プリムスの代表的なクッカー『ライテックトレックケトル&パン』。コンパクトで使いやすく、キャンプや登山を趣味とする人に大人気のクッカーです。今回は5年以上愛用している筆者が、ライテックトレックケトル&パンを徹底レビュー。「初めて買うクッカーを何にしたら良いかわからない」「使い勝手の良いクッカーが欲しい!」という人は必見です!

コンパクトで使い勝手抜群のプリムス『ライテックトレックケトル&パン』! まずはスペックをチェック

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

PRIMUS(プリムス)は、1892年にスタートしたスウェーデンの燃焼器具ブランド。

近年はアウトドア専用ストーブを開発し、世界中の冒険家たちから注目を集めています。

そんなプリムスから発売されている人気のクッカーが『ライテックトレックケトル&パン』です。

画像1: プリムス『ライテックトレックケトル&パン』を徹底レビュー ソロキャンプにピッタリの万能クッカー
PRIMUS (プリムス) ライテックトレックケトル&パン
原産国:中国
重量: 280 g
収納サイズ:径 13 xH 14.5 cm
メッシュ収納袋付属
¥3,564
2021-02-27 11:06
プリムス 『ライテックトレックケトル&パン』スペック
サイズ(1.0L鍋)内径11cm×高さ11cm
サイズ(フライパン)内径11cm×高さ3cm
サイズ(収納サイズ)直径13cm×高さ14.5cm
重量280g

ライテックトレックケトル&パンは、素材にアルミを使用しているため、重量は280gととても軽量。

アルミは熱伝導率が高く、燃料の消費を抑えながら早くお湯を沸かせます。スピーディに調理ができるので、寒い場所でもすぐに温かい料理を作れますよ。

また、ライテックトレックケトル&パンの大きな特徴の1つが、250サイズのガスカートリッジと小型バーナーを収納できることです。

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

コンパクトにまとまるため持ち運びに便利で、ソロキャンプや登山など、荷物を少なくしたいときに最適。また、収納袋が標準装備なのもうれしいポイントです。

筆者はガスバーナーとガスカートリッジもプリムスで揃えており、ガスバーナーは『153ウルトラバーナー』、ガスカートリッジは『IP-250Gノーマルガス(小)』を使っています。

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

筆者愛用中の153ウルトラバーナーは、コンパクトなのに火力が強く、自動点火装置が付いている優れもの。

画像2: プリムス『ライテックトレックケトル&パン』を徹底レビュー ソロキャンプにピッタリの万能クッカー
PRIMUS(プリムス) P-153 ウルトラバーナー
圧電点火装置付。出力3,600kcal/h(T型ガス使用時)。ガス消費量245g/h。燃焼時間約55分(IP-250タイプガス使用時)。
ゴトク径最大148mm/最小90mm。収納サイズ7.5×8.8×3.0cm。本体重量110g(本体99g+点火装置11g)。
¥8,910
2021-02-27 11:09

とても扱いやすいバーナーなので、初心者の人にもおすすめです。

また、プリムスから発売されているガスカートリッジのサイズは、110・250・500の3種類。

その中で、ライテックトレックケトル&パンにピッタリ収納できるガスカートリッジは250サイズです。

ちなみにプリムスのガスバーナーには、『ノーマルガス』と『ハイパワーガス』の2種類があります。

ノーマルガス

画像3: プリムス『ライテックトレックケトル&パン』を徹底レビュー ソロキャンプにピッタリの万能クッカー
PRIMUS(プリムス) GAS CARTRIDGE ノーマルガス(小) IP-250G [HTRC 2.1]
原産国:日本または韓国
重量:230g
成分:ブタンガス(ノルマンブタン65%、イソブタン35%)
注意1:中身の成分が変化しないためガスカートリッジには消費期限が設定されておりませんが缶やバルブには金属や樹脂、ゴム等が使用されている為保管状態によってはそれらが劣化し使用中にガスが漏れて火災に至る事故が発生する事があります。従いまして2~3年を目安にガスを使いきって頂く事をお勧めいたします
¥446
2021-02-27 11:10

