温かいスープやシチューが恋しい季節になりました。キャンプで温かい料理をより手軽に楽しみたい方には、無印良品のバルブ付き密閉ホーロー保存容器がおすすめ。汁物も漏れずに持ち運びができて、そのまま温めもできるんです。今回はバルブ付き密閉ホーロー保存容器の使い方や魅力を紹介します!

【注意点】無印良品「バルブ付き密閉ホーロー保存容器」は電子レンジNG! 直火使用の時は蓋の使用不可!

画像10: 筆者撮影

筆者撮影

ここからは無印良品のバルブ付き密閉ホーロー保存容器を使う際の注意点を紹介します。

電子レンジはNG!

まずホーローという素材の性質上、電子レンジは絶対にNG。

保存容器というとレンジでチン!できるイメージですが、こちらは使用不可です。またIHの使用もNGなので注意が必要。

火にかける時はフタを外そう

さらに火にかける時の注意点として、蓋はポリプロピレン素材のため、加熱時には必ず蓋を外す必要があります。

「蓋が欲しい!」というときには、アルミホイルを被せるのがおすすめ。効率よく加熱することができますよ。

画像11: 筆者撮影

筆者撮影

また、蓋を洗浄するときにはパッキンを取り外して洗い、その後しっかりと乾燥させることが大切。パッキンを外さないとカビや雑菌が繁殖する原因になりかねません。

無印良品ではパッキンやバルブなどの単品パーツが低価格で販売されているので、パーツが劣化したら早めに買い替えましょう!

無印良品「バルブ付き密閉ホーロー保存容器」はキャンプにおすすめ! アウトドアの直火で煮込み料理を楽しめる

画像12: 筆者撮影

筆者撮影

一度買えば長く使えること間違いなしの無印良品のバルブ付き密閉ホーロー保存容器。日常使いはもちろん、キャンプやベランピングなどさまざまなシーンで活躍してくれます。

これから寒くなる時期。屋外であったかい煮込み料理を手軽に楽しみたい方は、ぜひチェックしてみてくださいね!

「バルブ付き密閉ホーロー保存容器」以外にも 無印良品にはキャンプにおすすめなアイテムがいろいろ

This article is a sponsored article by
''.