オシャレな街の横浜や趣溢れる温泉街の箱根が有名な神奈川県ですが、実はキャンプ場もたくさん存在しています。その中でも今回は、神奈川県の山北町に位置する「ウェルキャンプ西丹沢」をご紹介。広大な敷地にはバラエティ豊かなサイトや澄んだ水が美しい川など、たくさんの魅力が詰まっているので、要チェックです!

※この記事は2020年12月中旬のキャンプ体験を元に執筆しています。

※新型コロナウイルス感染拡大防止のための注意点
・営業時間等につきましては必ずキャンプ場公式サイト等で最新の情報をご確認お願いいたします。
・なるべくお住まいの近隣地域でのキャンプを楽しみましょう。
・その他、キャンプ場の指定ルールに従い、こまめな手洗い・消毒・マスクの着用など、感染拡大防止のため細心の注意をお願いいたします。

ウェルキャンプ西丹沢はどんなキャンプ場? まずはアクセス等の概要をチェック

神奈川の西丹沢に位置する、ウェルキャンプ西丹沢。

約30万坪の広大な敷地で、最大で700組が楽しめるキャンプ場です。

まずはウェルキャンプ西丹沢へのアクセス利用時間など、概要をチェックしていきましょう!

ウェルキャンプ西丹沢へのアクセス・概要

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

ウェルキャンプ西丹沢は、東名高速道路大井松田I.C.から約45分に位置しています。

画像1: 筆者

筆者

ウェルキャンプ西丹沢までの道中にはすれ違いが困難な道が数か所あるので、土日やハイシーズンは余裕をもって出かけることをおすすめします!

公共交通機関では、JR御殿場線の谷峨駅、または小田急線新松田駅からバスに乗り、終点の西丹沢ビジターセンターで下車します(谷峨駅からは約40分、新松田駅からは約80分)。バス停から受付までは徒歩1分程度です。

受付は、ウェルキャンプの大きな看板を右に曲がったところにあります。

受付ではキャンプ場の全体マップと、自身が利用するエリアのマップ、ごみ袋などが手渡されます。

画像2: 筆者

筆者

尚、支払いは現金のみ。コンビニや銀行は近くにはないので、現金を忘れずに持参しましょう!

また、食材の買い出しができるスーパーも**キャンプ場近くにはありません}}。

道中で食材を購入する場合は大井松田I.C.付近のスーパーで買い物をするか、道の駅山北を利用すると良いでしょう。

尚、チェックイン、チェックアウトは以下の通りです。

【チェックイン】

  • デイキャンプ:9:00~
  • オートキャンプ:11:00~17:00
  • コテージ:13:00~17:00

【チェックアウト】

  • デイキャンプ:16:00
  • オートキャンプ:11:00
  • コテージ:11:00

受付近くには売店が完備されている

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

管理棟横には売店があります。

売店には薪やレトルト食品、お菓子や調味料などがあります。

売店の奥は食堂になっています。

食堂では焼き立てパンの朝食ビュッフェも開催していたようですが、2020年12月現在は感染対策のため営業自粛中でした。

画像3: 筆者

筆者

ただし、焼き立てパンの販売は継続しているので、気になる方はパンだけでもチェックしてみてください!

感染症対策はどうなっている?

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

キャンプ場では感染症対策もしっかりと施されています

まず受付では、マスク着用とアルコールでの手指消毒、入室は1組につき代表者2名までの制限などの案内がなされています。

画像4: 筆者

筆者

サイトごとにある水場には、手洗い石鹸も完備されていました。

また、焼き立てパンの朝食ビュッフェや大浴場は、2020年12月現在は営業自粛となっていました。

尚、大浴場については状況により予約風呂として営業しているようで、2020年の年末、2021年の年始は営業するようでした。

画像5: 筆者

筆者

最新の情報を知りたい方は、問い合わせして確認するのがおすすめです!

ウェルキャンプ西丹沢は最大700組以上が利用できる! バリエーション豊富なサイトをチェック

ウェルキャンプ西丹沢の特徴は、なんといってもその規模の大きさ!

最大700組が楽しめる広大な敷地には、様々なサイトが存在しています。

画像6: 筆者

筆者

オートサイトはBゾーン、Cゾーン、Dゾーン、D2ゾーンの4つのゾーンに分かれています。

これから紹介するサイトの位置は、公式HPの予約画面内に掲載されている地図で確認できます(会員登録をすると確認可能です)。

ここからは、どのようなサイトがあるのかや、サイト選びの注意点についてご紹介していきます!

川沿いサイト

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

ウェルキャンプ西丹沢には、水が透き通ったとてもキレイな川が流れています!

