肌寒い季節のキャンプに一枚あると役立つのが、ブランケット。防寒対策以外にも、チェアにかけて使うなど、サイト内のインテリアを彩ってくれるので、キャンプに行くなら一つは持っていても損はしません。今回は、私がキャンプで頻繁に使用しているペンドルトンのタオルブランケットについて、キャンプに向いている理由や、その多種多様な使用方法などを紹介していきたいと思います。

ペンドルトン(PENDLETON)のタオルブランケットとは? 焚き火に強くキャンプで様々なシーンで活躍する優れもの

画像1: ペルドルトンのタオルブランケットは焚き火と相性抜群◎ 冬キャンプの防寒にもおすすめ
PENDLETON ペンドルトン ブランケット Pendleton ジャガード タオルブランケット OVERSIZED JACQUARD TOWELS XB233 (カラー:Falcon Cove Sunset) XB233-54663 [並行輸入品]
ネイティブアメリカンテイスト柄の大判タオルケット
インテリアファブリックとしても人気 ペンドルトンブランケット
¥5,370
2021-01-27 18:40

ペンドルトンは、百年以上の歴史があるアメリカのブランドです。

ネイティブアメリカン柄が特徴。キャンパーやアウトドア好きからも、大変人気のあるブランドになります。

画像1: 筆者

筆者

今回紹介するのはペンドルトンのタオルブランケットですが、ラグなども取り扱っているので、一度チェックしてみることをおすすめします。

ペンドルトンのタオルブランケットは、キャンプに持っていくと大活躍してくれます。

筆者は実際に様々なシーンで活用しているので、その事例も踏まえてキャンプに向いている理由をご紹介していきます!

【理由1】ペルドルトンのタオルブランケットはコットン100% 燃えにくいから焚き火との相性抜群&丸洗できるからキャンプにおすすめ

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

筆者が使っているペンドルトンのタオルブランケットは、コットン100%のブランケットなので燃えにくいという利点があります。

そのため、焚き火の近くで使っても安心です。

▼筆者愛用のブランケット

画像2: ペルドルトンのタオルブランケットは焚き火と相性抜群◎ 冬キャンプの防寒にもおすすめ
[ ペンドルトン ] PENDLETON タオルブランケット オーバーサイズ ジャガード タオル XB233 54663 ファルコンコーブサンセット Oversized Jacquard Towels Falcon Cove Sunset 大判 バスタオル [並行輸入品]
カラー:ファルコンコーブサンセット
素材:コットン100%
サイズ:約102 × 178cm
¥6,099
2021-06-24 8:37

また、コットン100%なので、タオルケットをそのまま丸洗いすることも可能です。さらに生地自体が厚いので、洗濯をしても劣化しにくい事も利点と言えます。

画像2: 筆者

筆者

やや厚みのある生地のおかげで、敷物のように使ってもある程度の凹凸も気にならないので、敷いた上にそのまま座っても快適に過ごせます。

【理由2】ペルドルトンのタオルブランケットはサイズが選べる キャンプでベンチシートやテント内の敷物にピッタリ 

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

私が使っているのは約103cm×178cmで、一人で寝転がってもすっぽり入るサイズです。

その他にも約157×178cmのさらに大きいサイズや、より小さいサイズもあるので、色々な目的に応じて使用可能です。

画像3: 筆者

筆者

私がグループキャンプに行く時は、テントの前室に敷いて玄関として使っています。

すのこを玄関に使用している人もいますが、ブランケットはすのこ程かさばらないのでおすすめです。

また、二人掛け用のベンチにかけてベンチシートのように使っても映えます。

さらにテント内では大きめのブランケットを敷いて絨毯のように使用したりと、サイズが多彩なので色々な用途に対応出来ることも利点の一つと言って良いでしょう。

This article is a sponsored article by
''.