冷凍食品や肉や魚が安いとき、多めに買ってきて冷凍するのは、節約法の大定番。では、野菜はいかがでしょうか? 野菜の冷凍保存には面倒な下茹でが必要なのでやらない、という方も多いと思います。でも、野菜だって生のまま冷凍保存できるんですよ! 今回は、食材を生のまま冷凍する“ダイレクトフリージング”という方法をご紹介していきます。

ダイレクトフリージングとは野菜などの食材をそのまま冷凍する保存法 4つのメリットとは

ダイレクトフリージングとは、その名のごとく、「食材をそのまま冷凍してしまう保存法」のことを言います。今回ピックアップする“野菜”に限らず、肉や魚などのすべての食材において、下茹でなどの下ごしらえは必要ありません。

「野菜を生のまま冷凍して、ちゃんとおいしく食べれるの?」と疑問に思った人もいるかもしれません。筆者も以前は、野菜のダイレクトフリージングに抵抗がありました。

それが、今ではこの通り! 我が家の冷凍庫から出てきた、ダイレクトフリージングです。

画像: 筆者撮影 玉ねぎ・ぶなしめじ・いんげん・ししとう・ピーマン・枝豆

筆者撮影 玉ねぎ・ぶなしめじ・いんげん・ししとう・ピーマン・枝豆

我が家の冷凍庫は決して大きくないにも関わらず、これだけの量の野菜を冷凍しているのは、ダイレクトフリージングのメリットをたくさん感じているからなんです。

ここからは、野菜をダイレクトフリージングすると得られる、4つのメリットをお伝えしていきます!

【ダイレクトフリージングのメリット1】節約できる

数々の節約法がある中で、「安いものを買う」のは基本中の基本! 特売品をお得に買い込んできても、使いきれずに腐らせてしまっては節約になりません。

冷凍保存することで、食材を自分のペースで消費できます。

【ダイレクトフリージングのメリット2】フードロスを防げる

近年、世界的に注目されているフードロス。みなさんの家庭でも食べきれずに破棄していませんか? 家庭におけるフードロスの大きな原因は、先にお話したように使いきれずに腐らせてしまったり、賞味期限を過ぎてしまうこと。

ダイレクトフリージングをうまく活用すると、食材の消費期限を伸ばせるため、フードロス削減にも効果的です!

【ダイレクトフリージングのメリット3】時短調理できる

筆者がダイレクトフリージングをする一番の理由は、時短調理に役立つからです。炒めたり煮たりする時間は半分以下になり、面倒な解凍作業も必要ありません。

画像: 筆者撮影 炒め物にダイレクトフリージングのキャベツを投入!

筆者撮影 炒め物にダイレクトフリージングのキャベツを投入!

カレーを作る場合、炒める時間は半分以下に短縮できます。炒めずに煮るところから始めてもOK! 冷凍した野菜は、火にかけるとすぐに柔らかくなるため、あっという間に一品できちゃいます。

【ダイレクトフリージングのメリット4】栄養を無駄にしない

野菜を下茹でしてから冷凍すると、栄養の一部が鍋のお湯に流れ出てしまいます。ダイレクトフリージングでは、野菜をそのまま冷凍し、解凍せずに調理するため、栄養を無駄にすることはありません。

【ダイレクトフリージングの方法】おいしさを保つための3つのポイントに注意 

それでは、ダイレクトフリージングをやってみましょう! 今回使用するのは、玉ねぎです。

1.玉ねぎの皮をむいて洗います。水分が残らないように、キッチンペーパーで拭き取りましょう。
2.玉ねぎを好みのサイズにカットします。

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

3.カットした玉ねぎを、重ならないようにラップに広げ、空気を抜くように包みます。ラップを使用せず、直接フリーザーバッグに入れてもOKです。

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

4.あらかじめ冷やしておいた金属バットの上に、2の野菜を並べて冷凍庫に入れて完了!消費の目安を把握するために、フリーザーバッグに日付を記入しておきましょう。

画像: 【ダイレクトフリージングで時短&節約】野菜の冷凍保存法「ダイレクトフリージング」のやり方とおすすめ野菜
下村企販 下ごしらえ 浅型 バット 3枚 18.5×25.5×1.1cm 日本製 34625
サイズ:約幅18.5×奥行25.5×高さ1.1cm
素材・材質:18-0ステンレス
生産国:日本
本体重量 (詳細) :126g (1枚)
¥880
2020-10-28 10:53
画像3: 筆者撮影

筆者撮影

賞味期限は、約一ヶ月。使用するときは、解凍せずに、そのまま煮たり炒めたりして使いましょう。

ダイレクトフリージングで野菜をおいしく保つための3つのポイント

とっても簡単なダイレクトフリージング。とはいえ、以下のポイントを抑えておくことが重要です。

ポイント1.水滴を拭き取る

野菜に水滴が残っていると痛みの原因になるため、キッチンペーパー等で水滴を拭き取ってから冷凍しましょう。

画像: 筆者撮影 水滴が残ったまま冷凍したモロッコインゲンは霜だらけに……。

筆者撮影 水滴が残ったまま冷凍したモロッコインゲンは霜だらけに……。

ポイント2.空気を抜く

空気に触れることで起こる酸化は、野菜の保存期間を縮めてしまいます。できるだけ空気を抜いて冷凍しましょう。

ポイント3.急速冷凍する

食品を冷凍する際、おいしくキープするための要(かなめ)は、“スピード”です。ゆっくりと冷凍した場合、食材内の水分が氷結晶に変化し、組織がダメージを受けて味が変化してしまいます。

食材をおいしく保つために、金属バットの熱伝導率の高さを使って急速冷凍しましょう!

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.