キャンプ道具が増えてくると、収納方法に悩むことがありますよね。そんな収納の悩みを解決してくれるのが、リストランクカーゴ。豊富なサイズ展開や仕切りの使用で収納力はバツグン!テーブルとして使ったり、天板のカスタムを楽んだりできるので、キャンパーから人気を集めています。今回は製造元リスの岡村さんに、トランクカーゴの魅力シンデレラフィットする収納方法を教えていただきました。キャンプ道具収納に大活躍するアイテムなので、今の収納に悩んでいる人はぜひ参考にしてみてくださいね。

【トランクカーゴ収納術】仕切りがポイント!浅型のLOWタイプでデイキャンプへ行く場合

画像6: 筆者撮影

筆者撮影

今年発売された浅型のLOWタイプのトランクカーゴは、仕切りを付けることができ、「キャンプ場での使い勝手が良い!」と生産が追い付かないほど人気なのだそう!

画像4: 岡村さん

岡村さん

浅型にしたことで小さな物も見つけやすく、取り出しやすくなりました。仕切りがあることで荷物を仕切れて混ざらないので、使い勝手がさらに良くなります。

また、元々70Lのトランクカーゴ1つにまとめていたのを、LOWタイプ3つに分けて収納している方もいらっしゃいますが、LOWタイプに分納することで管理しやすくて1個ごとの重さが軽くなり、持ちやすくなります。

画像7: 筆者撮影

筆者撮影

まずはこのLOWタイプを使って、デイキャンプを想定したキャンプ道具を収納してみます。LOWタイプの収納にはどのようなコツがあるのでしょうか?

画像5: 岡村さん

岡村さん

LOWタイプは仕切りを3枚入れられますが、2枚くらいがちょうどいいです。仕切りで用途ごとに分けたり、取り出しやすいようにお皿を立てて入れたりしてみてください。浅型とはいえ、背の低いケトルやランタン、コンパクトチェアなども意外と入りますよ。

アドバイスを参考に、早速、デイキャンプグッズを収納してみました!

画像8: 筆者撮影

筆者撮影

左側にはお皿やコップ、カトラリーをなるべく立てて収納。真ん中にはメスティンやケトル、トング、まな板、ラップなど調理関係を収納してみました。

画像9: 筆者撮影

筆者撮影

右側にはヘリノックスのコンパクトチェアがシンデレラフィット!空いていた上のスペースにはレジャーシートがぴったりでした。

トランクカーゴ自体がテーブルになるので、デイキャンプはこれ一つで充分♪一目でどこに何があるか分かるので、キャンプ場での使い勝手がとっても良さそうです!

車の大きさや用途によって、「LOWタイプのほうが使いやすい」というユーザーの声も。

Instagram

www.instagram.com
画像1: 【トランクカーゴ収納テク】製造元に聞くキャンプギア収納のコツ!仕切り&天板を使ったカスタム例を一挙紹介
トランクカーゴ TC-50S-LOW 収納ボックス (リス) :trunk-cargo50s-low:アシストワン - 通販 - Yahoo!ショッピング
商品名:トランクカーゴ TC-50S LOWカラー:グリーン・グレー・ブラック商品サイズ(約):約60×39×24cm重量(約):約2316g耐荷重(約):約100kg素材:PP(ポリプロピレン)容量(約):約30L原産国:日本JAN: グリーン:4971881178026 グレー :4971881178033 ブラック:4971881178057注意事項:※商品にしきり・ベルト・食材等は付属しておりません。※しきり・ベルトは使用イメージのため、当店での取り扱いは行っておりません。※しきりは別売、ベルトはイメージです。※フタ表面の小さな白い点は生産時に発生するものです。商品の耐性や品質に影響を与えるものではございませんのでご了承の上、購入をお願いいたします。収納しやすく取り出しやすい、浅型タイプのトランクカーゴ『TC-50S LOW』が新登場!持ち運びしやすい大きなバックルと耐荷重100kgの頑丈さが特徴の収納ボックスです。テーブルとしても使え、不安定なものを置いても安心です。本体底面がフタにフィットしてしっかりスタッキング。雨やほこりが入りにくいフタ構造で急な雨でも安心です。※しきりは別売、ベルトはイメージです。グリーン:97007072グレー :97007073ブラック:97007074
画像2: 【トランクカーゴ収納テク】製造元に聞くキャンプギア収納のコツ!仕切り&天板を使ったカスタム例を一挙紹介
トランクカーゴ TC-50S LOW専用仕切り板 1枚
・ カラー / ダークグレー・ 製品サイズ / 約 幅 34.8 x 奥行 1.4 x 高さ 17.9 cm・ 材質 / ポリプロピレン・ 生産国 / 日本・ 持ち運びしやすい大きなバックルと耐荷重100kgの頑丈さが特徴の収納ボックスシリーズのロータイプ専用の仕切り板です。最大3枚差し込むことができるので、細かなモノの整理もしやすくなります。
¥ 500
2021-06-25 10:59

