噛めば噛むほど味がでるハードな食感と、小麦のいい香りが魅力のバゲット。食卓にバゲットを添えるだけでオシャレ度がグッとアップするので、映えレシピに持ってこいな食材のひとつです。今回は、ホームパーティーやキャンプで気軽に作れる簡単バゲットレシピをご紹介していきます。普段の食事やおやつにも使えますので、ぜひご活用ください!

【バゲットレシピ】パーティーだけでなく朝食やおつまみに食べたいブルスケッタ2種

ホームパーティーで使えるバゲットメニューといえば、イタリア朝食の定番“ブルスケッタ”です。ブルスケッタは、軽くトーストしたバゲットに、お好みの具材を混ぜたものを添えていただきます。

これからご紹介する2種以外にも、お好みの具材や調味料で作ってみてくださいね。

バゲットレシピ1:サバの味噌煮缶とセロリのブルスケッタ

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

サバの味噌煮缶とセロリのブルスケッタは、サバの味噌煮とセロリを使い、いい意味で“癖のある味”に仕上げました。セロリのシャキシャキとした食感が食欲をそそります。味や香りにパンチの効いたサバの味噌煮、セロリ、マヨネーズを使用するため、レモンをかけてサッパリといただくのがおすすめです。

【材料(3人分)】

  • バゲット・・・1/3本
  • サバの味噌煮缶・・・1/2
  • セロリ・・・20cm程度
  • マヨネーズ・・・大さじ2
  • レモン汁・・・適量

【作り方】

1.セロリをみじん切りにします。
2.1にサバの味噌煮とマヨネーズを混ぜます。
3.1cm程度にカットしたバゲットを軽く焼き、2をのせます。
4.お好みでレモン汁をかけて完成です!

バゲットレシピ2:ドライフルーツ入り! クリームチーズとはちみつのブルスケッタ

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

続いて、お酒のおつまみにピッタリなオシャレバゲットメニュークリームチーズとはちみつのブルスケッタをご紹介します! はちみつに塩気の効いたクリームチーズを合わせているので、甘いものが苦手な男性にも意外と好評ですよ。

【材料(3人分)】

  • バゲット・・・1/3本
  • クリームチーズ・・・大さじ2
  • ドライフルーツ・・・大さじ2
  • はちみつ・・・大さじ1

【作り方】

1.材料すべてを合わせて混ぜます。
2.1cm程度にカットしたバゲットを軽く焼き、1をのせて完成です!

バゲットレシピ3:シュガーラスク

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

バゲットを使用したお菓子といえば、サクサク食感がたまらない“シュガーラスク”です! 市販のものは砂糖がたっぷりで高カロリーですが、自分で作ると砂糖の量を調節できます。

今回は小さな子供用に砂糖控えめで作りました。甘いものがお好きな方は、砂糖たっぷりで作ってみてくださいね。

【材料(バゲット約10枚分)】

  • バゲット・・・1/3本
  • バター・・・15g
  • グラニュー糖・・・小さじ1

【材料】

1.バゲットを1㎝幅にカットします。
2.1をフライパンで両面焼きます。油は必要ありません。
3.バゲットに軽く焼き目がついたら、バターを入れて両面になじませます。
4.グラニュー糖を振りかけて、さらに両面を焼きます。香ばしさを感じるようになったら完成です!

画像1: キャンプやパーティーで人気のバゲットレシピ5選! サンド・ブルスケッタ・ラスクなど
ガトーフェスタハラダ ラスク PS1 グーテ デ ロワ プレミアム・セレクション 3種セット 通販
¥3,280
2020-12-16 12:26

バゲットレシピ4:【フレンチトースト】フワトロの優しい食感が子供にも大人気!

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

ほんのり甘いフレンチトーストは、子供のおやつや朝食にピッタリ! シナモンやはちみつ、フルーツソースなどをトッピングすると、カフェスイーツのような贅沢な一品に仕上がります。

【材料(3〜4人分)】

  • バゲット・・・1/3本
  • 卵・・・200ml
  • 砂糖・・・大さじ1.5
  • バター・・・15g

【作り方】

1.バゲットを1㎝程度にカットします。
2.卵を溶いて砂糖を混ぜて、バットに並べた1に回しかけます。両面に馴染ませたら、半日程度置いて卵液をしっかりと浸透させましょう。
3.温めたフライパンにバター半量を入れ、2を焼きます。両面に焼き色が付いたら完成です。

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.