アメリカ在住のアウトドアライター舟津です。コロナでなかなか日本に帰れなかったのですが、先日やっと日本へ帰国。久々の日本ですが、暑くなる前にスノーピーク奥日田キャンプフィールドでキャンプを楽しんできました!今回は、標高950mを誇る絶景が眺める「スノーピーク奥日田キャンプフィールド」の特徴やおすすめサイトを紹介したいと思います。

スノーピーク奥日田キャンプフィールドとは?

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

「スノーピーク奥日田キャンプフィールド」は、九州唯一のスノーピーク直営キャンプ場です。

場所は、温泉とひな人形が有名な大分県の日田の中心地豆田町から車で40分ほど。町からさほど距離はありませんが、とにかく行くまでは山道をぐるぐる登ります。一瞬「本当にここでいいのか?」と思ってしまいますが、山道の途中から「スノーピーク」の看板が案内してくれました。

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

「スノーピーク奥日田キャンプフィールド」の特徴は、標高が高いところにあるため、眺望がよく、運が良ければ雲海が見られ、夏のグリーンや冬の雪など四季折々の景色が楽しめるところ。

フリーサイトや区画電源オートサイトなど、数種類のサイトタイプがあり、自分のキャンプスタイルに合わせてサイトが選べ、テントやタープの貸し出しや、「手ぶらCAMPプラン」もあり、初心者でも気軽にキャンプが楽しめるところです。

スノーピーク奥日田キャンプフィールド

所在地 〒877-0212大分県前津江町大野64-1

サイト利用料:全サイト共通¥3,850 +¥400(リサイクル料金)
(1サイト6名、車1台、テント・タープ1張)

それぞれのサイトタイプの特徴は...

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

「スノーピーク奥日田キャンプフィールド」は4つのタイプのキャンプサイトがあります。

フリーサイト(サイト数:15)

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

その名の通り、サイト内の好きなところにテントを設営できる場所。ただし、車は横付けできず指定の場所に駐車(しかし、離れていない)。ひらけたスペースで開放感があり、サイトから眼下が望める眺望がよい人気サイト。

電源:X
車の横付け:X

フリーオートサイト(サイト数:15)

上記のサイト同様フリーサイトですが、ここは車の横付けが可能。森に囲まれ、緑に包み込まれるようなマイナスイオンをたっぷり感じられるサイトです。木の下にテントを設営すれば、木陰ができ夏は直射日光を当たらずにすむ。

電源:X
車の横付け:〇

区画電源オートサイト(サイト数:43)

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

各サイトに電源・照明・水道付き。(現在水道は使用禁止)ここも木々に囲まれ、ひとサイトごと区画されているため、プライベート感あり!木があるので、木陰ができ涼しい。場所が決まっているため、初心者でも周りを気にせずテントが設営できる。

電源:〇
車の横付け:〇

N区画電源オートサイト(サイト数:13)

画像6: 筆者撮影

筆者撮影

1番高い場所にあり、管理棟やシャワーなどの施設横で利便性がよい電源付きサイト。ひらけた場所にあり、木などサイトを仕切るものがないため、グループで数サイト利用する場合にもおすすめ。

電源:〇
車の横付け:〇

各サイトの特徴まとめ

眺望がいいプライベート感グループ向き初心者向き車の横付け
フリーサイト×
フリーオートサイト
区画電源オートサイト
N区画電源オートサイト

初心者には、電源があるサイトの方がいざというとき便利。冬は寒くなるため、寒い季節は電源サイトは重宝します。

景色重視の人は、断然フリーサイトがおすすめ!ここからは眼下に広がる景色が見られ、運が良ければ雲海を見ることも!

また、N区画電源オートサイトとフリーサイトはひらけているため、天体観測にもおすすめです。

This article is a sponsored article by
''.