも愛用する人が増えました。

ただし、通常のフライパンと比べてテフロン加工などがされていないので、焦げたりサビたりしないように事前の手入れが必要となります。

画像1: 【ニトリ】キャンプで大活躍のスキレットをシーズニング! 使用手順を写真付きで詳しく解説!
ロッジ ( LODGE ) ロジック スキレット9インチ L6SK3 | スキレット アウトドア キャンプ キッチン IH IH対応 フライパン おしゃれ 9インチ
送料無料キャンペーンコード:【smtb-TK】ご注文後は、【発送のご案内】→【送り状No連絡】→【納品書と領収書メール】の各メールをお送りします。納品書・領収書は、PCのメールアドレスにのみ、PDFでお送りします。 名義変更などあれば、後からでも再発行させて頂きます。【kk9n0d18p】 【商品の説明】LODGE ロッジ ロジック スキレット 9インチ L6SK3はロッジ社の多年にわたる研究により、すぐに使える慣らし済み商品「ロッジロジック」長年使い込んだもののように表面がコーティングされ風格ある製品に仕上がっています。スキレットは一般に販売されている鉄製のフライパンと違って、厚みがあ...
¥ 4,062
2021-02-18 16:06

スキレットを使う前に必要な「シーズニング」とは?

スキレットは、販売されている状態の時はサビ止めのワックスなどが塗布されています。ですので、スキレットを購入した際は、まず洗剤でワックスを洗い流し、その後新たに油をなじませて膜を張るシーズニング(油ならし)の作業が必要です。

ちなみに今回、私が購入したのはニトスキの名前でおなじみ、ニトリのスキレットです! こちらのシーズニングする手順を、写真付きで解説していきます!

ニトリのスキレット(ニトスキ)を簡単お手入れ! シーズニング手順を写真付きで徹底解説!

イメージ画像

まずは、台所用の中性洗剤で、錆び止めのコーティングワックスを落とすためにしっかりと洗います。

画像1: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

洗剤をしっかりと洗い流し、水気をよくふき取っておきます。

画像2: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

スキレット本体に火をかけて、水分がしっかりと蒸発するまで空焼きします。

画像3: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

水分がすべて蒸発したら火を止めます。食用油をひいて、再び火にかけます。

画像4: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

ショウガやネギなど香りの強い野菜を強火で炒めます。今回は玉ねぎで。食用ではなくあくまでシーズニング用なので、野菜くずでもOKです。これらの野菜を炒めることで、鉄特有のにおいを抑えることができます

画像5: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

油が全体になじんだら野菜は捨てます。

画像6: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

その後に、持ち手部分も含めてスキレット全体に油をなじませておきます。

画像7: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

同じ手順を数回繰り返し、しっかりとシーズニングする人もいると思いますが、気にならなければ1回だけでも大丈夫そうです。

This article is a sponsored article by
''.