ワイルドかつコンパクトな外見と、悪路であろうと突き進んでいけるパワフルな走りがウリであるスズキの軽自動車ジムニー。近年ではソロキャンプの延長として、ジムニーでの一人旅やソロ車中泊が密かなブームとなりつつあります。そこで今回は、これからジムニーでソロ車中泊に挑戦する人に向けて、失敗しないコツと持っておくと便利な5つのグッズをご紹介します。

ジムニーで冬場のソロ車中泊を快適に過ごすためのコツ

車中泊でもくつろげる工夫や寒さ対策をご紹介します。

フルフラットの機能を活かす

ジムニーには、各シートを水平に倒して広いスペースを確保することのできる、フルフラット機能が備わっています。シートを倒してマットレスなどを敷けば、あっという間に簡易寝室の出来上がり。

通常のシートを倒して寝ようとすると、身体が斜めになっているため毛布がズレたり、寝袋が使いにくかったりと問題も発生しがちですが、フルフラットならそんな心配もありません。ジムニーで車中泊するなら、ぜひとも活用しましょう。

寒さの備えは十分に

車中泊は、自身の健康や周囲への配慮から、就寝の際にエンジンを切るのが暗黙の了解となっています。そのため、寝ている間は暖房抜きで冬の夜を過ごさなければいけません。

そこで大事になるのが防寒対策。毛布は複数枚を用意しておき、寒さに応じて枚数を変えると良いでしょう。また、カイロを始めとした電源要らずの暖房グッズを常備しておくのもおすすめです。

セキュリティ対策はしっかりと

自分の身は自分で守るのが、ソロ車中泊のセオリー。各種防犯グッズを車内に備えておき、スマートフォンの充電は絶対に切らさないよう心掛けましょう。特に、防犯ブザーや、目隠しとなるサンシェードなどは優先度の高い防犯グッズです。しっかり対策して、安心してくつろげる空間を作りましょう。

画像: セキュリティ対策はしっかりと

車中泊を支えてくれる、とっておきアイテム5選!

ジムニーでの車中泊を快適なものにしてくれる便利なアイテムを5つご紹介します。

1. 趣味職人 くるマット

【おすすめポイント】簡単&リーズナブルに快適空間を作れる

フルフラットにした際に発生する凹凸を無くし、より快適なベッドを作れる便利アイテムです。車種別に最適化されたサイズで展開されているため、ジムニー用を選びましょう。使用方法は倒したシートの上に広げるだけなので、とても簡単です。

ちなみにジムニーには純正のベッドクッションも販売されていますが、そちらは1セット34,560円(税込・メーカー希望小売価格)とかなりしっかりめなお値段。まずお手軽に試したい方は、その半額以下で済むこちらのグッズとお手持ちのマットレスの組み合わせから始めてみるのがおすすめです。

2. Winthome(ウィントホーム) 着る毛布

【おすすめポイント】寝具にも防寒具にもなる優れもの

冬場に一枚持っておくと便利なのがこちらのグッズ。ロングコートのように着用して使うタイプの毛布です。着丈が190cmもあるので、男女問わず着用可能なのもポイント。

防寒着のように袖を通して使用するため、寝返りを打ってもズリ落ちてくる心配がありません。手の自由が利くので、通常の毛布よりも快適に車中泊を過ごせるでしょう。

画像: www.amazon.co.jp
www.amazon.co.jp

3. 遮光防水プライバシーサンシェード

【おすすめポイント】プライバシーの保護だけでなく、車内の温度も保つマルチシェード

車中泊で自身の安全・プライバシーを守るために用意しておきたいのが、ガラスに取り付けるサンシェードです。こちらのグッズはジムニー向けなので、ドアガラスにジャストフィットします。防水処理が施されているので、ガラスの結露で湿って外れてしまう心配もありません。

こちらはリアガラス1枚と後部座席ドアガラス2枚のセットなので、しっかり遮光したい方は別売りのフロンガラス用とフロントサイド用もあわせて購入しましょう。

4. GENTOS(ジェントス) LEDランタン エクスプローラーシリーズ SOL-036C

【おすすめポイント】3色調色が可能なコンパクトランタン

室内灯はバッテリーに負担をかけるので、別個に電灯を一つ用意しておくのがベター。そこで便利なのがこちらの乾電池で動くランタンです。LED電球を使用するので、火元のトラブルを心配する必要がありません。

気分や用途に合わせ白色・昼白色・暖色の切り替えができます。場所を取らないジェントスのランタンは、防滴仕様で連続点灯14時間という頼もしい一品です。

5. LingLang リモートコントロール 振動アラーム

【おすすめポイント】7段階もの細かい感度調整が可能

7段階の感度調整と、6種類のアラーム音の設定が可能な防犯アラームです。車から離れた際や就寝時にやってくる車上荒らし対策として機能します。

乾電池式のためパッと車に取り付けるだけで設置も簡単! 感度も細かく設定できるので、敏感過ぎるor鈍感すぎるといった問題とは無縁の優れものです。

ジムニーでの冬のソロ車中泊は下準備が大事

画像: ジムニーでの冬のソロ車中泊は下準備が大事

フルフラットの機能を持つジムニーは、軽自動車の中でも特にソロ車中泊に向いている車種です。しかし、冬の寒さや車上荒らしからは、流石のジムニーも守ってはくれません。自身の身を守るのは、あくまで自分です。冬の車中泊を甘く見ることなく、入念な準備をしてから出かけるよう心がけましょう。

This article is a sponsored article by
''.