Coleman(コールマン)の人気焚き火台『ファイアーディスク』を入手しました! 設置も片付けも想像以上の手軽さで、筆者ファミリーも大感激。シンプルな構造で使いやすさ抜群でありながら、焚き火の炎も美しく眺められ、さらに耐久性も兼ね備えた『ファイアーディスク』の魅力を存分にレビューします。

『ファイアーディスク』はコールマン(Coleman)定番の焚き火台|ファミリーからソロまで人気のモデル

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

『ファイアーディスク』はコールマン(Coleman)定番の焚き火台です。

高い耐久性を誇りながら、価格も1万円以下。さまざまなメーカーから販売されている焚き火台の中でも、かなりリーズナブルです。

構造もシンプルでコンパクトに収納することもできるので、ファミリーに人気のモデルとなっています。

2021年には、ひと回り小さな『ファイアーディスク ソロ』も登場。さらにコンパクトで計量になり、愛用者を増やしています。

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

筆者ファミリーは、焚き火大好きな夫が『ファイアーディスク ソロ』をソロキャンプ用の焚き火台として購入。

しかし買ったはいいもののなかなかソロキャンプに行く予定が立たず、どうしても早く使ってみたい!とファミリーキャンプでフィールドデビュー。

実際に使ってみて体感した設置の早さ、後片付けの簡単さに感動して、ノーマルサイズの購入にまで至ったわけです。

今回はそんなコールマンのファイアーディスクを徹底レビューしていきます!

『ファイアーディスク』のラインナップをチェックしてみた

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

2022年5月現在、『ファイアーディスク』は、ノーマルサイズとソロサイズの2種類がラインナップされています。

まずその2種類のスペックを比較してみましょう。

製品名ファイアーディスク ソロファイアーディスク
使用時サイズ約φ30×16(h)cm約φ45 x 23 (h) cm
収納時サイズ約φ32×10(h)cm約φ46X 8.5(h) cm
重量約620g約1.6kg
材質ステンレスステンレス
価格4,990円(税込み)7,990円(税込み)
caption
画像1: コールマン(Coleman)の『ファイアーディスク』レビュー! 設置も片付けも簡単♪お手軽に焚き火を楽しもう
コールマン(Coleman) 焚火台 ファイアーディスク 直径約45cm 重量約1.6kg 2000031235
ビギナーが簡単に焚き火ができることに特化したオールインワンモデル。<br>オールステンレス製で安心。通気性抜群の焚火台。<br>3秒設営、簡単撤収可能な優れもの。<br>バーベキュー用の炭を入れ易い焼き網付。<br>厚さ約10cmになるのでコンパクトに収納できる。
サイズ:使用時/約直径45×高さ23cm、収納時/約直径46×高さ8.5cm
重量:約1.6kg
材質:ステンレス
耐荷重:約30kg(ダッチオーブン3サイズに対応)
¥4,809
2022-04-12 11:23
画像2: コールマン(Coleman)の『ファイアーディスク』レビュー! 設置も片付けも簡単♪お手軽に焚き火を楽しもう
コールマン(Coleman) 焚き火台 ファイアーディスクソロ 直径約30cm
使用サイズ:約直径30×16(高さ)cm
収納サイズ:約直径32X 10(高さ) cm
本体重量:約 620 g(網込み約800g)
耐荷重:約25kg
¥2,991
2022-04-12 11:27

大きな違いは受け皿の大きさ!

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

並べてみると、受け皿の大きさは直径で15cmの違いがあります

ノーマルサイズの方は直径45cmあるので、一般的に販売されている薪がそのまま乗せられるサイズです。

ソロのほうは直径30cmで、薪ははみ出してしまいます

ソロの方で大きな薪を使用する際は、焚き火シートなどを敷いて、燃えた薪が落ちても芝生が焼けないように気を付けた方がいいですね

脚の高さが違うので輻射熱に注意が必要!

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

脚の高さは、ソロが16cm、ノーマルが23cmで7cmの差があります。

脚が低い場合、焚き火の輻射熱で芝生が焼けてしまうことがあるので、心配な場合は焚き火シートを使用しましょう。

This article is a sponsored article by
''.