テント泊をともなうキャンプに欠かせないのが「寝袋/シュラフ(シェラフ)」。モンベル、コールマン、イスカなど、さまざまなメーカーから多種多様なラインアップが販売されており、選ぶのに迷ってしまうのでは?そこで、これからの季節にぴったりな冬用モデルを中心に、ハピキャンライターが愛用するおすすめ寝袋13選をご紹介します!

【春秋・平地の冬用】夜の気温:-10~0℃の平野での冬キャンプなどにおすすめ寝袋3選!

平地のキャンプでも、冬や晩秋、春先の夜はぐっと冷え込むので、キャンプ場の予想気温を必ずチェックしておきましょう!

ここでは、-10℃から0℃までに対応したおすすめの寝袋を3つご紹介します。

【快適温度-1℃】mont・bell(モンベル)「ファミリーバッグ#1」

画像6: ライター撮影 happycamper.jp

ライター撮影

happycamper.jp
画像7: 【気温別】おすすめのキャンプ用寝袋13連発! 夏用モデルから-10℃以下の冬用モデルまでご紹介
【モンベル】ファミリーバッグ #1
キャンプや車中泊などさまざまな用途でご使用いただける封筒型スリーピングバッグです。速乾性に優れ、濡れてもすぐに保温力を回復するホローファイバーを使用し、季節や用途に合わせた多様な使い方が可能です。冬期に対応する最も保温性に優れたモデルです。

mont・bell(モンベル)の「ファミリーバッグ#1」は、平地での春秋キャンプに適した封筒型の寝袋です。

ゆとりのあるサイズなので、寝返りをうちやすいのがうれしいポイント。

スペースに余裕がある分、ブランケットや湯たんぽなどを中に入れやすく、さらに服装を調節することで、しっかりと防寒対策できます。

画像8: 【気温別】おすすめのキャンプ用寝袋13連発! 夏用モデルから-10℃以下の冬用モデルまでご紹介

中綿に使用されている「ホローファイバー」は、速乾性と保温性に優れていて、寒い時期の使用にもぴったり!

【スペック】

  • 重量:1,690g(スタッフバッグ含む)
  • サイズ:最大長190×最大幅75cm
  • 収納サイズ:45×28×28cm(35.3L)
  • 快適温度:-1℃~
  • 使用可能温度:-
  • 適応身長:-
  • 中綿:ホローファイバー
  • 形状:封筒型
  • 付属品:スタッフバッグ

▼レビュー記事はこちら!

【快適温度-1℃】mont・bell(モンベル)「ダウンハガー650#2」

画像7: ライター撮影 happycamper.jp

ライター撮影

happycamper.jp
画像9: 【気温別】おすすめのキャンプ用寝袋13連発! 夏用モデルから-10℃以下の冬用モデルまでご紹介
【モンベル】ダウンハガー650 #2
モンベル独自のスーパースパイラルストレッチ™ システムを採用した「伸びる寝袋」。650フィルパワーの高品質ダウンをボックス構造で封入し、軽量コンパクトながら高い保温性を備えています。ネックバッフルやドラフトチューブなどさまざまな構造で寒気を遮断し、積雪期の登山や、冬季のキャンプなどで幅広く使用できるモデルです。

mont・bell(モンベル)の「ダウンハガー650#2」は、携帯性と保温性に優れたマミー型寝袋。

快適温度は-1℃で、冬先のキャンプでも使えます。

「スーパースパイラルストレッチシステム」の採用により、伸縮性に優れているのもうれしいポイント。

フィット感が高い上、体の動きに合わせて生地が伸縮するので、寝心地が快適です。

画像10: 【気温別】おすすめのキャンプ用寝袋13連発! 夏用モデルから-10℃以下の冬用モデルまでご紹介

寝相が悪くても問題ありません!

【スペック】

  • 重量:928g(スタッフバッグ含む)
  • サイズ:-
  • 収納サイズ:径17×34cm(6.8L)
  • 快適温度:-1℃
  • 使用可能温度:-7℃
  • 適応身長:183cmまで
  • 中綿:650FP フィルパワー ダウン
  • 形状:マミー型
  • 付属品:ストリージバッグ

▼愛用者レビューはこちら!

【快適温度-7℃】mont・bell(モンベル)「バロウバッグ#0」

画像8: ライター撮影 happycamper.jp

ライター撮影

happycamper.jp
画像11: 【気温別】おすすめのキャンプ用寝袋13連発! 夏用モデルから-10℃以下の冬用モデルまでご紹介
【モンベル】バロウバッグ #0
抜群の伸縮性を備え、優れた快適性を実現。国内の3,000m級の冬山で使用できる保温性を備え、冬季キャンプなどでも活躍するモデルです。

mont・bell(モンベル)の「バロウバッグ#0」は、保温性に優れたマミー型の寝袋で、快適温度-7℃、使用可能温度-14℃のスペックを誇ります。冬キャンプにも使える寝袋です。

中綿に使用されているメーカー独自の化繊綿「エクセロフト」は、あたたかい空気を蓄える性質がある上、はっ水性と速乾性に優れているので、汗や水ぬれに強いのが特徴。

汚れたら自宅で洗濯できるため、お手入れが簡単にできるのもうれしいポイントです。

画像12: 【気温別】おすすめのキャンプ用寝袋13連発! 夏用モデルから-10℃以下の冬用モデルまでご紹介

収納時のサイズが大きめな上、重量もあるので、オートキャンプにおすすめ。

【スペック】

  • 重量:2,179g(スタッフバッグ含む)
  • サイズ:-
  • 収納サイズ:径22.8×45cm(14.9L)
  • 快適温度:-7℃
  • 使用可能温度:-14℃
  • 適応身長:183cmまで
  • 中綿:エクセロフト
  • 形状:マミー型
  • 付属品:コンプレッション可能なスタッフバッグ

▼レビュー記事はこちら!

This article is a sponsored article by
''.