ソロ・デュオキャンパー向けイベント「ソロキャンプダムディズム」が2020年12月5〜6日に奈良県吉野郡下北山村「下北山スポーツ公園キャンプ場」で初開催。ダムの巨大な壁が迫り来るキャンプ場で郷土料理の朝ごはん付き、ソロ向けのアウトドアギア展示、圧巻のファイアーパフォーマンス……など、ソロキャンパー大満足のイベントの様子をお届けします。

初のイベント 奈良県吉野郡で行われたソロ・デュオキャンパーのための「ソロキャンプダムディズム」

画像: 初のイベント 奈良県吉野郡で行われたソロ・デュオキャンパーのための「ソロキャンプダムディズム」

埼玉でキャンプ民泊NONIWAを運営する野あそび夫婦のエリーです。

今回は、奈良県で行われたイベント『ソロキャンプダムディズム」をレポート。私たちは出展者として参加しつつも、会場をくまなく取材してきました。

画像: 撮影 佐久間亮介

撮影 佐久間亮介

会場である奈良県吉野郡下北山村(しもきたやまむら)は奈良市から車でおよそ3時間。和歌山県と三重県との県境に位置する人口900人弱の山奥の小さな村です。

自然豊かで、下北山村内の約半分が吉野熊野国立公園に指定されています。

温泉施設も併設する「下北山スポーツ公園キャンプ場」はすぐ横にある池原ダムの堰堤(えんてい)が迫り来る、迫力満点の人気キャンプ場です。

筆者撮影

下北山スポーツ公園キャンプ場 正面の壁がダムの堰堤

当日はソロ・デュオキャンパー90名弱が参加。新型コロナウイルスの影響で一部プログラムの予定を変更して開催されましたが、イベント中もちょうどよい距離感を保ちつつ、皆さんしっぽりとキャンプを楽しんでおりました。

筆者撮影

企画・運営サポートの佐久間さん(左)山本さん(右)

イベントはキャンプブロガーでライターの佐久間亮介さん、イベントクリエイターのH3O山本浩紀さんが企画・運営サポート。

”キャンパーが企画するキャンパーのためのイベント”ということで、ソロキャンパー心をくすぐるコンテンツ盛り沢山のイベントでした。

ソロキャンパー大満足のイベントコンテンツをご紹介

ここからは、実際のイベントの様子をご紹介していきます!

会場紹介

筆者撮影

写真は、会場のマップです。

右側のダムの堰堤前がソロキャンパーのフリーサイト。反対側が車が横付けできる区画サイト。

イベントスタート!

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

14時頃。設営を終えたキャンパーたちが集まり、開会式。

スタートの合図は、ハイパーキャンプクリエイターズのヤマケンによる軽快なMC。

支配人から「下北山スポーツ公園キャンプ場」はキャンプ場予約サイトで「西日本・予約件数部門」の1位を獲得する人気ぶりと説明が! すごい!

大人のソロキャンプにぴったりなギアが集結! アウトドアブランドの商品展示・販売

会場でまず目を引くのが、圧巻のソロテント展示ブース! こんなにたくさんのソロ・デュオテントが展示されている様子、はじめて見ました。

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)」の今話題のソロテントに「NORDISK(ノルディスク)」のスタイリッシュなテント(一部廃番品を展示販売)も。

なんと言っても今回のテント展示のメインは、こちら!

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

筆者撮影

テンマクデザインから12月中旬に販売されたばかりの「ガレージテント」。佐久間亮介さんコラボレーションのソロ用テントです。

イベント時は販売前。大勢のキャンパーがたくさんのギミックとキャンプ愛が詰まったガレージテントをじっくり見学していました。

画像2: 【野あそび夫婦のイベントレポ】ソロキャンパーとダムの饗宴! 「ソロキャンプダムディズム」密着レポート
テンマクデザイン ガレージテント
tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)ガレージテント
■特徴 自分だけの空間を楽しむテント 男なら誰しもあこがれる「ガレージ」。 お気に入りの道具を手の届く範囲に配置し、自分だけのガレージを作るイメージで設計。 道具好きな男性ソロキャンパーにぜひとも使っていただきたい、新しいコンセプトのソロ用ロッジテントです。 オールシーズン楽しめるスペック。 開放感とガレージの限られた空間両方を表現できます。   【生地の織りムラついて】 TC生地は綿とポリエステルの混紡で「織りムラ 織りキズ」がどうしても出てしまいます。 TC独特の風合いのため、多少の染色むら、織りキズ、織りむらは、 ご容赦ください。 織りムラが原因で水が漏れる事はほとんどご...
¥ 76,780
2020-12-20 22:48
画像6: 筆者撮影

筆者撮影

隣のブースではイギリスのアウトドアブランド「snugpak(スナグパック)」の新作テントを展示。優勝者は寝袋がもらえる、寝袋の早詰め選手権も盛り上がっていました。

