夏場や冬場ほど準備に手間がかからず、過ごしやすい気温が続く春は、初心者キャンパーがキャンプをするにはうってつけの季節です。しかし、注意したいのが服装。実は、普段着のままキャンプに出掛けてしまうと、思わぬ落とし穴に引っかかることがあります。今回は春キャンプに着ていく服のポイントと、春キャンプで使いやすい4つのファッションアイテムをご紹介します。

春キャンプの服装を選ぶときのポイント

基本は長袖! 虫刺され・日焼け・寒さ対策に

春といえば、ぽかぽかとした暖かな気候が特徴です。そのため半袖で出かけたくなるところですが、ここはグッと堪えて長袖にしましょう。キャンプ場のある山や森林などは、市街地よりも気温が涼しくなる傾向にあるからです。

また、長袖は虫刺され対策や日焼け対策としても機能します。半袖が好きな方は、寒さ対策にアームカバーをつけていき、暑くなってきたら、アームカバーを外すといった形でもOKです。その場合、虫よけや日焼け止めを持参するのを忘れずに。

素材はコットンかウールのものを! 化学繊維は不向き

肌着もアウターも、基本的にはコットンやウールといった天然素材のものを持っていきましょう。焚き火やキャンプファイヤーの火の粉がついてもすぐには燃えにくいので、さっと払うことができます。ナイロンやポリエステルといった化学繊維のものだと、火の粉がついた瞬間にすぐに服が溶けて穴が開いてしまう恐れがありますので注意しましょう。

ただ、ウールの肌着の場合、日中は少々暑苦しく感じるかもしれません。汗をかくことも考慮し、通気性が良く肌触りの滑らかなコットン素材の肌着を着ていくことをおすすめします。

冬用のジャケットを持っていく

お昼は穏やかな陽気の春ですが、早朝や夜はまだまだ冷え込みます。防寒対策として厚手のアウターを必ず一着以上持っていきましょう。基本的には冬用のジャケットを一着持っていけば問題ありません。ただし間違いなく汚れるので、野外活動向きのウインドブレーカーのようなものが好ましいでしょう。

画像: 冬用のジャケットを持っていく

それでは次に、春キャンプにぴったりのファッションアイテムをご紹介します。

1. ゆったりとした着心地と、ふわりとした肌触りのトップス
CHUMS(チャムス) ビッグハリケーンシャツ

カジュアルアウトドアブランド、CHUMS(チャムス)が販売しているコットン100%のロングTシャツ。

コットン100%のため通気性がよく、滑らかな肌触りによって野外活動を快適に楽しめます。オーバーサイズ気味のため着心地はゆったりめ。そのため身体が締め付けられることなく、リラックスして過ごせます。スポーツウェアやハイキングウェアのような、ぴっちりとした服装が苦手な方におすすめの商品です。

2. アウトドア用に作られた動きやすいパンツ
Snow Peak(スノーピーク) ノラギパンツ

有名アウトドアブランド・Snow Peak(スノーピーク)が開発したボトムウェア。日本古来の農作業着・野良着(のらぎ)をベースに作られています。

岡山で仕上げた刺し子をインディゴで染め上げた、ローテクアウトドアウェア。デザインがシンプルかつオシャレで、いろいろな服と合わせやすいアイテムです。ヒップから股下にかけてゆとりを持たせているため、クライミングパンツのように動きやすいのも嬉しいところ。野外活動用のボトムウェアがない方は、一着持っておくことをおすすめします。

3. 日焼け対策万全! 長ズボンが苦手な女性向けのタイツ
FILA(フィラ) フィットネス ロングタイツ

キャンプでもショートパンツや可愛いスカートを履いていきたい、といった女性にぴったりのアイテムがコチラ。イタリアのスポーツ用品メーカー、FILA(フィラ)が開発したスポーツタイツです。

ステッチワークがデザインのポイントとなっているフィラのロングタイツは、動きやすさも防寒具としての機能も申し分なく、手ごろな値段で購入できるところがおすすめポイント。UVカット処理もされているため、日焼け対策もバッチリです。吸水能力が高く、乾くのも早いため、水辺のキャンプにも向いていますよ。

4. 火の粉・泥汚れ対策に! 老舗グローブメーカーの本格ポンチョ
Grip Swany(グリップスワニー) ファイヤーポンチョ

丈夫なグローブ作りに定評のある、アメリカのグローブ制作会社・Grip Swany(グリップスワニー)製のファイヤーポンチョです。ファイヤーポンチョとは、キャンプの設営時や焚き火の管理をする際、泥汚れや火の粉から衣類を守ってくれるアウターウェアのことです。

必要なときだけサッと羽織ることができるため、「あたたかいアウターはあるけどオシャレな服だから汚したくない」と考える方におすすめです。春キャンプだけでなく、季節を選ばず年中使える点もポイント。夏場・冬場のキャンプでも、あなたの大事な衣服を火の粉や汚れからバッチリ守ってくれます。山でもオシャレを楽しみたい方は、購入を検討してみてはいかがでしょうか。

春キャンプは、暑さ・寒さの両方に対応できる服装がベスト

画像: 春キャンプは、暑さ・寒さの両方に対応できる服装がベスト

春先は暖かく過ごしやすい気温のため、夏や冬場に比べると初心者キャンパー向けの時期であることは確かです。だからと言って家や街中で過ごすような服装で挑むと、間違いなく痛い目を見ることになります。暑さにも寒さにも対応できるよう薄手のアウターを複数枚用意しておき、気温に合わせて着脱しましょう。

This article is a sponsored article by
''.