画像7: 筆者

筆者

各所から川のすぐそばまで降りられるようになっているので、夏場は川遊びを満喫できます!

また、キャンプ場全体が癒されるような絶景なので、川を眺めながらゆったりとした時間を過ごすのも良いですね。

ただし、川沿いサイトはとても人気のようなので、夏場のハイシーズンや土日は早めに予約をしておきましょう。

AC電源サイト

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

ウェルキャンプ西丹沢には、ACサイトも用意されています。

プロジェクターや扇風機など、様々な電化製品を使用して快適に過ごしたいという方は、ACサイトを利用してみると良さそうですね!

画像8: 筆者

筆者

ただし、AC電源は隣のサイトと共有となっているので、複数の電化製品を使いたい場合は注意が必要。

複数のAC電源を確保したい!という方は、ポータブル電源を用意しておくことをおすすめします。

Jackeryのポータブル電源700は大容量の700Whに加え、定格出力500Wとパワーも充実。

1~2泊のキャンプであれば安心して使用できますよ。

画像1: 【神奈川】ウェルキャンプ西丹沢の魅力を徹底紹介! ソロでもファミリーでも楽しめるキャンプ場
Jackery ポータブル電源 700 大容量192000mAh/700Wh 家庭用蓄電池 家庭アウトドア両用バックアップ電源 PSE認証済 純正弦波 AC(500W 瞬間最大1000W)/DC/USB出力 四つの充電方法 液晶大画面表示 車中泊 キャンプから防災まで幅広く活躍 キャンプ アウトドア 防災グッズ 停電時に 非常用電源 ソーラー充電 環境にやさしい 省電力 24ヶ月保証
https://item.rakuten.co.jp/jackery-japan/n-p-700500-bkor-jk2/【Jackeryについて】Jackery Incは、創立メンバーにAppleの元バッテリーエンジニアが加わり、2012年米国シリコンバレーにて設立。最先端の研究開発および製造の専門知識を積み重ね、2015年に世界初のリチウムポータブル電源を開発、2019年には戦略的パートナーとしてJVCケンウッド社と提携。 今後も冒険家にエコなアウトドア用の電源ソリューションを提供するよう努めてまいります。
【大容量700Wh】700Whの超大容量、キャンプから防災まで幅広く活躍できます。Jackery ポータブル電源 700は、最大電力500Wの機器が給電でき、多数の設備や端末に対応できます。液晶ライ...https://item.rakuten.co.jp/jackery-japan/n-p-700500-bkor-jk2/
¥73,800
2020-12-26 14:05

▼筆者愛用のポータブル電源レビューはこちら

複数台可能サイト

画像: 筆者撮影 写真は3台用サイトで、写真左端にある白線(筆者が編集で目立つよう加工)から右端までがこのサイトのスペースになります。

筆者撮影 写真は3台用サイトで、写真左端にある白線(筆者が編集で目立つよう加工)から右端までがこのサイトのスペースになります。

友人同士や家族で、複数台の車でキャンプをしたいという方におすすめなのが、複数台可能サイト

通常サイトに比べて広々としたサイトなので、複数台でのグルキャンでも安心のスペース。

画像9: 筆者

筆者

横並びのサイトをいくつも予約する手間が省けるのも嬉しいですね。

SUV車を停めていますが、広々としており余裕をもって使用できそうですね。

画像: 筆者撮影 左右端にわかりやすいよう白線を追記

筆者撮影 左右端にわかりやすいよう白線を追記

ちなみに、こちらは通常サイズのサイトの写真です。

奥行は比較的余裕がありますが、複数台でのキャンプを楽しむなら、もう少し余裕が欲しいところ。

尚、複数台可能サイトは2台用、3台用があります。

画像10: 筆者

筆者

料金はそれぞれサイト2サイト分、3サイト分になるので、注意してくださいね。

林間サイト

画像6: 筆者撮影

筆者撮影

夏場に涼しくのんびり過ごしたいなら林間の木陰のサイトがおすすめ!

木陰サイトは主にBゾーンに広がっています。

画像11: 筆者

筆者

川遊びをしながら涼むのも良いですが、木々に囲まれて静かな時間を過ごすのも良いものですよね。

ハンモック最適サイト

画像7: 筆者撮影

筆者撮影

ウェルキャンプ西丹沢にはハンモック最適サイトも用意されています!

