簡単に美味しく調理ができると話題のスキレットは、鋳鉄(ちゅうてつ)製の厚手のフライパンです。見た目が可愛いので、調理してそのまま食卓に並べてもおしゃれ。キャンプ用にはもちろん、普段使い用に購入する方も多いですよ。スキレットの魅力や、おすすめメーカーを紹介します。

料理が美味しくなる? スキレットの3つの魅力

まんべんなく食材に火を通せる

鉄製フライパンであるスキレット。分厚い鉄でできているため、熱をゆっくり均一に伝えることができます。これにより、食材のうまみを引き出せるので、スキレットで調理すると美味しくなると言われているのです。

焼く・煮る以外にもさまざまな調理が可能

通常のフライパンのように、焼く・煮るなどの調理はもちろん、オーブン料理に使用することもできます。また、スキレットカバー(蓋)があれば、蒸す・燻すなどの調理も可能に。IH対応のものもあるので、コンロがないご家庭にもおすすめです。

キャンプ以外でも大活躍

スキレットはキャンプ・アウトドア用品というイメージが強いですが、さまざまな調理方法ができるので普段使いの調理器具としても人気です。重たい鉄のフライパンは扱いづらいですが、小ぶりのスキレットなら女性の方でも楽々扱うことができます。

画像: www.amazon.co.jp
www.amazon.co.jp

ここからは、ぜひキャンプで使ってほしい「おすすめのスキレット」を5つご紹介していきます。

1. LODGE(ロッジ) スキレット9インチ

【おすすめポイント】アメリカ人気ナンバーワンの鉄製調理器具メーカー

アメリカの鉄製調理器具メーカーといえばLODGE(ロッジ)。長く使える頑丈なスキレットを探しているのであれば、LODGE製のものがおすすめです。通常、スキレットの使い始めには「シーズニング」と呼ばれる作業が必要になりますが、LODGEのスキレットはすべてシーズニング済み。そのため、手軽に使い始められるのがポイントです。鉄製のスキレットカバーと一緒に購入すれば、調理の幅が広がりますよ。

LODGEのスキレットはサイズ展開が豊富なので、用途にあったものを手に入れられるのも嬉しいところ。こちらの商品は9インチ(約23cm)のやや大きめのスキレットで、焼く・煮るといった調理からオーブン調理まで幅広く使用することが可能です。メイン料理を調理してスキレットのまま食卓に出せば、迫力もあって食卓も華やかになります。スキレットをさまざまに活用したい場合は、大きめのものを購入しましょう。

2. ニトリ スキレット鍋15cm

【おすすめポイント】ニトスキの愛称で知られるコスパ抜群のスキレット

スキレット人気の火付け役ともいえるニトリのスキレット。シンプルで使いやすいデザインはもちろん、お手頃価格が人気の理由です。「ニトスキ」という愛称で呼ばれ、SNSでニトスキの活用例をたくさん目にすることができます。ニトスキで調理するだけで、いつもの料理がちょっとグレードアップして見えますよ。

ニトリのスキレットは15cmと19cmのものがありますが、こちらは小ぶりな15cmタイプ。メーカー希望小売価格は500円を切るということもあり、スキレットを試しに使ってみたいという方でも手軽に購入できるのが嬉しいですよね。一人分の料理を作るのにピッタリのサイズで、ニトスキ15cmを使ったレシピがネット上でたくさん紹介されています。

3. CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ) スキレット16cm

【おすすめポイント】アウトドアから普段使いまで大活躍のスキレット

アウトドアでスキレットを使いたいという方は、キャンプ・アウトドアメーカーのスキレットを選択するのがおすすめです。CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)は初心者から上級者までさまざまな方に愛用されているアウトドアメーカーであり、スキレットも取り扱っていますよ。

安いスキレットは本体が薄いものが多いですが、CAPTAIN STAGのスキレットはお手頃価格ながらしっかりと厚みがあるのが特徴です。やや深めの設計になっているので、煮込み料理にもおすすめですよ。

4. スケーター 2WAYスキレット

【おすすめポイント】おしゃれなスキレットカバーに注目

スキレットを購入するときに迷うのが、片手持ちタイプか両手持ちタイプかですよね。取っ手が取り外しできる2WAYタイプのものなら、用途によって使い分けることができるので便利ですよ。コンロで調理するときは片手持ちスキレットとして使い、オーブン調理のときは邪魔になる取っ手を取り外す、というような使い方ができます。

スケーターの2WAYスキレットは取っ手が取り外し可能で、片手持ちとしても両手持ちとしても使える便利なスキレットです。調理スタイルが選べるだけではなく、スキレットを使わないときは本体内部に取っ手をスマートに収納できるのもポイント。かさばらないのでアウトドアにもおすすめです。また、おしゃれなスキレットカバーは、裏返せばフライパンとしても活用できる優れものですよ。

5. イシガキ産業 スキレット12cm

【おすすめポイント】小ぶりで扱いやすくオーブン調理にも最適

鉄製のずっしりとした重量感がスキレットの魅力ではありますが、重く扱いづらいのがネックにもなります。鉄製の調理器具を使うのが初めて、また、キャンプやアウトドア用に持ち運びが楽なスキレットを探しているという場合は、小ぶりのサイズのものを選ぶのがおすすめですよ。

イシガキ産業は現在ではさまざまなキッチン用品を展開していますが、もともとは鉄鋳物製品の販売から始まった老舗の鉄鋳物メーカーです。スキレット以外にもさまざまな鉄製調理器具を取り扱っており、価格も手頃なので、いくつか揃えてみても良いかもしれません。イシガキ産業のスキレットの最小サイズは12cm。かなり小ぶりですが、少量の調理やオーブン調理には最適です。スキレット入門用に購入してみてはいかがでしょうか。

自分に合ったスキレットを選んで食卓を豊かに彩ろう

画像: 自分に合ったスキレットを選んで食卓を豊かに彩ろう

スキレットは焼くだけではなく、オーブン調理や、スキレットカバーと組み合わせて蒸す・燻す調理もできる万能調理器具です。長く使うにはメンテナンスが必要になりますが、使う程に味が出てくるのも魅力のひとつ。自分の用途にあったスキレットを選んで、お手入れしながら大切に使っていきたいですね。

This article is a sponsored article by
''.