ハイパワーガス

画像4: プリムス『ライテックトレックケトル&パン』を徹底レビュー ソロキャンプにピッタリの万能クッカー
PRIMUS(プリムス) GAS CARTRIDGE ハイパワーガス(小) IP-250T [HTRC 2.1]
原産国:日本
重量:225g
成分:ブタンガス約75%、プロパンガス約25%
注意1:中身の成分が変化しないためガスカートリッジには消費期限が設定されておりません。しかし缶やバルブには金属や樹脂、ゴム等が使用されているTめ保管状態によってはそれらが劣化しご使用中にガスが漏れて火災に至る事故が発生することがあります。従って2~3年を目安にガスを使いきる事をお勧めします。
¥594
2021-02-27 11:11

寒い場所や標高が高い場所ではハイパワーガスの使用が推奨されているので、ご自身がキャンプをする場所に合わせて選んでくださいね。

細かい部分に工夫が施されたクッカー! プリムス『ライテックトレックケトル&パン』のレビュー

プリムスのライテックトレックケトル&パンは調理中の使いやすさに配慮された優秀なクッカーです!自宅でもキャンプでもライテックトレックケトル&パンを使っている筆者が感じた、おすすめポイントを紹介していきます!

プリムス『ライテックトレックケトル&パン』のおすすめポイント【1】汚れに強い

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

ライテックトレックケトル&パンには「ハードアノダイズド加工」と「内側ノンスティック加工」が施されています。

この加工により汚れに強くなっていることが1つ目のおすすめポイントです。

ハードアノダイズド加工

グレー系に自然発色し、通常のアルマイト加工よりも厚く硬い皮膜が生成される加工。耐久性が高まるだけでなく、表面に汚れが付きにくくなるためお手入れが楽になるという特徴がある。

なお、アルマイト加工とは、耐食性や耐摩耗性の向上を目的として、アルミニウム表面に皮膜を作る加工のこと。

ノンスティック加工

フッ素樹脂やシリコーン樹脂でも対応できないような、強力な粘着物の付着を防げる表面処理。食材に熱を加える調理をしても、食材が表面にくっつかなくなることが特徴。

食材がくっつきにくくなっているので、ご飯粒がくっつくことなくきれいに食べることができます。

また、食材を油なしで調理してもこびりつかず、食後に紙やウェットティッシュで拭き取るだけで、ある程度の汚れは取れます。

お手入れが簡単に済むのはうれしいですね!

ただし、ノンスティック加工については注意点が。

空焚きをしてしまったり、フォークなどの先のとがったもので調理をしたりすると、加工面を痛めて剥離につながってしまう可能性があります。

加工面が剥がれた状態で調理をすると焦げ付くことがあるようなので、傷を付けないように注意したいですね。

プリムス『ライテックトレックケトル&パン』のおすすめポイント【2】鍋底に滑り止め加工が施されている

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

ライテックトレックケトル&パンの鍋底には、鍋を滑りにくくするための細い溝があります。

五徳の上に置いてあるクッカーは案外滑りやすいもの。物を取ろうとしたときに手が鍋に当たってこぼしたら大惨事ですよね…。

そんな大惨事が起こらないよう、ライテックトレックケトル&パンの鍋底には、五徳部分に引っかかるような溝を付けているのです。

こういった細かい部分まで工夫が行き届いている点も、ライテックトレックケトル&パンのおすすめポイント。

ちなみに、フライパンには滑り止め加工が施されていないので、調理中はフライパンが五徳から落下しないよう注意が必要です。

プリムス『ライテックトレックケトル&パン』のおすすめポイント【3】取っ手が熱くなりにくい

画像6: 筆者撮影

筆者撮影

ライテックトレックケトル&パンの取っ手部分は、表面にラバー素材が付いています。

ラバー素材のおかげで、調理直後に取っ手を素手で持っても熱くなく、火傷の心配がありません。

取っ手が金属素材の場合、うっかり手袋をしないで持つと火傷をしてしまう危険性がありますよね。

取っ手が熱くなりにくいライテックトレックケトル&パンであれば、安全に調理ができるのもおすすめポイントです。

This article is a sponsored article by
''.