スキレットとは、鋳鉄で作られている分厚いフライパンのことです。素材の特性上、蓄熱性が高いため、食材にムラなく火を通すことができます。キャンプでお肉を美味しく焼くためには必須のアイテムともいえるスキレットですが、「シーズニングとかよく分からないし、手入れとか難しそう」と思って購入をためらっている初心者キャンパーも多くいます。今回は、そんな人のために、スキレットのシーズニングとお手入れの方法についてご紹介します。

スキレットを購入したら、すぐにシーズニングをしてサビ対策をしよう!

スキレットを買ってきたら、さっそく「シーズニング」を行います。シーズニングとは、スキレット表面に油を馴染ませる慣らし作業のことです。普通のフライパンにはサビや焦げ付きが出ないようにするため、テフロンなどのコーティングが施されています。しかし、鋳鉄のスキレットにはそのコーティングがありませんので、サビが出ないようにするためにシーズニングを定期的に行う必要があるのです。(注:ブランドによっては、初めからシーズニングが施されている商品もあります)

まず、スキレット本体にオリーブオイルを塗ります。次に5分ほど弱火にかけ、その後、火からおろして冷まします。最後に、もう一度オリーブオイルを塗り、野菜を炒めて鉄のにおいを取り除けば、シーズニングは完了です。このとき炒める野菜は、くず野菜やみかんの皮などで構いません。

画像: スキレットを購入したら、すぐにシーズニングをしてサビ対策をしよう!

シーズニングの頻度は毎回がベスト!スキレットを使ったら、必ずシーズニングをしよう

スキレットの洗い方

汚れが付着したまま放置してしまうと、鉄が酸化しサビの原因になります。スキレットを使った後は、すぐに汚れを洗い流しましょう。同じ理由で、スキレットの上に料理をのせっぱなしにするのもNGです。

洗う際は、台所用洗剤ではなく、お湯を使います。洗剤を使って洗うと、せっかく作った油膜まで洗い流してしまいます。サビの原因になるので、研磨剤の入ったクレンザー等の使用も控えてください。お湯とスポンジを使って軽くこすり、汚れを落としていきましょう。お湯だけで焦げが落ちない場合は、重曹を使用してください。

次にシーズニングをします。空焚きをしてスキレットをしっかりと乾かします。乾燥したら、オリーブオイルを表面に塗り、再び空焚きをします。

シーズニングは毎回行いましょう

シーズニングはスキレットを使う度に必ず行ないましょう。毎回することで表面に油が染み込んでいき、サビや焦げ付きに強いものに成長していきます。普通のフライパンにはコーティングがしてあり、剥がれると焦げ付いてしまいます。一方、スキレットは毎回シーズニングをすることで、オリーブオイルがその役割を果たし、焦げ付かずに長く使うことができます。

画像: シーズニングは毎回行いましょう

サビが出たら、すぐにタワシやヤスリで削ろう!

スキレットは鉄でできているので、どうしてもサビが出やすいです。万が一錆びついてしまった場合はどうすればよいのでしょうか。

鉄は水や空気、汚れによって酸化し、酸化鉄(サビ)になります。スキレットの表面が錆びてしまっても、内部は水や空気・汚れが達しておらず、錆びていないという場合が多いです。つまり表面のサビを削り取ることで、復活させることが可能です。

もちろん、そのまま放置すると内部まで錆びてしまいます。サビに気づいたときは、とにかく早めに取り除くことが大事です。たわしややすり等を使って削り取りましょう。スキレットを強火で熱し、サビをあらかじめ焼き切っておくと、取れやすくなります。そのあとは必ずシーズニングを行い、再発を防ぎましょう。

画像: サビが出たら、すぐにタワシやヤスリで削ろう!

毎回のシーズニングでサビ対策をしてスキレットを長持ちさせよう!

画像: 毎回のシーズニングでサビ対策をしてスキレットを長持ちさせよう!

スキレットは使うたびにシーズニングが必要になるなど、普通のフライパンよりやや面倒な点もあります。しかし、定期的にメンテナンスをすることで、「何年も長く使うことができる」という点が、最大の魅力でもあるのです。まさに「物を大切に使いたい人」向けのキャンプギアだといえます。これからスキレットを買おうと思っている方も、既に持っているという方も、正しい手入れで長持ちさせてあげてください。

ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.