子供だけでなく、参加している大人も含め、皆がハッピーに過ごせる楽しいキャンプをするために、キャンプ場選びは重要です。ステキなキャンプ場と出会えれば、あとは何とかなるものなのです。ということで今回は、「ステキなキャンプ場は、どのような視点で選んだら良いの?」と考えているパパママへ向けて、『ファミリーのキャンプ場選び』についてお知らせします

行き先を決定! ポイントは2時間以内 近郊のキャンプ場で体力を温存しておこう

画像: 行き先を決定! ポイントは2時間以内 近郊のキャンプ場で体力を温存しておこう

行き先は、できれば自宅から2時間以内で行ける場所を選びましょう。キャンプでは、出かける前の荷物積込み、買い出し、キャンプ場までの移動と結構体力を使います。そこからテントの設営をしてキャンプご飯作りをするとなると・・・できる限り体力は温存しておいた方が良いです。

車酔いをしたり、急な体調不良も考えられます。いざという時に対応するためにも、あまり遠すぎない場所の方が安心です。渋滞が多い道路、迂回路などもチェックしておけば完璧です。

車がテントに横付けできる! オートキャンプサイトで、ファミリーキャンプの荷物運びの負担を軽減

画像: 【静岡県】田貫湖キャンプ場 富士山がキレイに見え、日本の中でも人気のキャンプ場ですが、オートサイトではないので雨が降るとちょっと大変です。

【静岡県】田貫湖キャンプ場 富士山がキレイに見え、日本の中でも人気のキャンプ場ですが、オートサイトではないので雨が降るとちょっと大変です。

キャンプ場は大きく分けると、車を横付けできる「オートサイト」とそうでないサイトがあります。ファミリーキャンプには「オートサイト」がオススメです。荷物を運ぶために、駐車場とキャンプサイトを行ったり来たりするのは大変です。車が横付けできれば荷物を全て降ろさなくても良い場合もあり、負担がかなり軽減されます。雨が降ってきた時には避難場所にもなりますし、荷物をあまり濡らさずに撤収できます。

インターネットに公式サイトが無いことも?! ガイドブックとインターネットの合わせ技で情報収集

画像: 一般社団法人 日本オートキャンプ協会 発行「オートキャンプハンドブック&ロケーションガイド」

一般社団法人 日本オートキャンプ協会 発行「オートキャンプハンドブック&ロケーションガイド」

行きたい「○○県」が決まったら、ガイドブックとインターネットの合わせ技でオートキャンプ場を探します。地図を見てみると、お隣の県でも思ったより近かったという場合もあるので、アナログなガイドブックもやっぱり便利です。また、どちらか一方にしか情報がなかったり、インターネットの公式サイトがないキャンプ場もありますので、そんな時は電話で問い合わせたり、個人のブログなどをチェックして情報を集めていきます。こういう準備時間もキャンプ前の楽しい時間です。

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.