「おぎやはぎのハピキャン(メ〜テレ(名古屋テレビ放送)制作)」は、豪華出演陣がプレゼンキャンパーの提案に沿ってキャンプの楽しみ方を掘り下げながら、キャンプならではのアクティブで充実した時間を体験する番組です。レギュラー放送一発目のプレゼンキャンパー、ヒロシさんが提唱する「ソロキャンプの楽しみ方」をサポートしてくれるのは、果たしてどんなキャンプギアなのでしょうか!

コンパクトだけど、座り心地は言うことなしの大人気チェア

画像1: Photo by 吉田 達史

Photo by 吉田 達史

キャンプ場に到着したら、とにもかくにも、まずは座りたい! でも、チェアはどこ? ちゃんと用意されていますよ、バッグの中に。メンバーに与えられたキャンプグッズ満載のバックパックから出てきたのは、ヘリノックスの「コンフォートチェア」でした。

バッグにすっぽり収納できるコンパクトさが、このチェアの最大の特徴。折りたたんだ時のサイズは直径14㎝ × 幅 35cm。重さは1kg以下。できるだけ荷物を小さく、軽くしたいキャンプにはうってつけです。

アルミ製のフレームパーツと帆布で構成されるシンプルな構造なので、組み立て方も実に簡単。フレームを組んで、背もたれと座面になる帆布を被せるようにセットするだけで、座り心地バツグンのチェアが完成します。そういえば、キャンプビギナーの矢作さんも、詳しい説明を受けることなく、あっという間に組み立てていましたね。

柔らかで素朴な質感の帆布は、お尻から背中にかけての部分をすっぽりと包むような形状。耐荷重は145kgもあるので、安心して体を預けられます。座面の高さは34㎝とやや低めの設定ですから、焚き火を囲むのにぴったりです。ゆったりと落ち着いた時間を過ごせるロースタイルキャンプでは、マストアイテムになるはずです。

多彩な調理も可能な、省スペース型「自分専用」グリル

画像2: Photo by 吉田 達史

Photo by 吉田 達史

大きなバーベキューグリルに火を入れて、みんなでワイワイ肉を焼く……のも楽しいのですが、今回のテーマは「ソロキャンプ」を極めること。好きなものを、好きな時に、自分だけのために調理する。そんな醍醐味を後押ししてくれる、ソロキャンパー必携のグリルをご紹介します。

キャプテンスタッグの「V型 スマートグリル <ミニ>」は、まさにその名の通り、小さくてスマートな「ちょうどいいサイズ」のグリル。幅23.5cm×高さ21㎝×奥行き18.5㎝のコンパクトボディながら、付属のゴトクや焼き網を駆使して多彩な料理が楽しめます。バーベキューはもちろん、鍋を載せて煮物を作ったり、お湯を沸かしたりもできるんです。

注目したいのはその扱いやすさ。折りたたむと厚さ4㎝程度のフラットな形状になり、キャリングケースに収納すれば持ち運びもラクラクです。少ないアクションで設営できるから、キャンプ場に到着したら、すぐに火おこしに取り掛かれます。ゴトクは可動式なので、炭の追加や火加減の調節もノーストレス。調理に、焚き火に大活躍するこのグリルがあれば、充実のソロキャンプを体験できること間違いなしです。

ひとつにまとめて持ち運べる、片手鍋&フライパンのセット

画像3: Photo by 吉田 達史

Photo by 吉田 達史

グリルは用意した。バーベキューはできる。でも、せっかくなら、煮物や炒め物も作りたい! 出演者のみなさんが、思い思いにメニューを考え、実際に調理に挑戦する際に活躍したのが、コールマンの「パックアウェイ クッカーセット」でした。直径15.3㎝×高さ9㎝の深底片手鍋と、直径16.5cmのフライパンが一体になったクッカーセットは、アルミ製で超軽量。いつもとは勝手の違う野外調理のシーンでも取り回しやすく、多彩な調理方法にしっかりと対応します。

鍋、フライパンともに、ハードな使用にも耐えられるようボディの外側には傷を防止する加工を。内側には焦げ付き防止加工、底にはゴトク上でも滑りにくいようにスパイラル状の加工が施されています。折りたたみ式のハンドル部分にはシリコンカバーを装備し、直火で熱せられたハンドルを握って火傷することもありません。

もちろん、キャンプギアである以上、収納・携帯のための機能性も抜かりなしです。使わない時はハンドルをボディに沿わせるようにたたみ、鍋とフライパンを重ね合わせることでひとつにまとめることができます。付属のメッシュポーチに収めれば「これ、ホントに鍋とフライパン?」と思うほどシンプルでコンパクトな姿に。絶品キャンプ飯を追求したいのなら、ぜひとも手元に置いておきたいアイテムです。

This article is a sponsored article by
''.