キャンプするマン(父)です。今回は100均で買える素材に簡単な金属加工をして焚き火台を作りたいと思います。DIYは試行錯誤しながらの苦労もありますが、イメージ通り完成したときには喜びと愛着が湧くなど作る楽しさが味わえます。この記事では素材選びから作り方までポイントを追って書きたいと思います。

100均で焚き火台の素材探し

画像: 100均で焚き火台の素材探し

焚き火台の素材を求めて100均のSeria(セリア)へ。必要なパーツは木を燃やす部分と脚。どんな形がいいのか、代用できるものは何かとイメージを膨らませつつ店内をうろつくのってすごい楽しいんですよね。そこで、私がたどり着いたモノを紹介します。

形をイメージすると素材選びが楽しくなる

今回イメージしたのは宇宙人。100均でボウルを手にして眺めていたときに唐突に思いつきました。明確なイメージが湧くことでそれぞれのパーツについて理想の形が見えてきます。

そのイメージをもとに「どれをどのように加工すればいいか」を考えながら楽しく選ぶことができるようになります

画像: 形をイメージすると素材選びが楽しくなる

形だけでなく、素材選びも重要!「ステンレス」を探そう!

焚き火をするとなると燃やす部分は耐熱温度が1000度以上のものを使う必要があります。そうすると素材は(100均にあるものとしては)ステンレスか鉄、ブリキに絞られてきます。

しかし!・・・以下の理由で、さらに素材選びを絞り込みます。

◎鉄素材は錆びやすいため、焚き火台のメインに使用するのはやめておきます。
◎ブリキは鉄に錆び防止のスズメッキを施したものですが、焚き火台に使うとメッキが剥がれてしまい、時間経過と共に錆びてしまうため使えません。

結果、選んだ素材としてはステンレスです。商品についているシールや札をみて「素材:ステンレス」と書いてあるものを探せばOKです。

100均購入リスト&有ると便利な工具

店内で何を買おうか色々迷いましたが、私が購入した商品を紹介します。

*ステンレスボウル(20cm)
*ステンレス皿
*プランタースタンド(この素材は鉄)
*蒸し&落し蓋プレート
*M4のボルト&蝶ナット(各2つずつ)

ホームセンターでM4のボルトと蝶ナットを2つずつ購入、それ以外は全て100均です。全部合わせても600円程度と安い!

有ると便利な工具としては、「電動ドリル」「ステップドリル」「金切りバサミ」「金切りノコギリ」「金属用ヤスリ」などを使用します。

工具をイチから揃えるとなると結構高くついてしまいますが、友人に借りるとかホームセンターのレンタル工具という選択肢もあります。

1つだけ説明しておきますと、ステップドリルというのは円錐状のドリルで、これが1つあれば色々なサイズの穴を空けることができるスグレものです。

宇宙人型焚き火台作りスタート

①ボウルの底に穴開け(宇宙人の頭部に火口を作る)

ボウルの底に穴を開けます。何もせずに直接ドリルを当てると、滑ってしまい穴開けが容易にできないので小さな凹みを先に作ります。

使わないドライバセット(100均でも売っている)の中にあった錐(キリ)の尻をハンマーで叩いていきます

画像1: 引用元:筆者撮影

引用元:筆者撮影

ステンレスは非常に穴を開けづらい素材なので、凹みを作るというよりも錐で小さな穴を開けてしまった方が、そこからドリルで広げていきやすいです。

画像2: 引用元:筆者撮影

引用元:筆者撮影

ドリルでハサミを入れられるくらいの穴を開けたら、そこから金切りハサミでさらに穴を広げていきます。渦巻き状に切っていくことで大きな穴にします。

切っただけではフチで手が切れてしまい危険です。金属用の棒やすりで縁をガリガリと削り触っても大丈夫な状態にしておく必要があります。このやすり作業はけっこう大変です。

②脚を作る(宇宙人の手脚を作る)

脚はポットハンガーの下の円(広い方の円部分)を切り離して作ります。金切りノコギリで溶接してある部分を切り離します。これもなかなか苦労します。

画像3: 引用元:筆者撮影

引用元:筆者撮影

脚ができました!

画像: ②脚を作る(宇宙人の手脚を作る)

どこかイラストの宇宙人に似てませんか?(笑)

③空気調整穴を作る・落し蓋を入れる(宇宙人の顔を作る)

ボウルの側面に目を2つ開けます。縦長にしたかったので、穴を2つ縦に開けてそれをつなぐことで縦長の目にします。穴を開ける手順は先ほどと同じで、錐で穴を開けてそこをステップドリルで広げます。

穴は1cmほどの大きさにしました。目の大きさと位置で表情が変わります。目だけではなく鼻や口など作ってみてもいいと思います。

画像4: 引用元:筆者撮影

引用元:筆者撮影

脚の上にステンレス皿を置き、さらに落し蓋を載せ先ほど穴をあけたステンレスボウルを穴あけした面を上にしてかぶせます。この落し蓋は蒸すことにも使えるように脚がついています。

これ(落とし蓋プレート)を中におくことで燃焼室の下に空間ができ、そこから空気が通って燃焼効率がよくなります。

④ボウルと皿を固定する(宇宙人の顔・胴体・脚を固定する)

ボウルと皿をネジでとめます。4mmの穴をボウルと皿に開けて、そこにネジを入れて蝶ナットでとめます。蝶ナットでプランタースタンドをおさえるようにすると、脚がずれることを防げます。

画像5: 引用元:筆者撮影

引用元:筆者撮影

⑤枝を入れる口を裏に作る、トップの形状を波状にする(宇宙人のエナジー補給口を作る・頭部火口の形状変更)

顔の裏に穴を開けてそこから切り広げて枝を入れる口を作ります。口で食事をとるのではなく、頭の裏からエネルギーを補給するイメージが浮かんだため裏に穴を開けました。

また、焚き火台のトップを波状に切ってみました。枝を立てて入れたときにずれにくくしたかったため変更してみました。

画像6: 引用元:筆者撮影

引用元:筆者撮影

金属を切ったあとは手を切りやすくなっていて危険です。

必ず金属ヤスリで端をやすりましょう。また、金属のちいさな切れ端が出ますがこれも足の裏に刺さったりしてとても危険です。

画像7: 引用元:筆者撮影

引用元:筆者撮影

実際に妻の足にささり怒られたことがあります。思わぬところにとんでいっていたりしますので掃除は念入りにしましょう。

⑥完成!(宇宙人完成)

画像8: 引用元:筆者撮影

引用元:筆者撮影

できました!宇宙人焚き火台です。けっこうかわいくできたんじゃないかと思います。実際に焚き火をしてみました。思ったよりもよく燃えてくれました!これは楽しい。

画像9: 引用元:筆者撮影

引用元:筆者撮影

サイズがコンパクトなので枝を短く折って入れる必要があります。焚き火台からはみ出して枝を入れてしまうと燃えた枝が焚き火台の外に落ちて危ないのではみ出さないようにしましょう。

焚き火台DIYの楽しさは火と遊ぶ感覚

画像: 焚き火台DIYの楽しさは火と遊ぶ感覚

焚き火台を自作すると、穴をどの位置にどの大きさで空けるかということや、どこから空気が抜けていくかということによって燃え方が違ってきます。また、宇宙人に見立てて遊び感覚で作ってみるのも楽しいです。

作ってみてテストして改良して、ということをやっていると火と遊んでる感覚になってきます。これが私が焚き火台のDIYが好きな理由です。100均のものでつくることで材料費は少なくてすみますので、失敗を恐れずに試行錯誤を楽しんでください。

This article is a sponsored article by
''.