おしゃれなキャンパーから絶大な支持を得て、昨今インスタグラムなどのSNSで人気沸騰中のKirkham's(カーカムス)『スプリングバーテント』。なぜ多くのキャンパーを魅了しているのでしょうか?今回は、比較的入手しやすい「ハイライン」シリーズの6人用モデルを徹底レビューしていきます! 天井が高いテントが欲しい・窓が多いテントがいいという方におすすめな商品です。

Kirkham's(カーカムス)はアメリカ発の老舗アウトドアメーカー

Kirkham's(カーカムス)は、1960年頃にアメリカのユタ州ソルトレイクシティで創業されたアウトドア専門店です。

「簡単に設営出来る便利で頑丈なテントがほしい」というユーザーの要望により、特徴的なスプリングバーの構造のテントフレームを開発。
ダックキャンバスコットン製の『スプリングバーテント』の発売により、世界中から指示されるブランドへと成長しました。

Kirkham's(カーカムス)の『スプリングバーテント』は大きく分けて2種類ある

画像1: 【カーカムスの『スプリングバーテント』を徹底レビュー!】ファミリーにもソロにもおすすめ!
スプリングバー ハイライン スプリングバーテント6 springbar :19860022000006:エイアンドエフ Yahoo!店 - 通販 - Yahoo!ショッピング
springbar スプリングバー ハイライン スプリングバーテント6はファミリー向けに開発された6人用の大型テントです。ルーフには丈夫な10オンスのハードダックキャンバスを使用しています。通常のアメリカ製のラインとは別のコンセプトラインでカーカムスのテントで、価格もお求めやすい価格となります。※本製品はご注文から出荷まで2〜3営業日をお時間を頂きますのでご了承下さい。※生地色の特性上白く擦れたように見える場合がありますが、使用生地の特性となりますので不良等ではございません。ご購入の場合は製品の特性をご理解頂きお買い求め頂くようお願い致します。※kirkham's カーカムス スプリングバーテントから商品名をspringbar スプリングバーテントに変更しました。■高さ:198cm■フロアサイズ:304cm×304cm■重量:33.5kg■ルーフ素材:10オンスハードダックキャンバス■ウォール素材:8オンスハードダックキャンバス■ボトム素材:14オンスラミネートビニール■内容物:テント&オーニング、収納ケース、ポールセット、12インチスチールペグ、オーニング用ロープ、ギアロフト

Kirkham's(カーカムス)の『スプリングバーテント』は、製造過程の違いにより、2種類に分けることができます

ひとつは、アメリカで製造されたもの
もうひとつは海外で製造された「ハイライン」シリーズのものです。

「ハイライン」シリーズ以外のモデルは、生地や部品、すべての製造工程がアメリカ国内で作られています。

アメリカ製のものは、生地にSunforgerという「ドライフィニッシュのシリコントリートメント」が施されており、高い耐水性、通気性が両立されています。

縫製も限られた4~5人のベテラン縫子さんが担当していて、1人でも体調が悪くなると生産ラインが遅れてしまうそう。それ故、生産が安定せず、受注生産が基本となっています。

対して「ハイライン」シリーズは、工程の一部を海外の工場で作られており、安定した生産ができるモデルとなっています。

こちらは「ドライフィニッシュのシリコントリートメント」は施されておらず、その分リーズナブルな価格で販売されています。

画像: tammy

tammy

「シリコントリートメントされていないから、品質が低いのでは……!?」と感じるかもしれませんが、「ハードダック」というオリジナルの生地が現地工場で作られ、独自の撥水加工もしっかり施されているとのこと。ハイラインシリーズでもクオリティーは保たれているということです。

今回紹介するのは、筆者所有の『ハイライン6 スプリングバーテント』です!

Kirkham's(カーカムス)『ハイライン6 スプリングバーテント』はファミリーにちょうどいいサイズ感

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

スプリングバー ハイライン スプリングバーテント6のスペック
高さ198cm
フロアサイズ304cm×304cm
重量33.5kg
ルーフ素材10オンスハードダックキャンバス
ウォール素材8オンスハードダックキャンバス
ボトム素材14オンスラミネートビニール
内容物テント&オーニング、収納ケース、ポールセット、12インチスチールペグ、
オーニング用ロープ、ギアロフト

※kirkham's カーカムス スプリングバーテントから商品名をspringbar スプリングバーテントに変更になっていました。(2021/07/15現在)

今回ご紹介する『ハイライン6 スプリングバーテン』の特徴はなんと言っても、高さが198cmもあるので背の高い男性でもかがむことなくテント内で過ごすことができることです。

ウォールの立ち上がりのあるボックス型テントなので、圧迫感が全くなく、デッドスペースがほぼないためテント内は見た目以上に広く感じます。

フロアサイズも304cm×304cmと、ファミリー用として一般的な5人用ドームテントより一回り大きめ。筆者家族は4人ですが、就寝時もとてもゆったり使用することが出来ました。

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

写真のように、コットで就寝スペース、手前はリビングスペースとして使用すれば、ソロキャンプでも広すぎることもなくゆったり使用することができます。冬のお籠りキャンプにもぴったりでした。

設営もとても簡単!

フロアを16か所ペグダウンして、ルーフをスプリングバーポールで張り、サイドのポールで持ち上げるだけ。張り縄が不要なのに、風にも強い構造です。

少しルーフ部分が重いですが、女性一人でも設営することができます(運動不足の筆者は翌日筋肉痛になりましたが……笑)。

This article is a sponsored article by
''.