夏キャンプの大敵といえば暑さ!虫も多い夏はオフシーズンと答えるキャンパーも多いのではないでしょうか。そんな夏キャンプにもオススメなのが、西日本のなかでもNo.1の高さを誇るオートキャンプ場「御岳自然休養林 胡桃島(くるみじま)キャンプ場」です。標高1,850mと涼しく快適なうえ、車もサイトに横付けできるので、キャンプ初心者でも手軽に避暑キャンプを楽しめますよ!

岐阜県高山市「胡桃島(くるみじま)キャンプ場」は西日本屈指の標高の高いオートキャンプ場

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

「胡桃島キャンプ場」は標高1,850mの高山に位置するオートキャンプ場です。

目の前には雄大な御岳を眺められ、あたりには乗鞍岳などの大自然に囲まれた林間キャンプが楽しめます。

標高が高いので夏でも涼しく、避暑キャンプにもオススメ。森林浴やバードウォッチングなどをするのにもぴったりです。

まずはキャンプ場までのアクセスや受付での支払い方法などをチェックしていきましょう!

キャンプ場名称御岳自然林養林 胡桃島キャンプ場
住所〒509-3313 岐阜県高山市朝日町胡桃島
電話番号0576-62-3349
営業期間キャンプサイト:6月~9月、コテージ:4月下旬~10月
公式サイトhttp://www.gix.or.jp/~z33asahi/camp.html
アクセス案内高山ICから車で90分
施設タイプオートサイト(59区画)、コテージ(7棟)
利用時間チェックイン 14:00~18:00
チェックアウト 8:00~12:00
ロケーション林間
場内設備ゴミ捨て場
ランドリー
バイオトイレ
売店
自動販売機
炊事棟
アクティビティ登山、トレッキング
地面土、ウッドデッキ
caption

アクセスは御岳山の麓という事もあり最寄りのICからは遠いですが、国道や一般道の整備はシッカリしているので安全に向かう事ができますよ。

利用料金

入場料料金
中学生以上500円
小学生300円
caption
サイト種類料金(1泊あたり)
オートキャンプ2,600円(1サイト)
バイク1,100円(1台)
caption
コテージ宿泊人数料金
基本料金5~6名
4名
3名
1~2名
20,700円
18,200円
17,100円
11,300円
caption

レンタルも可能

品名料金(一日)備考
バ-ベキュ-コンロのみ(5~6人用)
(炭・イス・テ-ブルは、付属おりません。)
1,000円1台
バ-ベキュ-コンロのみ(10~15人用)
(炭・イス・テ-ブルは、付属おりません。)
2,000円1台
バ-ベキュ-用テント(5~6人用)1,500円1張り
バ-ベキュ-用テント(7~8人用)2,000円1張り
バ-ベキュ-用テント(15人用)3,000円1張り
貸しテント 1張り(5~6人用)1,500円1張り
毛 布 (テントサイト専用)100円1枚
ホットプレ-ト (コテ-ジ専用)500円1台
caption

また、レンタル品はありますが、食料品・日用品等販売しているス-パ-・コンビニ等は周辺にないので事前に購入して来場するのが無難ですよ。

ちなみにス-パ-等がある高山市内や木曽町までは、キャンプ場より約1時間~約1時間30分かかるので忘れ物をしないようにしましょう。

「胡桃島キャンプ場」のテントサイト

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

サイトは「多目的広場に面したサイト」と、「林間サイト」に分けられています。

多目的広場周辺サイト

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

サイトには広くはありませんがデッキスペースがあり、小型の自立式テントなら急な天候悪化も含めてウッドデッキ上でのテント設営も有りだと思います。

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

車の横づけがしやすい多目的広場に面したサイトは、広いのですが目の前に避難小屋があります。

人工物が見えないサイトがお好みの方は林間サイト利用がオススメです。

林間サイト

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

林間サイトも車の乗り入れが可能で、砂利道ではありますが道も整備されているので安全に利用できます。

画像6: 筆者撮影

筆者撮影

高木が多い林間サイトなら夏の強い日差しも遮ってくれますので、避暑キャンプで利用するにはコチラの方がオススメです!

ただ、サイト自体は広くないので大型テントでの使用は困難です。

「胡桃島キャンプ場」は長期滞在可能な設備も完備!

画像7: 筆者撮影

筆者撮影

キャンプ場の入り口付近にあるのが受付のある管理棟で、ここでは自販機やランドリースペースも完備されています。

ランドリースペース・ゴミステーション

画像8: 筆者撮影

筆者撮影

周りは自然しかありませんが、避暑キャンプで長期滞在出来るようにランドリーを完備されているのは有難いですね。

画像9: 筆者撮影

筆者撮影

また、炊事場のほか、管理棟横にもゴミ捨て場があり分別して処分してくれるので、長期滞在キャンプも可能になります。

炊事場・かまど

画像10: 筆者撮影

筆者撮影

キャンプ場内の中心部にある炊事場では、湧き水を利用しているので飲料にするには煮沸が必須です。

かまどもあるので最低限の装備のバイクキャンパーも直火調理が可能になります。

画像11: 筆者撮影

筆者撮影

また、キャンプ場の奥にも簡易的な水場があり、常に水が出続けているので飲み物を冷やしたりするには重宝します。

トイレは汲み取りとバイオトイレ

画像12: 筆者撮影

筆者撮影

キャンプで重要になるのがトイレ施設ですが、胡桃島キャンプ場では中心部に2種類のトイレがあります。

画像13: 筆者撮影

筆者撮影

ひとつがおがくずをを利用した環境に優しいバイオトイレ。

登山をされる方なら目にする機会も多いと思いますが、中は綺麗に清掃されているので女性でも安心して利用できますよ。

画像14: 筆者撮影

筆者撮影

もうひとつの汲み取りトイレはかなり年季が入っており、老朽化も激しいですが清掃状況も悪くなく、男性であれば気にせず利用できるレベルです。

This article is a sponsored article by
''.