アメリカのアウトドアブランド「Yeti(イエティ)」。クーラーボックスが有名ですが、冷たさをキープする力に長けているだけではありません。温かさをキープする保温力もさすがイエティ!かなり優秀でした。今回は筆者が愛用する大容量のマグカップ「ランブラー14ozマグ」で保温力を検証!おすすめ点をまとめてみました。

【検証】Yeti(イエティ)の「ランブラー14ozマグ」はどれだけの時間温かい?

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

Yeti(イエティ)はクーラーだけでなく、さまざまなドリンクウェアも展開しています。その中のランブラーシリーズは、保温保冷に優れた真空断熱構造のステンレスを使用。ボトルだけでなく、マグカップもこの真空断熱構造になっています。

お湯を入れてどれぐらい温かさが保てる?

ランブラーシリーズのひとつ「ランブラー14ozマグ」で保温力を検証。

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

外気温は20.1度。沸騰したお湯をランブラーマグと、大きめの陶器のマグカップ(蓋無し)に入れて2つのマグカップのお湯の温度を計測。スタート開始のお湯の温度は90.3度。

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

1時間後…ランブラーマグ72.2度(-18.1度)/ 陶器のマグカップ 38.5度(-51.8度)

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

2時間後…ランブラーマグ60.5度(スターから-29.8度)/ 陶器のマグカップ 27.5度(スタートから-62.8度)

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

3時間後…ランブラーマグ52.1度(スター時から-38.4度)/ 陶器のマグカップ 23.3度(スタート時から-67度)

画像6: 筆者撮影

筆者撮影

3時間経過すると陶器のマグカップに入れたお湯はほぼ水になっていましたが、ランブラーマグのお湯はまだ温かさをキープしていました。その後、4時間後は46.4度(-43.9度)、8時間後は38.4度(-51.9度)となりました。

通常のマグカップには蓋が無いので冷えるのが早いのは当然なのですが、それを差し引いてもランブラーマグは温かさをキープしていることがわかります。

画像7: 筆者撮影

筆者撮影

ランブラーマグはステンレス製のため、寒い場所ではステンレスが冷たくなってしまいます。ですので、温かいモノを入れる前にマグカップにお湯を入れてステンレスを温めて置けば、保温効果が高まります。

画像1: 【徹底レビュー】Yeti(イエティ)の大容量マグカップ「ランブラー14ozマグ」は蓋を付ければ冬仕様に!長時間アツアツが続くから体がぽっかぽか
YETI イエティ Rambler 14 oz Mug ランブラー14ozマグ 【マグカップ/蓋つき/保温/保冷/アウトドア】
メーカー希望小売価格はメーカーカタログに基づいて掲載していますSpec ブランド名 YETI イエティ 商品名 Rambler 14 oz Mug ランブラー14ozマグ メーカー型番 サイズ Outside:3.75 ” × 5 ”Empty Weight:13 oz※メーカーサイズ参照 カラー ClayStainless SteelWhiteNavySeafoamBlack Northwoods GreenIce Pink 詳細   過酷な状況でも使用できる設計のキャンプ用マグカップです。 ※モニタやPC環境等により実物と多少色合いが異なって見える場合もございます。 ※パタ...
¥ 4,290
2020-11-27 18:49
ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.