冬キャンプのシーズンも本格化してきましたね!そこでやはり重要になるのが、寒さ対策。意外と抜けてしまいがちなのが指先の防寒です。今回は、冬キャンプでも指先を凍てつく寒さから守ってくれるカリマーの手袋【ウールロゴグローブ】をご紹介します。暖かいだけじゃなくて高い機能性にも注目です!

カリマーはどんなブランド? イギリス発のアウトドアブランドで特に登山者からの支持が絶大

画像1: 筆者提供

筆者提供

karrimor(カリマー)は、1946年に創業されたイギリスのアウトドアブランドです。

特にバックパックやトレッキングウェアなどの登山アイテムが豊富で、多くの登山愛好家に親しまれています。

軽量でとても丈夫なつくりでありながら、価格も比較的リーズナブルなアイテムが多いことも魅力!

今回は筆者が愛用している、カリマーの手袋「ウールロゴグローブ」の魅力をたっぷりご紹介します!

ウールロゴグローブ/karrimor(カリマー)

  • 素材:メリノウール100%
  • 重さ:35g
  • サイズ:Mサイズ(総丈24.5cm、手のひら幅10.3cm)、Lサイズ(総丈24.8cm、手のひら幅10.5cm)
画像1: 【筆者愛用】カリマーの手袋「ウールロゴグローブ」は薄手なのに暖かい! 着けたままスマホ操作も
(カリマー) karrimor wool logo glove スマホ 手袋 ウール ロゴ グローブ L.Brown/OR Lサイズ
カリマー karrimor のスマートフォン対応手袋 wool logo glove ウール ロゴ グローブです。手袋を脱がずにタッチパネルの操作ができる手袋は、本当に便利!素材は、メリノウール。かなり薄手で、高い伸縮性と適度な通気性を備えています。優秀なインナーグローブとして、また単体でも使えます。
汗臭や加齢臭などの不快なニオイをシャットアウトする「デオドラントテープ」採用。デオドラントテープは片手のみに付属しています。両手まとめて保管することで、もう片方にも抗菌消臭効果が発揮されます。
通勤、通学やお散歩、ウォーキング、ランニング、サイクリング スポーツにもオススメ!
サイズ(手囲...
¥3,456
2020-11-20 20:51

筆者は、今回ご紹介するウールロゴグローブの他にドライバッグなども愛用しています!

画像2: 【筆者愛用】カリマーの手袋「ウールロゴグローブ」は薄手なのに暖かい! 着けたままスマホ操作も
karrimor SF Dry Bag ・ カリマーSF ドライバッグ 耐水バッグ 耐水袋 (オリーブ, 40L)
90L: サイズ:縦80cmx横57cm 底部27x35cm/容量:90L/重量:255g
40L: サイズ:縦61cmx横44cm 底部24x26cm/容量:40L/重量:142g
素 材:内側に耐水加工を施した薄く軽く柔らかいナイロン、縫い目の裏は耐水テープ補強
¥3,960
2020-11-20 20:55

カリマーの手袋「ウールロゴグローブ」魅力1:薄手なのに驚くほど暖かい! 真冬の登山でも快適 

画像2: 筆者提供

筆者提供

カリマーのウールロゴグローブは、この薄さからは想像できないほど指先までしっかり防寒・保温してくれます。

その暖かさの理由は、保温性に優れたウールの中でも最高品質のニュージーランド産「メリノウール」が贅沢に使われているからです。

メリノウールは、羊毛の繊維が湿気を吸収して熱を発生させる仕組みになっており、この手袋を着用するとじんわり指先が温まっていきます。

筆者は真冬の登山でも愛用していますが指先は冷えを感じません!それくらい暖かさを実感できるアイテムです。

カリマーの手袋「ウールロゴグローブ」魅力2:柔らかな肌触りでつけ心地も抜群! デザインも◎

画像3: 筆者提供

筆者提供

カリマーのウールロゴグローブは、手に馴染みやすい柔らかなつけ心地も魅力です。

男女兼用となっており、サイズはMとLの2種類。

女性はMサイズを選ぶほうが手にフィットしやすいかもしれません。また、スタイリッシュながら、ポップテイストなデザインも人気の理由です。

親指・人差し指・中指の先端は、色が変わっていて程よいアクセントになっています。

2020年秋冬モデルのカラーバリエーションは、下記3種類がラインナップ。

  • グレー
  • オリーブ
  • ブラック

筆者着用モデルは、2019年秋冬モデルでシンプルなインディゴカラーを選びました。毎シーズンごとにカラーバリエーションもアップデートされていますので、チェックしてみてください。

This article is a sponsored article by
''.