座り心地の良さとデザインに惹かれて購入した、スノーピーク「ローチェアショート」。最近涼しくなってきて、ベランピングにも大活躍してくれています。今回はスノーピークのローチェアショートの特徴と、実際に使用した感想を紹介します!

スノーピーク『ローチェアショート』スペック情報 サイズなど

スノーピークのローチェアショートは、座面高30cmと使いやすい高さが特徴。3歳のおてんば娘にも、安心して使わせることができます。

また、我が家で愛用しているスノーピークのローテーブル『エントリーIGT』とも相性抜群です。

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

座面カラーは『グレー』と『アイボリー』の2種類が販売されています。我が家で使用しているのはアイボリー。ナチュラルなカラーが気に入っています。

・スノーピーク「ローチェアショート」

画像: 【筆者愛用】スノーピーク『ローチェアショート』は座り心地最高!おしゃれでベランピングにもおすすめ
スノーピーク(snow peak) ローチェア ショート グレー LV-093GY グレー
セット内容:本体、収納ケース
材質:アルミニウム、天然木(チーク)、ステンレス、ポリエステル
サイズ:580×650×690(h)mm(シート高300mm)
収納サイズ:160×180×840(h)mm
重量:3.4kg
¥41,413
2020-10-28 10:41

【スペック】

  • 材質:アルミニウム、ステンレス、天然木(チーク)、ポリエステル
  • サイズ:幅580×奥行650×高さ690mm
  • 座面高:300mm
  • 収納サイズ:幅160×奥行180×高さ840mm
  • 重量:3.4kg

▼セットで使うのにおすすめな、スノーピークのローテーブル「エントリーIGT」についてはこちらの記事で詳しくご紹介しています。

【スノーピーク・ローチェアショートの特徴1】座り心地最高でリラックスできる

ローチェアというと「長時間座っていると疲れる」というイメージを持つ方もいるかと思いますが、スノーピークのローチェアショートは座り心地の良さが魅力です。

足を伸ばしても曲げても快適に座れるので、ご飯を食べたりゆったりくつろいだりと、さまざまなシーンで重宝します。

また、ほどよい張りのある丈夫な生地は、大人が座っても沈みこむことがありません。

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

フレームの安定感も高いため、重心を片側に移動させてもしっかりと支えてくれます。じっとできない小さな子どもにもぴったり

【スノーピーク・ローチェアショートの特徴2】高級感のあるデザインが素敵

ブラックのフレームと天然木の肘掛が目を引くローチェアショート。どことなく高級感のある佇まいで、さまざまなアウトドアシーンに馴染みます。

細身の肘掛には、天然のチーク材が採用されています。木製ならではの温かみはもちろん、経年変化を楽しめるのも良いところ。

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

座面は通気性に優れたポリエステル製。水濡れや汚れに強く、もし汚れてしまってもさっと拭き取ればすぐに綺麗になります。

背もたれとの一体型なので、見た目のすっきり感がありますね。背もたれの裏側には、大きなメッシュポケットが付いています。

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

ウェットティッシュやスマホを入れることができるので、ちょっとしたことですが、かなり重宝しています。

また、メッシュポケットの左上にはDカンも付いていますよ。

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

このDカンの便利な使い方はのちほど。

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.