今話題の『カップヌードルチャーハン』を知っていますか?テレビやSNSで紹介され、「味付けいらずでおいしい!」と話題になっています。日清の『カップヌードル』は多くの種類が販売されており、今回はどの味が一番おいしいのか、定番の9種類を使って筆者が試しに作ってみました。簡単な感想とともに、1番おいしかった味を発表します!

各味作って試食! あなたはどの味が好み?

では、それぞれの味でどんどん作っていきましょう!

似たようなお写真が続きますが、お付き合いください!

カップヌードル シーフードヌードル

画像11: 筆者撮影

筆者撮影

1984年から販売されている人気のシーフードヌードル

魚介の旨味がたっぷりの白濁スープに、イカやカニカマなどの具が入っています。

画像12: 筆者撮影

筆者撮影

このとき、ちょっと水が多かったので、なかなか水分が飛んでくれませんでした。水の入れすぎには注意です。

画像13: 筆者撮影

筆者撮影

出来上がり!

画像2: tammy

tammy

魚介の風味がしっかりと効いていて、ポークベースのスープがご飯に絡んでこちらもおいしい!

具材に入っているキャベツがシャキシャキ甘くて、いいアクセントでした。

具材にキャベツが入っているどの味もそうでしたが、キャベツの食感がすごくいい仕事をしていました。

カップヌードル カレー

画像14: 筆者撮影

筆者撮影

1973年から発売されている『カップヌードル』の次に歴史のある、カレー

少しとろみのあるスープが麺に絡んで、根強いファンのいる味です。

画像15: 筆者撮影

筆者撮影

勢いよく中身が出てきてしまって、スキレットから食材が飛び出しそうになってしまいました……!

みなさんも気を付けて投入してくださいね。

画像16: 筆者撮影

筆者撮影

完成です!

画像3: tammy

tammy

カレー味、間違いないですよね!

子供も大好きな味で、小学1年生の息子がほぼ1人で完食してしまいました。具材のポテトがほくほくでおいしかったです。

カップヌードル チリトマトヌードル

画像17: 筆者撮影

筆者撮影

1982年発売で、チリのピリッとした辛さにトマトのうまみがマッチするスープ。

次にご紹介するのは、根強い人気のあるチリトマトヌードルです。

画像18: 筆者撮影

筆者撮影

具材のトマトキューブがゴロっと出てきて存在感がありますね。

画像19: 筆者撮影

筆者撮影

完成です!トマトなだけあって、見た目がとても赤いですね!

画像4: tammy

tammy

トマト味のスープに、鶏肉由来の「白い謎肉」が入っているので、チキンライスのような味でした。とはいっても、チリのピリッとした辛さもあるのでちょっと刺激的な味わい。

辛さはそんなに強くないので、子供でもおいしく食べられると思います。これも、もちろんおいしい!

カップヌードル しお

画像20: 筆者撮影

筆者撮影

2003年に、初代カップヌードルしおが発売開始。

数回のリニューアルを経て「スモーキー」で「スパイシー」な洋風しお味に。燻製オリーブ風オイルが別添えでついてきます。

画像21: 筆者撮影

筆者撮影

砕いた麺を投入したときから目につく赤ピーマン。とても色鮮やかで視覚的にも楽しめますね。

画像22: 筆者撮影

筆者撮影

燻製オリーブ風オイルをかけて完成です。

オリーブの香りがほんのりと漂います。想像以上にブラックペッパーが効いていて良いアクセントになっていました。

画像5: tammy

tammy

オリーブの香りがほんのりと漂います。

想像以上にブラックペッパーが効いていて良いアクセントになっていました。

これもおいしい~~~!

This article is a sponsored article by
''.