徳島県神山町にある「コットンフィールド」は、山と川と温泉が楽しめる、ファミリーキャンプ初心者の方にもおすすめの人気キャンプ場です。今回は、筆者が6歳と4歳の子供と共に10月上旬にファミリーキャンプをした様子をレポートします。

徳島県「コットンフィールド」は山も川も温泉も楽しめるキャンプ場! アクセス良くキャンプデビューにも◎

徳島県神山町にある「コットンフィールド」は、自然豊かで山も川も楽しめるほか、徒歩で行ける「神山温泉」も満喫できる、充実したキャンプ場です。

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

【コットンフィールド】

  • 住所:〒771-3310 徳島県名西郡神山町神領字西上角272
  • TEL:088-676-0803(8:30〜18:30)
  • 公式サイト:https://cottonfield.jp/wp/

コットンフィールドは、ACN(オートキャンプ場ネットワーク)に加盟しているキャンプ場でもあります。

画像: 筆者撮影「ACN加盟キャンプ場」

筆者撮影「ACN加盟キャンプ場」

ACNとは、利用者のニーズを考え、より良いキャンプ場作りを目指して協力しているグループで、全国14ヶ所の民間のオートキャンプ場が加盟しています。

コットンフィールドは、使いやすいよう工夫された、充実した施設なので、初心者も安心して楽しむことができ、キャンプデビューにもおすすめのキャンプ場です。

ルールが分かりやすく明記されており、適宜見回りに来られるなど、スタッフの方の管理もしっかりされている印象を受けました。

画像: 筆者撮影「ルールがきちんと明記されており分かりやすい」

筆者撮影「ルールがきちんと明記されており分かりやすい」

徳島市の中心部から車で1時間弱で、国道438号線沿いにあるためアクセスも良く、淡路島や香川県など様々な地域からも行きやすくなっています。

画像: 筆者撮影「道の駅『温泉の里神山』」

筆者撮影「道の駅『温泉の里神山』」

キャンプ場近くの道の駅「温泉の里神山」では、野菜や果物など、地元の新鮮な旬の食材を購入することができるので、買い出しにおすすめです。

画像: 筆者撮影「地元の旬の食材が充実」

筆者撮影「地元の旬の食材が充実」

国道からは随所に看板が立っているので、道に迷うことなくキャンプ場にたどり着くことができます。

画像: 筆者撮影「看板があり安心」

筆者撮影「看板があり安心」

キャンプ場の手前には「上一宮大粟神社」という神社があります。

画像: 筆者撮影「上一宮大粟神社」

筆者撮影「上一宮大粟神社」

【テントサイト】オートサイトは川側・山側・温泉側の3種類! ファミリーは「温泉側サイト」がおすすめ

コットンフィールドには、オートキャンプサイトとして「川側サイト(R)」、「山側サイト(M)」、「温泉側(S)サイト」の3種類があります。

画像: 筆者撮影「オートキャンプサイトは、川側・山側・温泉側の3種類」

筆者撮影「オートキャンプサイトは、川側・山側・温泉側の3種類」

それぞれのサイトを写真付きでご紹介します。

温泉側(S)サイト

画像: 筆者撮影「温泉側サイトの入り口」

筆者撮影「温泉側サイトの入り口」

今回筆者が利用したのは温泉側サイトです。川の対岸にある神山温泉まで徒歩3分で行くことができます。

画像: 筆者撮影「芝生でコオロギやチョウチョウ、カエルに出会いました」

筆者撮影「芝生でコオロギやチョウチョウ、カエルに出会いました」

サイト料金は1泊4,000円で、1泊2,500円の川側サイト、山側サイトより値段は高めですが、車の通りが少なく、地面が芝生なので、ファミリーには最もおすすめのサイトです。

画像: 筆者撮影「各サイトに個別の炊事場を完備」

筆者撮影「各サイトに個別の炊事場を完備」

温泉側サイトでは、全てのサイトにAC電源と、個別の炊事場が付いていてとても便利です。

さらに共同炊事場に給湯設備、ウォシュレットのトイレ、ランドリーも完備されています。

画像: 筆者撮影「共同炊事場」

筆者撮影「共同炊事場」

画像: 筆者撮影「ランドリーがあり連泊キャンプでも安心」

筆者撮影「ランドリーがあり連泊キャンプでも安心」

画像: 筆者撮影「トイレは男女別です」

筆者撮影「トイレは男女別です」

画像: 筆者撮影「ウォシュレットトイレで安心」

筆者撮影「ウォシュレットトイレで安心」

山側(M)サイト

画像1: 筆者撮影「地面は砂利」

筆者撮影「地面は砂利」

山側サイトは管理棟に近いので、特に初心者の方に便利です。

受付を待つ車が山側サイトの周りの道路に並ぶなど、車の通りが多いので、子供連れの場合は注意が必要です。

こちらもファミリーが多く利用されていました。

画像: 筆者撮影「ファイヤーサークルの周りにサイトが点在」

筆者撮影「ファイヤーサークルの周りにサイトが点在」

川側(R)サイト

画像: 筆者撮影「川に面した川側サイト」

筆者撮影「川に面した川側サイト」

川側サイトは、サイトは少し狭いですが、川が近く釣りなども楽しめます。

男性グループやソロキャンパーの方などが多く利用されていました。

画像2: 筆者撮影「地面は砂利」

筆者撮影「地面は砂利」

夏など水遊びをメインで楽しみたい時期は、川が近いのでファミリーにも便利だと思います。

画像: 筆者撮影「板を渡って川へ」

筆者撮影「板を渡って川へ」

川は澄んでいて、とてもキレイでした。

画像: 筆者撮影「浅い川なので子供も楽しめる」

筆者撮影「浅い川なので子供も楽しめる」

画像: 筆者撮影「川の図書館」

筆者撮影「川の図書館」

画像: 筆者撮影「川側サイトの共同炊事場」

筆者撮影「川側サイトの共同炊事場」

画像: 筆者撮影「川側サイトのトイレ」

筆者撮影「川側サイトのトイレ」

【コテージ】アメリカン、フィンランド、囲炉裏などコテージの種類も充実! 50人収容のBBQハウスも

コットンフィールドでは、オートキャンプサイトの他、コテージも充実しています。

テント泊の前に、まずはコテージでのキャンプを試してみたいという方にもおすすめです。

ログコテージ

ログコテージには、アメリカンタイプとフィンランドタイプがあります。

画像: 筆者撮影「アメリカンタイプのコテージ」

筆者撮影「アメリカンタイプのコテージ」

囲炉裏コテージ

囲炉裏の付いたコテージは、寒い時期でも楽しめそうです。

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

バーベキューハウス

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

約50人収容でき、パーティーイベントにも利用できるバーベキューハウスもあります。大勢でのグループキャンプでも安心です。

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.