ファミリーキャンパーのいく子です。皆さんは、キャンプへ行く時の身の回り品をどのようにまとめていますか? 急に子供の着替えが必要になったり、お風呂へ行く前にバタバタしてしまったり、今までいろいろな経験をした私も、ようやく最近効率の良い準備方法にたどり着きました。今回は、キャンプの「身の回り品」のまとめ方とちょっとした裏技についてお知らせします。

キャンプ場の設備は? 当日の天候は? 情報収集からスタート!

画像: 千葉県 森のまきばオートキャンプ場 (画像:筆者撮影)

千葉県 森のまきばオートキャンプ場 (画像:筆者撮影)

まずは着替えを用意したいところですが、ちょっと待ってください! その前に、キャンプ場の情報と天気・気温をチェックしておきます。最近はインターネットで簡単に調べることができて便利ですね。

キャンプ場の情報

公式サイトや個人で運営されているブログを読んで確認しています。近い時期の情報は非常に参考になります。基本のチェックインとアウトの時間から、サイトの状況、お風呂やシャワーがあるのか? 近くに立ち寄り湯があるのか? などもチェックしておくと荷物の準備に役立ちます。

また、キャンプ場やその周辺で水遊びができる場合は水着やライフジャケットも必要になりますし、タオルも多めに準備が必要です。余裕をもって事前に情報収集をしておけば、いろいろ対応できます。

天気予報

ほとんどの天気予報サイトで、10日前からザックリとした天気と気温がわかり、3日前には1時間ごとの情報が出ています。山の方では当日に天気が変わってしまう事もありますが、目安にはなります。それにより、アウターの種類を変えたり、雨対策をすることになります。

着替えは1日分をワンセットにしてランドリーバッグに

画像: 1袋に1日分をセットします。(画像:筆者撮影)

1袋に1日分をセットします。(画像:筆者撮影)

ちょっとした裏技です! 1日目の服、2日目の服とワンセットずつランドリーバッグに入れると着替えがしやすく、汚れ物をそのまま入れても帰ってから直ぐに洗濯できて、楽々です。キャンプではもちろん、旅行のパッキングでも活用しています。

画像: 「キャン★ドゥ」そのまま洗えるランドリーバッグ Wメッシュ仕様で中身が透けにくく、持ち手も付いています。(画像:筆者撮影)

「キャン★ドゥ」そのまま洗えるランドリーバッグ 
Wメッシュ仕様で中身が透けにくく、持ち手も付いています。(画像:筆者撮影)

荷物は増えてしまいますが、大人は1セット、子供は2セット多めに持って行くことをオススメします。女性限定の裏技ですが、ワンピース + レギンスはかさ張らないので予備の着替えにピッタリです。

忘れちゃいけない防寒着やストール

画像: ストールとユニクロの『ウルトラライトダウンコンパクトジャケット』(画像:筆者撮影)

ストールとユニクロの『ウルトラライトダウンコンパクトジャケット』(画像:筆者撮影)

あたたかい季節でも、標高の高いキャンプ場は朝晩の冷え込みがあります。

コンパクトになるダウンジャケットやストールなどを持って行くのを忘れずに! ユニクロの『ウルトラライトダウンコンパクトジャケット』は暖かいのに着ぶくれしないし、専用袋があるのも便利で、私は通年キャンプへ持って行きます。

子供は特に! 靴も予備があると安心

画像: 左手前:履いていく靴 右手前:サンダル 左奥:長靴 右奥:予備の靴 (画像:筆者撮影) 予備の靴はスリッポンなどかさ張らないものがベスト。

左手前:履いていく靴 右手前:サンダル 左奥:長靴 右奥:予備の靴 (画像:筆者撮影)
予備の靴はスリッポンなどかさ張らないものがベスト。

我が家の場合、基本は履いていく靴とサンダルを持って行きます。そして、子供の靴は、予備の1足を用意しています。

雨が降りそうだったり、サイトが泥っぽいキャンプ場の場合は、さらに長靴も車に積んで行きます。車を運転する方はアウトドア用のブーツなどでは運転しにくい場合もあるので、その場合はドライビングシューズを用意しておくと安心です。

靴だけで結構な荷物になってしまいますが、子供とドライバーの靴は大事なので気を付けています。車の座席の下が結構空いている場合があり、靴の収納場所にピッタリなので、チェックしてみてください!

事前にお風呂セットを作っておくと安心、ラクちん!

画像: お風呂セット(画像:筆者撮影)

お風呂セット(画像:筆者撮影)

キャンプ場にお風呂やシャワーがある場合も、立ち寄り湯へ行く場合も、事前にお風呂セットを作っておくと直ぐにお風呂へ行けて便利です。

私は洗面用具、タオル、着替えなどを入れています。このお風呂セットのオススメは肩掛けできるカバンタイプ。私が使ってきた中で一番使いやすいと思います。

画像: クルクルドライヤータイプはかさ張らないし、ヘッドを外すこともできてコンパクトになります。(画像:筆者撮影)

クルクルドライヤータイプはかさ張らないし、ヘッドを外すこともできてコンパクトになります。(画像:筆者撮影)

ドライヤーは施設により、置いてあったり、なかったり。コンセントが自由に使えたり、使えなかったりです。場所によって違うので、事前に調べてもわからない場合は、念のためにドライヤーも入れておくと安心です。

キャンプ場によっては、ステキな洗面台(コンセント付き)が用意されていたり、立ち寄り湯でもアメニティが充実しているところもあるので、事前の情報収集がここでも役立ちます。

画像: 100円玉と水にぬれても大丈夫なヘアゴムが裏技アイテムです(画像:筆者撮影)

100円玉と水にぬれても大丈夫なヘアゴムが裏技アイテムです(画像:筆者撮影)

洗面用具入れには、シャンプーやボディーソープ、スキンケア用品の他にも、ロッカーや下駄箱で使う事がある100円を何枚か入れておくと便利です。小銭がなくて両替しに行くのも大変なので、これはオススメですよ!

画像: 100円ショップでも、かわいい柄の手ぬぐいが売っています。たくさん柄があるので迷ってしまいます(画像:筆者撮影)

100円ショップでも、かわいい柄の手ぬぐいが売っています。たくさん柄があるので迷ってしまいます(画像:筆者撮影)

タオルは、かさ張るので我が家は手ぬぐいを使っています。

手ぬぐいならばキャンプ場で乾かすこともできますし、持ち運びもお手軽。水遊びをしない時は1人2枚あれば十分だと思います。

この手ぬぐいをビニール袋に入れて持って行けば、濡れた手ぬぐいを入れるビニール袋を慌てて探すこともなくなります。

事前準備でキャンプ時間を効率的に楽しもう!

画像: 1泊2日の荷物を詰めたバッグです。(画像:筆者撮影)

1泊2日の荷物を詰めたバッグです。(画像:筆者撮影)

ちょっとした一工夫をするだけで、効率的にキャンプを進められ、キャンプ場での過ごし方も格段に変わってきます。

子供の洋服セットは特に、ワンセットにしておくことで子供自身が迷うことなく着替えをしてくれたり、急に着替えが必要になった時もすぐに対応できるのでオススメです。

お風呂セットは、キャンプ中に着替えや洗面用具を入れる袋を探したり、バラバラ持って行ったりという事がなくなるので、すごく助かっています。気になった方は次回のキャンプで是非お試しください!

いく子のキャンプ収納関連記事もどうぞ!

This article is a sponsored article by
''.