ハンモック最適サイトにはちょうど良い間隔の木々があるので、初めてハンモック泊にチャレンジする方でも安心です。

画像2: 【神奈川】ウェルキャンプ西丹沢の魅力を徹底紹介! ソロでもファミリーでも楽しめるキャンプ場
【スコットランド発】DD Frontline Hammock フロントラインハンモック - MC マルチカム 迷彩 カモ柄 [並行輸入品]
https://item.rakuten.co.jp/yumeyume888/0759-001158/人気のあるDD Frontline Hammock にマルチカム、カモ柄になりました!多目的で丈夫なダブルレイヤーデザインで、通気性のあるベースと蚊帳が内蔵されているため、さまざまな気候で優れています。
自然でシームレスなカモフラージュをお探しなら、これ以上見ることはできません!研究、細心の注意を払ったデザインとテストは2年以上にわたり、限定された(しかし成長している)製品の選択を通じて、独自のMulticam(MC)パターンを提供することを可能にしました。このパターンは、森林、山の環境などと調和するように設計されています。
折りたたみ可能なポールが、ネット(蚊帳部分)を広げる役目をして...https://item.rakuten.co.jp/yumeyume888/0759-001158/
¥10,000
2020-12-26 14:07

コテージも35棟ある

画像8: 筆者撮影

筆者撮影

ウェルキャンプ西丹沢にはコテージ泊も楽しめます!

コテージは受付奥のサイトや、キャンプ場で一番高台にあるAゾーンの奥に建てられています。

筆者がキャンプをしたのは、12月中旬のクリスマス前の時期。

画像12: 筆者

筆者

コテージの玄関には可愛いクリスマスの飾りつけがされていました!

また、緑色の屋根が特徴的なログハウスも1棟あります。

画像9: 筆者撮影

筆者撮影

こちらは申し込み後に予約可否の審査が入るようですが、広々としたログハウスでのんびり過ごす休日も良さそうですよね。

ウェルキャンプ西丹沢ではどのサイトを選べばよいの? 筆者が感じたサイト選びの注意点とおすすめサイト

ウェルキャンプ西丹沢は圧倒的なサイト数が特徴ですが、その分どのサイトを選んだら良いのか迷う方も少なくないはず。

そんな方のために、筆者が感じたサイト選びの注意点を解説していきます!

コインシャワーや売店からの距離は考慮したい

画像10: 筆者撮影

筆者撮影

ウェルキャンプ西丹沢の敷地はかなり広いです。

そのためサイトの場所によっては、コインシャワーや売店へ歩いていくのが大変になるサイトも

画像13: 筆者

筆者

車で少し上ったところにあるBゾーンや、受付近くのDゾーンにはそれぞれコインシャワーと売店が設置されているので、利用する予定がある方はBゾーンまたはDゾーンの利用をおすすめします。

コインシャワーではなく温泉でゆっくりしたい!という方には、キャンプ場から車で10分弱のところに「中川温泉」があります。

山間に佇む中川温泉は、静かな雰囲気でのんびりしたい方におすすめです。

直火をするならBゾーンは避けましょう

画像11: 筆者撮影

筆者撮影

ウェルキャンプ西丹沢は元々直火OKのキャンプ場でしたが、2020年1月からは森林保護の観点から、Bゾーンでの直火は禁止となりました。

直火でのキャンプを楽しみたい方はCゾーン、Dゾーン、D2ゾーンを予約しましょう。

尚、Bゾーンでも焚き火台を使用すれば焚き火はOK。

画像14: 筆者

筆者

筆者はDODの「ぷちもえファイヤー」を使用しています!

ぷちもえファイヤーはコンパクトで組み立てが超簡単。

ソロキャンプの方には特におすすめの焚き火台です!

画像3: 【神奈川】ウェルキャンプ西丹沢の魅力を徹底紹介! ソロでもファミリーでも楽しめるキャンプ場
DOD(ディーオーディー) ぷちもえファイヤー 2次燃焼 の見える コンパクト 焚き火台 ゴトク 耐熱テーブル 収納袋 標準付属 Q1-760-SL
サイズ(本体):(約)W21×D6.5×H12cm
組立サイズ(スチールテーブル含む):(約)W22×D7.5×H16.5cm
収納サイズ:(約)W26×D8×H14cm
重量(付属品含む):1.2kg
付属品: スチールテーブル、ゴトク、キャリーバッグ
材質:本体:ステンレススチール、テーブル:スチール(耐熱塗装)、キャリーバッグ:600Dポリエステル
テーブル静止耐荷重:10kg
¥6,380
2020-12-26 14:09

▼ぷちもえファイヤーのレビューはこちら!

