キャンプやアウトドアシーンで炭を使うシーンがあると思いますが、炭の入れ物には何を使っていますか? ほとんどの方は、購入した炭をそのまま箱から出さずに使っていると思います。ですが、炭を入れる炭袋を使うことで、キャンプサイトの見栄えをグッと良くしてくれるんですよ! 今回は、どんな袋が『炭袋』として使えるのか、また筆者おすすめの炭袋について詳しくご紹介していきます!

キャンプの炭入れ袋にはレジカゴ型のエコバッグがおすすめ! 100均なら汚れるたび買い替えるのもOK

画像: キャンプの炭入れ袋にはレジカゴ型のエコバッグがおすすめ! 100均なら汚れるたび買い替えるのもOK

エコバックの中でも、レジカゴ型をしたものがありますよね。そのエコバックを『炭袋』として使うのがおすすめです。

最近では、100円ショップなどで安価なエコバックがたくさん販売されていますので、ご自身の好みにあった炭袋が見つかるでしょう! 100均などのそこまで高価なものでなければ、汚れがひどくなった時に都度買い換えれるのも◎! わざわざ洗ったりする必要がないのもポイントです。

また、耐久性に優れている高価な『炭袋』もあり、使い込めば使い込むほど良い風合いに育つので、こちらもおすすめです。

バケツ型の炭入れもおすすめ! 自分好みのペイントをしてキャンプのゴミ箱としても使えます!

Instagram

www.instagram.com

炭を収納しておくのに、蓋付きのバケツ型もおすすめです! 市販のものにお好みのペイントをして使用されている方も多いようです。

バケツ型は、炭を入れて使っていると、バケツの内側に徐々に汚れが蓄積されていきます。簡単に買い換えられるような金額ではないものも多いので、汚れたら洗う必要があるので注意が必要です。

炭入れとしてはもちろん、ゴミ箱としても使われることも。ひとつ持っておくのがおすすめですよ!

キャンプの炭入れ袋に使えるおすすめレジカゴ型エコバッグを紹介! 炭薪専用のおすすめ『炭袋』も!

ここからは、炭を入れる『炭袋』としておすすめできるレジカゴ型エコバックと、炭薪専用の炭袋をご紹介します。

エコバックを都度買い替えながら使い続けていくのもよし、エコバッグを一度使ってみてから、炭専用の『炭袋』を購入するのもよし。これから購入を検討している人は、ぜひ参考にしてくださいね!

This article is a sponsored article by
''.