心待ちにしていたキャンプ。早速テントを設営していると、ポールがグニャ!っと曲がったり、ボッキッ!と折れてしまったという体験談は少なくありません。筆者も新品テントの初張りで、ポールを曲げてしまった1人です。そこで、実際に行ったポール交換・修理の体験談と、ポールを扱うときに気を付けるべきことについてお話していきます。

テントのポールが曲がった! ポールへの過度な負荷はNGだと学んだ新幕初設営

筆者がポールを曲げてしまったのは、新しいテントの初設営のとき。ポールの片側を1つ目のハトメ穴に入れ、反対側を夫に任せました。すると、なかなかはめられずに格闘しているのがわかりました。

そして、ついにその時が来ました……。力ずくでグイッ!!

ポールをハトメ穴に入れることに成功したものの、グニャっと曲がってしまったのでした。この通り、滑らかなカーブを描くはずのポールがカクっと曲がっています。

画像: 筆者撮影 手前から1番目のポールが曲がってしまいました。

筆者撮影 手前から1番目のポールが曲がってしまいました。

カッコいいシルエットが、これでは台無しです。欲しくてたまらなかった大切なテントだったのにショックです……。涙 

次のキャンプまでに修理しておかなければ!

テントのポールはどうやって直すの? 交換 or 修理?

テントのポールを元通りにする場合、「交換」「修理」の2つの方法があります。

ポールをまるごと交換するのは、商品の不良が認められたときや、セルフ修理が不可能な場合です。

実際は、曲がったり破損した部分のポールのみを取り寄せて、自分で交換・修理するのが一般的です。筆者もこのパターンでしたので、次の項で流れを解説していきます!

This article is a sponsored article by
''.