ファミリーで楽しみたい場合は川沿いサイトや、Bゾーン・Cゾーンがおすすめ

画像12: 筆者撮影

筆者撮影

各所で川沿いに降りて楽しめるので、子連れのファミリーキャンパーは川沿いサイトを予約するのがおすすめ。

また、その他のアクティビティも楽しみたいという方はCゾーンがおすすめ。

Cゾーンには湧水を利用した釣り堀があり、ニジマスが釣れたら1匹300円で購入できます(リリースは禁止)。

画像15: 筆者

筆者

大きすぎない釣り堀なので、初めて釣りに挑戦するお子さんにはちょうど良い規模だと感じました。

また、Cゾーンには「ホタルの里」が整備されています。

6月初旬~7月初旬にかけて飛翔するホタルを楽しめるとのこと。

お子さんに自然の美しさを味わってもらいたいという方には、最適なのではないでしょうか。

愛犬と一緒にキャンプをするならBゾーンがおすすめ

画像13: 筆者撮影

筆者撮影

Bゾーンの入り口付近にはドッグランがあります。

宿泊者の場合は無料で使用できるので、愛犬を連れてキャンプをしたい場合にはBゾーンの予約をおすすめします。

画像16: 筆者

筆者

ウェルキャンプ西丹沢ではペットを連れてのキャンプも可能ですが、キャンプ場内では常にリードをつけ、サイト内では確実につないでおくことが条件だそうです。

プライベート感を楽しめるサイトも◎

画像14: 筆者撮影

筆者撮影

ウェルキャンプ西丹沢は比較的サイト間の距離が近い印象を受けますが、プライベート感を味わいたいならBゾーンの高台サイトがおすすめ!

BゾーンのサイトNo.185と186はそれぞれ高台に位置しており、他のサイトと隣り合わせにならないのが特徴。

画像17: 筆者

筆者

No.185は通常サイト、No.186は2台サイトなので、楽しみ方や人数に合わせて検討してみてくださいね!

ウェルキャンプ西丹沢には豊富なサイト以外の魅力も! 筆者が実際に利用してわかったおすすめポイント

ここまでは各サイトの特徴についてご紹介してきましたが、ウェルキャンプ西丹沢には豊富なサイト以外にも魅力がたくさん!

ここでは、筆者が利用してみて感じた魅力使い勝手の良さをご紹介していきます。

澄んだ川がとにかく美しい

画像15: 筆者撮影

筆者撮影

澄んだ水が美しい川は、ウェルキャンプ西丹沢の最大の魅力といっても過言ではないでしょう!

夏場には川沿いまで降りて川遊びをするもよし、高台からのんびり眺めるもよしです!

また、川の上流に近いBゾーンと、少し下った場所にあるDゾーンでは川の表情が異なります。

画像18: 筆者

筆者

広大な敷地ならではの魅力ですね。

場内をゆっくり散歩したり、各サイトに宿泊したりしてみて、川の様々な表情を見つけるのも楽しみ方の1つです。

コインシャワーやランドリーコーナーが設置されている

画像16: 筆者撮影

筆者撮影

受付付近とBゾーンには、それぞれコインシャワーとランドリーコーナーが設置されていました。

コインシャワーは24時間利用可能で、中はとてもきれいに清掃されていました!

ランドリーコーナーは8:00~22:00に利用可能で、受付での前払い制で利用できるようです。

画像19: 筆者

筆者

連泊の方には嬉しい設備ですね!

ドッグランや釣り堀など、ファミリーで楽しめる

画像17: 筆者撮影

筆者撮影

既にご紹介しましたが、ドッグランや釣り堀などがあるのもウェルキャンプ西丹沢の魅力の1つ。

受付付近にはドッグシャワーの案内もありました。

ドッグランや川沿いで愛犬を思いっきり遊ばせた後に、ドッグシャワーでスッキリさせてあげるのも良いですね。

画像20: 筆者

筆者

写真にある通り、コインシャワー内でペットのシャワーを済ませることは禁止されていますので、注意してください。

ウェルキャンプ西丹沢は魅力が詰まったキャンプ場! 何度も足を運んで素敵な思い出をたくさん作ろう

画像18: 筆者撮影

筆者撮影

ウェルキャンプ西丹沢には美しい川や広大な敷地ならではの解放感など、たくさんの魅力が詰まっています。

今回はご紹介できませんでしたが、ハロウィンやクリスマスイベント、年末のオードブルや年明けのおせち料理などイベントが盛りだくさんで、何度足を運んでも新しい思い出が作れるところも素敵なキャンプ場です。

ウェルキャンプ西丹沢は豊富なサイト数も魅力の1つなので、何回も通ってご自身のお気に入りのサイトを見つけ出すのも楽しそうですね!

皆さんも、次のキャンプはウェルキャンプ西丹沢で楽しんでみてはいかがでしょうか?

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.