こんにちは、浜の小魔人です。今回は、キャンプで使うマット2種、「エアーマット」と「インフレーターマット」を実際に使ってみて、どちらがソロキャンプに適しているのかを比較してレポートします。どちらを買うべきか悩んでいる方は、必見です!

【基礎知識】ソロキャンプにマットが必要な理由 快適な睡眠のため!

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

キャンプで宿泊するときに、なぜマットが必要なのか?

キャンプをこれから始める方にとっては、正直疑問かもしれませんね。

筆者も、最初は「本当に必要なの?(お金かかるし、我慢しようかな)」と思っていましたし、実際に何度かマットなしのキャンプ泊も試してみました。

そんな筆者の結論は、「マットは是非使って欲しい」です。

キャンプ場は見た目以上に凸凹があり、一見平らな所にテントを張ったつもりでも、テントの床は思った以上にゴツゴツしています。

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

「マットがないと翌朝身体が痛い」というのは、マットなしでテント泊を体験した多くの方の共通した感覚だと思います。

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

もちろん、厚手のインナーマットなどを敷けばある程度緩和されますが、ぐっすり眠りたいならば、やはり寝袋の下に敷く「エアーマット」もしくは「インフレーターマット」などがあると良いのです。

【補足】

インナーマット(テントマット)=テントの床に敷くマットのこと

また、地面からの冷気は思った以上に眠りを阻害します。

マットは地面からの熱や冷気も遮断してくれますので、どんな季節でも快適な睡眠のために威力を発揮するでしょう。

基本のマットの種類&エアーマットとインフレーターマットの違い

寝袋の下に敷くマットには、以下のような種類があります。

【マットの種類】

  • エアーマット
    空気を注入して膨らますマット
  • インフレーターマット
    中にウレタンが入っており自動で空気が入って膨張するマット
  • ウレタンマット
    クッション性の高いウレタンのマット
  • 銀マット
    表面がアルミ素材の安価で手に入るマット

上記のなかで、今回比較するのは「エアーマット」「インフレーターマット」です。

銀マットは安価ですが、クッション性はイマイチで単体で使うのにはあまりおすすめしません。

▼ウレタンマットについては、こちらのハピキャン記事もご参照ください。

エアーマットとは

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

エアーマットは、マットの中に空気を入れて使う携帯用のマットレスのこと。

主にゴムやビニール製のものが多く、収納時に空気を抜くと非常に小さくなることが特徴です。

インフレーターマットとは

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

インフレーターマットは、マットの中にウレタンフォームが入っている自動膨張型のマットです。

収納時に潰れた状態で内蔵されているウレタンフォームが、バルブを開けたときに元に戻る性質を利用して、自動的に空気を吸い込むように作られています。

筆者が使っているエアーマットとインフレーターマット こちらの2つで比較をしていきます!

早速、エアーマットとインフレーターマットを比較していきますが、筆者が持っているマットを予め簡単に紹介しておきましょう。

エアーマットは、ロゴスの「スカイラダーベッド」です。

「スカイラダーベッド」はすでに終売モデルですが、ロゴスさんからは後継モデルとして「ラダーベッド」が発売されています。

画像1: 【検証】エアーマットとインフレーターマット比較! ソロキャンプで使うならどちらが良い?
ロゴス(LOGOS) ラダーベッド・SOLO 73802803
総重量:(約)1.3kg
サイズ:(約)幅67×奥行174×高さ16cm  枕部分:(約)幅67×奥行26×高さ16cm
収納サイズ:(約)幅16×奥行13×高さ25cm
主素材:PVC(ベルベット仕上げ)
肌触りの良いベルベット仕上げ
¥3,960
2020-12-04 18:11

インフレーターマットは、アイリスオーヤマのインフレーターマット(厚さ5cmタイプ)です。

画像2: 【検証】エアーマットとインフレーターマット比較! ソロキャンプで使うならどちらが良い?
アイリスプラザ 車中泊 防災グッズ マットレス コンパクト レジャー 災害グッズ 丸めて 寝袋 厚5cm 長180cm ブルー
商品サイズ(cm) 収納時:直径約16×高さ約65 使用時:幅約190×奥行約65×高さ約5.8
材質:ポリエステル 190T/ウレタン
¥2,600
2020-12-04 18:11
ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.