こんにちは! 東海地方のアウトドア情報を中心に、記事を書いている「GSD東海編集部」ハマダアヤノです! インスタグラムなどで見かけるおいしそうなキャンプ飯、その中でひときわ可愛いフォルムで料理をよりおいしく見せてくれるスキレット。使ってみたいと思っている人は多いのではないでしょうか? ただ手入れが大変、使うまでの準備が必要など、とにかく管理が大変そう・・・という理由で、なかなか手が出せないなんてことも。私も同じ理由で、スキレットを使っていなかったのですが、今回思い切ってチャレンジしてみました!

スキレットは鋳鉄でできたフライパン 購入後はシーズニングが必要

スキレットとは、鋳鉄でできたフライパンのことです。スキレットは食材に熱がゆっくりと均等に伝わり、料理が美味しくできあがることから、近年キャンプや家庭料理でも愛用する人が増えました。ただし、通常のフライパンと比べてテフロン加工などがされていないので、焦げたりサビたりしないように事前の手入れが必要となります。

スキレットを使う前に必要な「シーズニング」とは?

スキレットは、販売されている状態の時はサビ止めのワックスなどが塗布されています。ですので、スキレットを購入した際は、まず洗剤でワックスを洗い流し、その後新たに油をなじませて膜を張るシーズニング(油ならし)の作業が必要です。

ちなみに今回、私が購入したのはニトスキの名前でおなじみ、ニトリのスキレットです! こちらのシーズニングする手順を、写真付きで解説していきます!

ニトリのスキレット(ニトスキ)を簡単お手入れ! シーズニング手順を写真付きで解説

まずは、台所用の中性洗剤で、錆び止めのコーティングワックスを落とすためにしっかりと洗います。

画像1: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

洗剤をしっかりと洗い流し、水気をよくふき取っておきます。

画像2: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

スキレット本体に火をかけて、水分がしっかりと蒸発するまで空焼きします。

画像3: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

水分がすべて蒸発したら火を止めます。食用油をひいて、再び火にかけます。

画像4: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

ショウガやネギなど香りの強い野菜を強火で炒めます。今回は玉ねぎで。食用ではなくあくまでシーズニング用なので、野菜くずでもOKです。これらの野菜を炒めることで、鉄特有のにおいを抑えることができます

画像5: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

油が全体になじんだら野菜は捨てます。

画像6: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

その後に、持ち手部分も含めてスキレット全体に油をなじませておきます。

画像7: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

同じ手順を数回繰り返し、しっかりとシーズニングする人もいると思いますが、気にならなければ1回だけでも大丈夫そうです。

ニトリのスキレット(ニトスキ)の使用後の注意点! 洗剤は使わず、スポンジで汚れを落とそう

シーズニングが終わり、これから調理器具としてスキレットを料理に使いますが、使用後に注意しないといけないことがあります。

1)台所用中性洗剤で洗ってはいけない。

スキレットで調理をして、焦げ付いたり汚れたりしても、台所用の中性洗剤でスキレットを洗ってしまうと、せっかくのシーズニングが取れてしまいまうので、使ってはいけません。汚れを落とす方法は、まずスキレットをお湯に入れ、汚れを浮かせてからスポンジなどでやさしく落とします。

2)スチールたわしは絶対使わない

フライパンなどの焦げ付きの際によく使うスチールたわしを使うとシーズニングが取れてしまうので絶対に使用せず、スポンジを使いましょう。

3)汚れが落ちにくい時は重層を使いましょう。

どうしても焦げや汚れがこびりついて落ちないという時は、重層を使いましょう。スキレットをお湯に入れる際に、重層を入れておくと汚れが取れやすくなります。

4)使用後は再び熱して、食用油をスキレット全体に塗る。

汚れが落ちたら洗い流し、水分をしっかりふき取ります。念のため空焚きして十分に水分を蒸発させ、その後、スキレット全体に薄く油を塗り、再び弱火で熱してなじませます。

5)スキレットが冷めたら、新聞紙にくるむ

火を消して、スキレットが十分に冷めたら、新聞紙にくるんで、湿気のない場所に保管しておきます。

これらのポイントを押さえておけば、スキレットを長く使うことができます。

スキレットのサビは、強火で炭に! たわしで焦げを落とした後に、再びシーズニング

画像8: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

どんなに気を使ってスキレットを使用していても、うっかりサビが・・・なんてこともあると思います。サビがひどい場合は、まずはサビを炭にしましょう。スキレットを強火にかけ、サビが炭になって黒っぽくなるまで加熱します。ここからは、先ほどまでとは逆で「スチールたわしを使って」焦げを落とします。シーズニングが取れてしまったので、再度シーズニングをし直しましょう。

シーズニングをお忘れなく ニトリのスキレット(ニトスキ)は、火が通りやすくキャンプ料理におすすめ

画像: GSD編集部メンバーえーくん撮影 glittering-stars.com

GSD編集部メンバーえーくん撮影

glittering-stars.com

こちらのお友達のキャンプ写真を見せてもらった時、「おいしそう・・・」「おしゃれ・・・」と思い、どうしてもスキレットを使って料理してみたいと思いました。

他にも、お料理が得意なキャンパーの方たちと話をしていても、ダッチオーブンやスキレットは熱伝導がいいので、料理におすすめだよとアドバイスももらっていました。そして何より、大好きなハンバーグをキャンプで作りたいという気持ちもあったので、ハンバーグの芯まで火を通すには、ダッチオーブンかスキレットだなあと思い、今回購入してみました。

子供の頃によく行った喫茶店のハンバーグやナポリタンも、木のお皿に鉄皿が乗って出てきた思い出があるので、スキレットはおしゃれなだけでなく、なんだか懐かしい気持ちにもなれるアイテムのひとつです。

次のキャンプでスキレットを使うのが、とても楽しみです!

スキレットの記事は、こちらもどうぞ!

This article is a sponsored article by
''.