キャンプチェアは種類が多く、どれを買うべきか悩みますよね。筆者はロースタイルのソロキャンプをすることも多いのですが、そんな筆者のキャンプの相棒となっているのがスノーピークの「ローチェア30」です。今回はスノーピーク「ローチェア30」について、座り心地や素材、収納などの視点から詳しく紹介していきます。愛用者の口コミ・評判もご紹介します。

【スノーピーク「ローチェア30」】のスペックを紹介! ロースタイルのキャンプにおすすめなチェア

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

筆者が愛用しているのは、スノーピークの「ローチェア30」です。

画像1: スノーピークの「ローチェア30」の座り心地や素材、収納など、細部まで徹底紹介!
スノーピーク(snow peak) ローチェア30 ブラウン LV-091BR
●セット内容:本体、収納ケース
●材質:フレーム/アルミニウム合金、肘掛け/竹集成材、金具/ステンレス、シート/ポリエステル
●サイズ:58×65×86(h)cm
●収納サイズ:16×18×101(h)cm
●重量:3.6kg
¥15,997
2020-12-24 2:35

まずはそのスペックをご紹介していきます。

スノーピーク【ローチェア30】のスペック
カラーカーキ・ブラウン
サイズ58×65×86(h)cm
重量3.6kg
収納サイズ16×18×101(h)cm
セット内容本体、収納ケース
材質【フレーム】アルミニウム合金
【肘掛け】竹集成材
【金具】ステンレス
【シート】ポリエステル
特長立ち上がりたくなくなるリラックス感。
食事も作業もしやすい安定感。

ローチェア30【大きさ】ハイバック&ロースタイル

スノーピーク「ローチェア30」の寸法は「65(奥行) x 58(幅) x 86 cm(高さ)」になります。

高さが大きめに見えますが、背もたれが高く作られているからです。その分肩までしっかり預けられるのが特徴。

ローチェアの名の通り、座ってみればちゃんとロースタイルのキャンプにも対応しています。

ローチェア30【値段】スノーピーク価格でちょっとお高め

値段はスノーピークということもあって、定価16,000円(税別)と少々高め

ですが、その分しっかりと作られた骨組みと頑丈な生地で出来ているので、値段に対して十分な満足感があります。

ローチェア30【材質】竹集成材のひじ掛けがお気に入り

材質はフレームはアルミニウム合金、ひじ掛けは竹集成材、金具はステンレス、シート地はポリエステルで出来ています。

私にとっては「竹集成材でできたひじ掛け」がポイント。見た目にも温もりがあって美しいです。

ローチェア30【【カラー】カーキとブラウンの2色

カラー展開はカーキとブラウンで、武骨なキャンプにも彩のあるキャンプにも合わせやすいのが嬉しいところです。

ローチェア30【【選んだ理由】安定感抜群のしっかりしたつくり

私はキャンプを始めた当初、ヘリノックスのような軽量コンパクト型のローチェアを使っていました。

しかし、そのようなタイプだと接地面が点のため、地面によっては沈み込んでしまうことも…。

座り心地や素材などもあわせて見直してみた結果、しっかりしたつくりで安定感のあるスノーピークの「ローチェア30」を新調しました。

This article is a sponsored article by
''.