【トランクカーゴ収納術】深型タイプでテント泊をする場合は縦収納&カゴで仕切る

画像10: 筆者撮影

筆者撮影

続いて50Lと20Lの深型のトランクカーゴを使って、テント泊を想定した収納をしてみます。個人的に深型タイプの収納は、今まで「奥にあるものを見つけにくい&取り出しにくい」「上半分を効率的に使えず、デッドスペースができてしまう」という悩みがありました。

画像6: 岡村さん

岡村さん

深型は縦置きするのが重要なポイントです。カトラリーやラップ、まな板なども立てて収納すると良いですよ。カゴやケースを使って仕切りを作るのもおすすめ。あとは現地で先に取り出すアルミシートやグランドシート、ファブリック系を上に収納すると効率的です。

アドバイスを参考に収納したものがこちら!

画像11: 筆者撮影

筆者撮影

縦置きを意識してみると、細かい物も見つけやすく、取り出しやすくなりました。

画像12: 筆者撮影

筆者撮影

また食器類やカトラリーは、スポンジや洗剤とともにステンレスのカゴでひとまとめに。食器を洗う時もこのカゴを持って移動できるので、とても便利です。

画像13: 筆者撮影

筆者撮影

さらに、デッドスペースになりがちだった上半分には、コンパクトチェアやグランドシート、レジャーシートなど、キャンプ場ですぐ取り出すものを収納。上手く組み合わせることでシンデレラフィットし、スペースを有効活用することができました!

画像14: 筆者撮影

筆者撮影

他にも、焚き火アイテムは20Lのトランクカーゴへ分けて収納することで、他のアイテムへの匂い移りを防止。ロゴスの焚き火台(Mサイズ)がしっかり入りました!火起こしグッズやグローブも入れておきます。もう一方には、薪を収納。コンパクトながら収納力はバツグンです。

シンデレラフィットするカゴを探して仕切るのも良さそうですね♪

Instagram

www.instagram.com
画像3: 【トランクカーゴ収納テク】製造元に聞くキャンプギア収納のコツ!仕切り&天板を使ったカスタム例を一挙紹介
トランクカーゴ TC-50S 【収納ボックス 収納ケース コンテナボックス アウトドア キャンプ 収納BOX 蓋付き フタ付き リス】
商品名 トランクカーゴ TC-50S カラー(品番) グリーン グレー ブラック 商品サイズ(約) 60×39×35.7cm 重量(約) 2646g 素材 PP(ポリプロピレン) 容量(約) 50L 耐荷重(約) 100 kg 最大積み重ね段数 3段 容量の目安 2Lペットボトルx15本 原産国 日本 JAN グリーン:4971881175612 グレー:4971881175629 ブラック:4971881175636 注意事項 ※フタ表面の小さな白い点は生産時に発生するものです。 商品の耐性や品質に影響を与えるものではございませんのでご了承の上、購入をお願いいたします。 説明 コンセプ...
¥ 3,480
2021-06-25 11:04
画像4: 【トランクカーゴ収納テク】製造元に聞くキャンプギア収納のコツ!仕切り&天板を使ったカスタム例を一挙紹介
トランクカーゴ スタッキングタイプ 20L TC-20S コンテナボックス 収納ケース キャンプ アウトドア Living雑貨 リスonlineshop - 通販 - PayPayモール
Living雑貨 リスonlineshop | トランクカーゴ スタッキングタイプ 20L TC-20S コンテナボックス 収納ケース キャンプ アウトドア

This article is a sponsored article by
''.