山梨県の西湖に面した「西湖・湖畔キャンプ場」ではカヌーやカヤックなどのウォーターアクティビティが楽しめます。テントサイトのすぐ目の前に広がる湖を眺めながら、開放感あふれるキャンプができるのも魅力。テントサイトやキャンプ場の魅力を詳しくご紹介します!

「西湖・湖畔キャンプ場」の特徴

画像1: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

山梨県の富士五湖の一つ、西湖のほとりにあるキャンプ場「西湖・湖畔キャンプ場」。

目の前に広がる西湖を眺めながら、開放感あふれるキャンプが楽しめます。

キャンプスタイルはオートキャンプバンガロー泊の2種類。

テントサイトは湖に面した湖畔サイトと、森の中の森林サイトの2つ。

いずれもフリーサイトで予約不可。先着順で受付をしています。

画像2: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

湖畔サイトではキラキラと輝く湖面を眺めながら、贅沢な時間を過ごせます。

特にカヌーやカヤック、釣りを楽しむ方にはおすすめですよ。サイトまで車を乗り入れできるため、車から降ろしてすぐにアクティビティが楽しめるのも魅力!

画像1: 編集部撮影

編集部撮影

森林サイトは木陰で静かにキャンプを楽しむことができます。

こちらの方が炊事場にも近いので、ファミリー連れのキャンプにおすすめです。

画像3: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

バンガローは定員3名用〜12名用まで、人数ごとに大きさの異なる建物が7種類。

全部で37棟あるので、キャンプ初心者の方やお子さま連れの方などはまずはバンガロー泊からチャレンジしてみても良いかもしれません。

画像2: 編集部撮影

編集部撮影

炊事場は屋根があるので雨が降っても安心。

秋は紅葉も見ることができ、一年を通してキャンプを楽しめますよ!

キャンプ場から車で3分ほどのところには日帰り温泉「いずみの湯」もあるので、水遊びを楽しんだあとは温泉に癒されるのもおすすめです。

▼「西湖・湖畔キャンプ場」は『おぎやはぎのハピキャン』シーズン23「カンニング竹山流・湖畔キャンプ」ロケでも使用されました!

画像1: Photographer 吉田 達史 「おぎやはぎのハピキャン」シーズン23より

Photographer 吉田 達史 「おぎやはぎのハピキャン」シーズン23より

画像2: Photographer 吉田 達史 「おぎやはぎのハピキャン」シーズン23より

Photographer 吉田 達史 「おぎやはぎのハピキャン」シーズン23より

画像3: Photographer 吉田 達史 「おぎやはぎのハピキャン」シーズン23より

Photographer 吉田 達史 「おぎやはぎのハピキャン」シーズン23より

「西湖・湖畔キャンプ場」おすすめポイント

画像4: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

「西湖・湖畔キャンプ場」の魅力はなんといっても目の前に広がる西湖を堪能できること!

のんびり湖を眺めながらキャンプを楽しむもよし、アクティブにカヌーやカヤックに挑戦してみるのもおすすめです!

画像5: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

カヌーやカヤック、SUPはガイドツアーもあるので、キャンプ場公式サイトの「アクティビティ」欄をチェックしてみてくださいね。

インストラクターの方が少人数で教えてくれるので、初心者やお子さまでも安心して楽しめますよ。

「西湖・湖畔キャンプ場」利用者の声

画像6: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

富士五湖のひとつである西湖に隣接したキャンプ場です。

湖畔のテントサイトを利用しました。友人とカヤックをしたのですが、サイトで着替えや準備をしてから徒歩0分、目の前に遊び場があるのは非常に快適です。

そして何より景色に感動しました。昼→夜→朝と移り変わる幻想的な風景は本当に圧巻です。

特に夕暮れ時の夕焼けに照らされた湖面は絶景でした。

(キャンプ歴:2年以内、訪問時期:10月中旬、誰と:友人と)

This article is a sponsored article by
''.