「好きなアルコールはビール」の子育てマーケター森田です。初夏から秋の3シーズンは、アウトドアで飲むビールが最高ですよね!コロナ以前は、ビアバーに行ってタップから注がれるきめの細かい泡が盛られたビールが大好きでしたが、しばら〜くビアバーには行けてません(涙)。最近知ったのですがサントリーのプレミアムモルツから誕生した『神泡サーバー』があれば、家でもキャンプでも極上の神泡でビールが飲めるんです〜!今回は、『神泡サーバー』の2021年4月26日に発売された最新モデルと、私が推している激ウマなクラフト缶ビールをご紹介いたします。

『神泡サーバー』by サントリー ザ・プレミアム・モルツって知ってますか?

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

皆さんは、『神泡サーバー』というものをご存知でしょうか?!

名前を聞くだけで、「きめが細かくクリーミーな泡なんだろうな」と想像できると思いますが、『神泡サーバー』があれば、家やキャンプで飲む缶ビールが激変しますよ。

『神泡サーバー』で注いだ缶ビールはどんだけすごいか!

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

神泡は本当に美味しいよ」と聞いて、私もビールの"シーズン入り"に向けて、「神泡サーバー史上最高超音波振動数」を誇るという2021年式の最新モデル 神泡サーバーSupreme editionを購入してみました〜!

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

最新の神泡サーバー(2021年モデル)は、単4形アルカリ乾電池2本で動く手のひらサイズです!

すごくコンパクトで、「これでどうやって神泡になるの・・・?」と疑問に思うくらい。

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

じゃ、早速、冷蔵庫にあったスーパードライで試してみます!!(そこは「プレミアムモルツじゃないんかーい!」(汗)・・この日、たまたまこれしかなかった!!)

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

途中までは普通に注ぎます。私は高校生の時に、神宮球場でビールの売り子のバイトをしていたことがあるので得意なのですが、途中までは、なるべく泡を立てないように注ぐんですよね〜。

で、最後に泡を乗せると、ビールの美味しさが泡で蓋をされた状態になるわけなんです。

画像6: 筆者撮影

筆者撮影

泡を乗せる段になりましたら、「神泡サーバー」を装着!!

装着といっても、缶に当てて、親指の位置にあるスイッチを押しながら注ぐだけです。

画像7: 筆者撮影

筆者撮影

超音波が細かすぎて、指では振動を感じないのですが、注ぎ口のビールが見る見るきめの細かい泡に変わっていきます!!すごい、、!!

画像8: 筆者撮影

筆者撮影

なんだこれぇぇぇぇぇぇぇ!!!

泡の域を通り越して、もはやクリーム!!!!

こ・・・これが、神泡かーーーー!!!!!

画像9: 筆者撮影

筆者撮影

わかりますか???この泡のきめ細かさ!!

泡がすごすぎて、生クリームみたいになってるから、グラスから盛り上がるんですよ。

写真でも伝わると思いますが、激ウマです!!!!

泡でビールの味がこんなに変わるとは・・。ビールは泡が本当に大事ですね〜。

本当に、ビアバーのタップから注いでもらったビールのような美味しさです!!!

最近はお店ではアルコールが飲めないので、これはみんな持っておくべきだと思いますよ〜!!

神泡サーバー最新モデルは980円(税込) →ネットで普通に買えます!

画像1: 家でもキャンプでも『神泡』で飲みたいクラフト缶ビール★神泡サーバー2021最新モデルと筆者のおすすめBEST5をご紹介します
【おうちで簡単に生ビールサーバー】ザ・プレミアム・モルツ 神泡サーバー 2021年最新型 Supreme edition
神泡サーバー史上最高の毎秒41,500回の超音波振動で生み出す、クリーミーできめ細かな泡で、まるでお店の生ビールのようなおいしい生ビールを愉しめます。
缶にあててスイッチを押すだけの簡単操作。
ビールに触れない為、お手入れ無しで繰り返し使える、洗浄いらずのビールサーバー。
約11センチの手のひらサイズのコンパクト設計。
冷蔵庫にピタッ! マグネット付きのホルダー付き。
¥980
2021-05-28 14:31

神泡サーバーですが、以前は、プレミアムモルツを箱買いすると付いてくるキャンペーンの特別グッズだったとか。

しかも、以前のモデルは使い終わった後に洗浄をしないといけないタイプだったようで、カビが生えて使えなくなっちゃったりすることもあったそうです。

2021年の神泡サーバー最新モデルは洗浄いらずなので、めっちゃ手軽です〜。

ネットで買えますので、一家に一台持っておくべき商品だと思います!!

これさえあれば、どんなビールでも美味しくなりますが、どうせなら、お家でちょっと贅沢に「クラフト缶ビール」を飲んでみませんか?!

This article is a sponsored article by
''.