スキレットとは、鋳鉄で作られている分厚いフライパンのことです。素材の特性上、蓄熱性が高いため、食材にムラなく火を通すことができます。キャンプでお肉を美味しく焼くためには必須のアイテムともいえます!ただその反面、鉄でできているため、非常にサビやすいという特徴も抱えていますそのため、スキレットを使用する前には、サビを防ぐためにシーズニングと呼ばれる作業が必要になります。今回は、「シーズニングとかよく分からないし、手入れとか難しそう」と考え、スキレット購入をためらっている初心者キャンパーのために、スキレットのシーズニングとお手入れの方法についてご紹介します。サビを防ぐために重要な工程! スキレットを購入したら、すぐにシーズニングしよう!

サビを防ぐために重要な工程! スキレットを購入したら、すぐにシーズニングしよう!

そもそも、シーズニングとはスキレット表面に油を馴染ませる慣らし作業のことです。普通のフライパンにはサビや焦げ付きが出ないようにするため、テフロンなどのコーティングが施されています。しかし、鋳鉄のスキレットにはそのコーティングがありませんので、サビが出ないようにするためにシーズニングを定期的に行う必要があるのです。特に、スキレットを購入して初めて使用する前には、シーズニングが必要になります。(注:ブランドによっては、初めからシーズニングが施されている商品もあります)

画像: サビを防ぐために重要な工程! スキレットを購入したら、すぐにシーズニングしよう!

作業手順をわかりやすく解説!シーズニングの方法をしっかり学んでサビ対策しよう!

スキレットにシーズニングが必要な理由がわかったところで、実際のシーズニングの作業手順を説明します。

用意するもの
台所用洗剤、たわし、食用油(塩分が含まれていないもの)、キッチンペーパー、使わない野菜や果物の皮、菜箸

①洗浄

まず、台所用洗剤でサビ止めを洗い落とします。洗剤とたわしでサビ止めをゴシゴシ流していきましょう。

画像: ①洗浄

②沸騰

洗剤を流したらスキレットに薄く水を張り沸騰させます。これは残っている可能性のあるサビ止めなどを完全に落とすためです。スキレットのお湯を捨てたら水分をしっかり拭いて(水分がサビの原因になります)冷まします。

画像: ②沸騰

➂空焚き

スキレットの温度に気を付けながら、空焚きをします。といっても単にスキレットをまんべんなく熱するだけです。強火でしっかりと焼き入れし、スキレットが白っぽくなったら終了してください。焼き入れしたスキレットは非常に温度が高くなっているので、くれぐれも火傷にはご注意下さい。 

画像: ➂空焚き

④油塗

焼き入れしたスキレット本体にオリーブオイルを塗ります。この際キッチンペーパーを使うとスムーズに適量の油を使用できます。薄くムラなく、油を伸ばすイメージで作業してください。そしてこの状態でスキレットを5分ほど弱火にかけ、その後、火からおろして冷まします。

画像: ④油塗

⑤炒める 

最後に、もう一度オリーブオイルを塗り、野菜を炒めて鉄のにおいを取り除きます。野菜の量はスキレットの三分の二ほどあれば十分です!特にネギ類の野菜は鉄の匂いを打ち消すのに適しています。

画像: ⑤炒める

⑥最後の油塗 

野菜を炒め終わったらスキレットから取り出し、再度スキレットに油を塗りこみます。この油が乾いたら、シーズニングは完了です。シーズニング実施前に比べ、スキレットが黒っぽくなっていればシーズニング成功です!

画像: ⑥最後の油塗

サビが出たら、すぐにタワシやヤスリで削ろう!

スキレットは鉄でできているので、どうしてもサビが出やすいです。万が一錆びついてしまった場合はどうすればよいのでしょうか。

鉄は水や空気、汚れによって酸化し、酸化鉄(サビ)になります。スキレットの表面が錆びてしまっても、内部は水や空気・汚れが達しておらず、錆びていないという場合が多いです。つまり表面のサビを削り取ることで、復活させることが可能です。

もちろん、そのまま放置すると内部まで錆びてしまいます。サビに気づいたときは、とにかく早めに取り除くことが大事です。たわしややすり等を使って削り取りましょう。スキレットを強火で熱し、サビをあらかじめ焼き切っておくと、取れやすくなります。そのあとは必ずシーズニングを行い、再発を防ぎましょう。

画像: サビが出たら、すぐにタワシやヤスリで削ろう!

毎回のシーズニングでサビ対策をしてスキレットを長持ちさせよう!

画像: 毎回のシーズニングでサビ対策をしてスキレットを長持ちさせよう!

スキレットは使うたびにシーズニングが必要になるなど、普通のフライパンよりやや面倒な点もあります。しかし、定期的にメンテナンスをすることで、「何年も長く使うことができる」という点が、最大の魅力でもあるのです。まさに「物を大切に使いたい人」向けのキャンプギアだといえます。これからスキレットを買おうと思っている方も、既に持っているという方も、正しい手入れで長持ちさせてあげてください。

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.