アウトドアブランドの中でも、過酷な環境で使用するギアをいくつも展開している『MSR(エムエスアール)』。機能性の高さから、登山家はもちろん多くのキャンパーにも愛されているブランドなんですよ。今回はMSRが展開しているおすすめのギアを集めてみました。MSR好きの人はもちろん「MSRってどんなギアを出しているの?」と気になっている人もぜひ参考にしてくださいね!

MSR(エムエスアール)ってどんなアウトドアメーカー?

画像: MSR(エムエスアール)ってどんなアウトドアメーカー?

MSRは、1969年にアメリカで創業されました。『MSR』は、『Mountain Safety Research』の略。危険と隣り合わせの自然環境やアウトドアフィールドの中で、「すべての登山家の安全を守る」という目的のために設立されたブランドで、登山家をはじめ多くのキャンパーがMSRの製品を愛用しています。

MSRが展開するギアは、機能性だけでなくデザイン力が高いのも魅力のひとつです。

今回はそんなMSRのおすすめギアの中から、アウトドアライターである筆者が特におすすめするテント・タープ・ストーブをピックアップしてご紹介します!

【MSRのおすすめテント編その1】『エリクサーシリーズ』

画像1: 【MSR好き必見】テント・タープ・ガス式バーナーなどMSRのおすすめギアを紹介!
エムエスアール(MSR) アウトドア 軽量 バックパッキングテント グランドシート(フットプリント)付 エリクサ-1 (1人用) 【日本正規品】 37310
フライ材質:68Dポリエステルリップストップ・耐水圧1500mm・ポリウレタン&DWRコーティング
キャノピー材質:40Dリップストップナイロン・DWRコーティング、20Dマイクロメッシュ
ポール材質:7000シリーズアルミ
フロア材質:70Dナイロンタフタ・耐水圧3000mm・ポリウレタン&DWRコーティング
定員:1
ドアの数:1
最小重量(フライ/本体/ポール):1780g
総重量:2160g
原産国:ベトナム
¥49,800
2020-12-18 23:34

MSRが展開する『エリクサーシリーズ』は、テントの入門モデルとしておすすめのシリーズ。エリクサーシリーズには『エリクサー1』(1人用)、『エリクサー2』(2人用)、『エリクサー3』(3人用)、『エリクサー4』(4人用)の4種類が展開されています。

エリクサーシリーズは、バックパッキングテントの中では最も居住性が高いモデルで、初心者でも感覚的に設営できる単純な造りをしています。天井部に短いポールを追加することで、箱型に近い空間を実現。快適に過ごすことができるモデルです。

MSRが展開している他テントよりも厚い生地を使っているため、耐久性が高いのも魅力。さらにインナーテントの天井部分にギアを収納するポケットがついているのも使いやすいポイントです。

「MSRのテントを初めて購入する!」という入門者におすすめできるモデルですよ。

【MSRのおすすめテント編その2】『ハビチュードシリーズ』

画像2: 【MSR好き必見】テント・タープ・ガス式バーナーなどMSRのおすすめギアを紹介!
エムエスアール(MSR) アウトドア 登山 キャンピングテント ハビチュード4 【4人用】 37028 グリーン
スポーツタイプ:アウトドアライフスタイル
対象シーズン:4シーズン
モデル年度:2020
定員:4
ドアの数:4、最小重量(フライ/本体/ポール):5440g、総重量:5750g
自立:〇、ガイドコンポーネント:6、収納サイズ:58×23cm
材質:フライ/68Dリップストップナイロン 耐水圧 1,500mm ポリウレタン&DWRコーティング、ポール/:7000シリーズアルミ、キャノピー:68D タフタナイロン ポリウレタン&DWRコーティング、フロア/68D タフタナイロン 耐水圧 10,000mm ポリウレタン&DWRコーティング
¥74,800
2020-12-18 23:34

MSRが展開しているファミリーテントの『ハビチュードシリーズ』は、『ハビチュード4』(4人用)と『ハビチュード6』(6人用)の2種類があります。

居住性に最も優れているモデルで、出入口が大きく出入りがとても簡単。室内最大高が185cmと天井が高く、側面が真っ直ぐ立ち上がっているため、室内で子どもが動き回ったり、立って着替えることが可能なんですよ。

また『ハビチュードシリーズ』は耐久性と強度があるので、悪天候時でも安心してテント内で過ごすことができます。テントにはポーチライトがついているため、夜間時の出入りもスムーズに行えますよ。

室内には人数分のポケットとハングループも備えられているのがポイントです!

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.