キャンプの収納や荷物の積み込み、毎回苦労していませんか?どうしてこんなに荷物が多いんだろう?あの人はどうやっているのかな?と気になっている人は多いですよね。そこで今回は毎週キャンプに行くファミリーキャンパーの筆者が、キャンプの収納のコツをご紹介します。

キャンプ道具の収納のコツってなんだろう? キャンプ好きだからこそ知っている収納テク

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

キャンプ道具の収納のコツ、それはずばり「テトリス」です。

テトリスのブロックには、丸や三角ってないですよね。どれも四角が基本。だからこそ、隙間なく積み重ねていけるのだと思います。

だから、キャンプ道具もできる限り「四角」にまとめて収納することをイメージすると、びっくりするほど綺麗に積めるんです!

きれいに収納する&「どこに収納したかわからない!」をなくす方法

キャンプ道具の収納整理って、本当に悩みますよね。

100円ショップなどで小さなボックスを購入したり、ポーチを購入したりと、試行錯誤してきた方も多いのではないでしょうか。

しかし、気がつくとどこにしまったか忘れてしまったり、一つの箱にいろんな道具を詰め込んでしまい、道具が埋もれて迷子になってしまったり…なんてことありませんか?

今回は、家族5人で毎週キャンプをしている筆者が、ファミリーキャンプ目線の収納のコツをご紹介します。

画像1: 筆者

筆者

ご紹介するコツを踏まえて、次回のキャンプの荷物はすっきりコンパクトになるといいですね!

キャンプ道具だけじゃなく、収納道具にも予算を回して! 積み上げられるコンテナボックスを活用

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

キャンプ道具って、ついあれこれ欲しくなって買ってしまいますよね。

だから収納にはお金をかけていられない…という人も多いのではないかと思います。

ですが、ここはぜひ収納にも予算をください!

画像2: 筆者

筆者

むしろ収納のための予算を組んでください!

収納道具は、そのままキャンプフィールドに並びます。意外と人目につくものなんですよね。

収納道具もキャンプ道具のひとつですから、お気に入りのものを見つけるのがおすすめです。

小物類のトートバッグ収納はいますぐやめる!

キャンプを始めたばかりの頃は、収納するのについつい大きなトートバッグなどを使ってしまいがち。

画像3: 筆者

筆者

バッグはなんでもどんどん入るので便利なのですが、中で必要なものが迷子になったり、車に積む時もバランスが取りにくかったり…。

ということで、自立しないバッグをやめて、ボックス収納にするのがおすすめです。

これを改善するだけでもかなり違うと思います!

キャンプ道具収納のコツは、積み重ねられる「コンテナボックス」を活用すること!

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

特に荷物の多いファミリーキャンプなら、ボックス収納を活用しましょう!

ボックス収納の最重要ポイントは、一つの箱の中身は一つの種類でまとめることです。

画像4: 筆者

筆者

隙間があればどんどん詰め込みたくなる気持ちはよ〜くわかるのですが、そこはできるだけぐっと我慢してください!

このコツを押さえるだけで、見違えるほどスッキリ片付きます。

また、自分以外の家族でも必要なものを見つけやすくなるので、キャンプ中の「お母さん、あれどこ?これどこ?」がぐっと減って、気持ちも楽に。

一つの箱に一つの種類ってどういうこと?

それぞれの箱の役割の分け方ですが、「厳密にこれだけしか入れない」ではなく、自分の使いやすいようにざっくりとでいいんです。

だから一つの箱に一つの種類が絶対ではなく、ざっくり気軽に仕分けましょう!

例えばこんな風に。

【分け方の例】

  • 燃料系でまとめる
    ガス、着火剤、ガストーチ、テーブルランプ、革手、耐熱グローブ
  • 調理道具でまとめる
    やかん、ホットサンドクッカー、スキレットなど
  • テーブルウェア系でまとめる
    カトラリーやランチョンマット、木べらやおたま、キッチンツールも
画像: 筆者撮影 ガス、着火剤、ガストーチなどの燃料系でまとめたボックス

筆者撮影

ガス、着火剤、ガストーチなどの燃料系でまとめたボックス
画像: 筆者撮影 カトラリー、キッチンツール、テーブルクロスなどテーブルウェア系でまとめたボックス

筆者撮影

カトラリー、キッチンツール、テーブルクロスなどテーブルウェア系でまとめたボックス
画像: 筆者撮影 やかん、ホットサンドクッカー、ちびパンなど調理道具系でまとめたボックス

筆者撮影

やかん、ホットサンドクッカー、ちびパンなど調理道具系でまとめたボックス

ばらつくものはさらに小さなケースに収納 バッグインバッグ方式ならぬボックスインボックス方式

画像: 筆者撮影 散らかりやすいキッチンツールは使いやすいように仕分けてからボックスに収納

筆者撮影

散らかりやすいキッチンツールは使いやすいように仕分けてからボックスに収納

散らかりやすいカトラリー類、キッチンツール類は、それぞれ小さな収納ケースにしまいましょう

その上で大きな収納ボックスにしまっていけば、驚くほどすっきりします。

画像5: 筆者

筆者

これなら、家族も自分でスプーンやお箸を取りやすい!

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.