「そもそも楽しいキャンプって何?」という疑問を持っている方や、「キャンプで何をしたらいいのか分からない」という方もいると思います。これらの疑問をfam_mag編集部なりに考え導き出した答え、それは『リビング作り』です。今回はアウトドアスタイリングとインテリアスタイリングの2人のプロに「もし大人数でキャンプ場を貸し切ったとしたら……」というお題のもとで、理想のリビングを作ってもらいました。ぜひご参考にしてください。※本記事は2016年3月に発売された「fam Spring Issue 2016」の特集企画に加筆・修正を加え再構成したものです。

何が正解? 答えは『「帰りたくなくなる」と感じたら野外リビング作りは大成功』ってこと!

画像1: fam Spring Issue 2016より

fam Spring Issue 2016より

自然に囲まれたキャンプ場。そのフィールドを貸し切って自由自在にアレンジすることで、何もない状態から自分たちが過ごしやすい空間が出来上がります。

最高の野外リビング作りに必要なのは「理想のイメージ」と「創作工夫」で、子どもたちはもちろん大人も楽しくなければ意味がありません

そこで大切なのは、何がしたいのか、何が欲しいのかを一緒に考えることです。それらの意見がまとまることで、自分たちの城が完成しますよ!

重視するのは人それぞれ! 使い勝手でもカラーの組み合わせでもグッズの配置でも

画像2: fam Spring Issue 2016より

fam Spring Issue 2016より

「貸し切りキャンプ場での理想の野外リビング」は、人それぞれで異なります。動線を重視した使い勝手の良さを追求してもいいですし、カラーの組み合わせを重視し見栄え良くしてもよし。テントやタープなどのアウトドアギアアイテムの配置をよく考えてもOK!

作業は大変な部分もありますが、出来上がった理想の野外リビングで家族との至福のひとときを想像すれば、大変な作業も苦にはならず、自然と体が動き出すでしょう。

完成したリビングで幸せな一夜を過ごすことができれば、そして、いざ帰るときに「帰りたくない」という思いが家族全員の心に浮かべば、野外リビング作りは大成功なのです。

みんなが楽しめる野外リビングの作り方を詳しくご紹介! 自分のスタイルにあったリビング作りを

画像3: fam Spring Issue 2016より

fam Spring Issue 2016より

では、大人も子どもも楽しめるリビングスペースというのは一体どのようなスタイルなのでしょうか。

大人は「子どもの遊びに付き合わされるばかりでゆっくりお酒も飲めやしない」と思う人も多いでしょう。しかし子供は「目の届く範囲で遊びなさいって結局何にもできないじゃん」と思うのです。

両者の主張を叶える方法は、「家族全員が楽しめる理想のリビング」を作り上げること。これが最も大切です!

お互いのやりたいことを叶えるには『広大な公園型リビング』がぴったり!

画像4: fam Spring Issue 2016より

fam Spring Issue 2016より

大人と子どもの意見を両方盛り込んだ結果『広大な公園型リビング』を作ることに!

キャンプの常識を覆す、子どもも大人も遊べるアイテムも追加することで、パパもママも子どもたちも、いつもとは違う新鮮なキャンプが楽しめますよ。

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.