筆者撮影 寝袋を幾度となく詰め込んできたキャンパーたちが入れ替わり立ち替わりタイムを競う

画像3: 【野あそび夫婦のイベントレポ】ソロキャンパーとダムの饗宴! 「ソロキャンプダムディズム」密着レポート
Snugpak(スナグパック) ベースキャンプ スリープシステム 寝袋 2本セット デザートタン/オリーブ オールシーズン対応 [快適温度3度~-12度] (日本正規品)
サイズ / 収納時 : 直径30×長さ50cm、展開サイズ : 縦(長さ)220×横(胸囲)80cm〔外側 : ノーチラス〕、縦(長さ)180×横(胸囲)77cm〔内側:マリナー〕
材質 / アウター生地:ポリエステル 「Aqualight」 インナー生地:ポリエステル「Supersoft」 中綿:シリコーン加工ポリエステル中空繊維「Isofibre」
総重量 / 3,100g
仕様 / 快適外気温度:-2℃(内)、快適外気温度:3℃(外)、快適外気温度:-12℃(重ねて)
¥15,180
2020-12-20 23:29

ハンモックメーカー「KAMMOK(カモック)」の新作ハンモックテントも体験。

画像7: 筆者撮影

筆者撮影

なかなか実物を見ることのできない「Robens(ローベンス)」のテントやタープの販売も。

画像8: 筆者撮影

筆者撮影

画像9: 筆者撮影

筆者撮影

イベント開始直後から人気だったのがこちらのブース。愛知県のランプ専門店「江戸川屋ランプ」のオイルランタンに、人気のDIETZ(デイツ)のハリケーンランタン。夜にはほとんどがお持ち帰りされ、さっそくみんなのサイトを灯らしているようでした。

画像10: 筆者撮影

筆者撮影

帽子ブランド「Clef(クレ)」では、アウトドアにぴったりのキャップや、こいしゆうかさんがロゴイラストをデザインしたサウナハットも販売。

画像4: 【野あそび夫婦のイベントレポ】ソロキャンパーとダムの饗宴! 「ソロキャンプダムディズム」密着レポート
Clef クレ サウナハットTONTTU ターコイズ
■ブランド名:Clef
■商品名:サウナハットTONTTU
■商品型番:SN001
■サイズ:FREE
■素材:WOOL 100%
¥6,451
2020-12-20 23:54
画像11: 筆者撮影

筆者撮影

ホーロー食器ブランド「Platchamp(プラットチャンプ)」では、日本酒の香りを楽しむことにこだわり作られた唯一無二のホーロー酒器「GUINOMI (ぐい呑み)」を販売。冬キャンプの熱燗にぴったりのギアとして人気でした。

画像5: 【野あそび夫婦のイベントレポ】ソロキャンパーとダムの饗宴! 「ソロキャンプダムディズム」密着レポート
Platchamp (プラットチャンプ) GUINOMI UMAKUCHI (GRN)
サイズ:口径7cm/高さ5.1cm 表面加工:ホーロー 材料の種類:ホーロー用鋼板(板厚0.8mm) 重量:約70g 日本製 ※Platchampオリジナル5勺枡・化粧箱が付属します。
GUINOMIについて 現在でも日本酒製造ではホーロー製のタンクを使用されているところもあるほど、日本酒と縁の深い素材であるホーロー。 Platchampでは熟練の職人だからこそできる匠の技術により、ぐい吞みに最適なカタチを成形することに成功しました。 ホーロー酒器の特長として、器に匂いうつりがしないので、日本酒の香り・旨味を存分に味わえます。 また、巻き返し部分は柔らかな口当たりで日本酒の飲み口をとろっ...
¥5,500
2020-12-20 23:50

そして名古屋のアイアンBBGギアブランド「[flames](フレームス)」さんも出展。

画像12: 筆者撮影

筆者撮影

Makuakeで話題になり、最近一般販売がスタートされた“一目惚れ焚火台”こと「ファイヤースタンド」がキャンパーたちの注目の的。無骨で美しい、ソロキャンパーにぴったりの焚火台です。

オリジナルアウトドアブランド「Baltic Amber」「WANDER THE Life」「Flaky Design Works」「miki.handcrafted」のブースも。

画像13: 筆者撮影

筆者撮影

そして、アウトドアギア……ではありませんが、ソロキャンパーの気持ちをぐっと掴んだ意外な販売も。

画像14: 筆者撮影

筆者撮影

筆者撮影 イラストはこいしゆうかさん

大阪府寝屋川のお花屋さん「flower colors」によるミニブーケの販売。ソロキャンプに行かせてくれたおうちの方へのお土産に、というキャンパーならではの気遣い。これは嬉しいですね!

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.