車中泊のときに、湿気やにおいが残っているなと感じたことはありませんか?車は密閉度が高い空間なので、換気をしないと車内に空気がこもりがちに。今回は、筆者が車中泊をするときに使用している、おすすめのグッズを紹介します。効率的な換気の方法も紹介しているので、車中泊の換気で悩んでいる人は必見ですよ!

そもそも車中泊で換気は必要? 換気をしないことによる弊害とは

車中泊を快適に過ごすために、換気は重要なポイントです。

まずは車中泊での換気の重要性を知るために、換気をしないことで起こる弊害をご紹介します。

寝具や衣類からの生活臭が残る

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

車中泊で換気をしないことの1番の弊害は、生活臭が残りやすいことです。

車は密閉度が高く、狭い空間なので、1~2泊程度の車中泊でも生活臭が漂います。

特に寝袋やマットレスなどの寝具や、インナーなどの衣類からの生活臭は非常に気になるもの。

筆者が初めて車中泊で連泊をしたときは、こまめに換気をしていたつもりでしたが、車外から帰ってきたときには生活臭を感じたことがあります。

快適に車中泊をするために、生活臭対策として換気は必須です。

▼連泊車中泊を計画中の人はこちらの記事もチェック!

食べ物やゴミのにおいが残る

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

生活臭と近いですが、換気をしないことで、食べ物のにおいも残りやすいです。

特に車内で料理をする場合、料理中のにおいが壁や天井に残ってしまう場合も。

また、食材が入っていた容器や包み紙など、食後に出るゴミもにおいの元です。

キャンプ場やRVパークであればすぐにゴミを処分できますが、それ以外の場所では、しばらくの間、車内にゴミを置いておかなければいけないこともあります。

車内にゴミを置かなければいけないときは、ゴミを袋にまとめてしっかりと密閉しつつ、換気もして食べ物のにおいが残らないように工夫しましょう。

暑い空気や湿気がこもる

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

においだけでなく、車内には暑さや湿気もこもりやすいです。

特に梅雨や夏場は、暑さと湿気がまとわりつき、なかなか眠りにつけないことも。

車中泊ではしっかりと換気をして、少しでも暑さや湿気をやわらげる必要があります。

This article is a sponsored article by
''.